カテゴリー「トラックバック野郎」の22件の記事

2005年11月 1日 (火)

四つの定義「foliage」

トラックバック野郎」の今週のお題が 「紅葉ギャラリー」ですので…。
本日の四つの定義のお題は「foliage」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: foliage
Type: This is a plant.
Appearance: This is leaves of a plant. The color of this, usually broadleaf tree' one, turns in autumn.
Place: You can find this at a park.
Use: You can enjoy shade under tree's this in summer.

foliageってのは、枝葉。leaveというよりも、やや堅い感じがする言葉ですね。

週刊ST2005年11月4日号のAround the Worldの「Falling for the autumn leaves」によると、晩秋の米国北部の山間部には、紅葉見物に大勢の観光客が訪れるとか。

文中に登場する「紅葉」はfall follage。これは、まあ、いいんですよ。問題は、「紅葉狩り」に該当する言葉です。Leaf-peepingって言うんだそうな。え。な、なんですって? のぞき?

なんだか納得がいかないですねぇ。マイクロソフトの製品のクリップアートの絵柄が(最近ちょっとマシになってきたけど)とーにも使いようがないと思ったのは、私だけではないと思うんです。そんなことを思い出してしまいました。
アメリカ人の感性って、わけわかんない〜(笑)。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

-------------------------
※駅売りでも買えるけど、週刊STは定期購読がお得です。→「週刊ST

※お料理に、食べられないものを飾りに添える、というのは、日本料理特有の手法のようです。
というわけで、彩の葉っぱを売っているんですね。

飾り葉/各種


※むかーし、「紅葉のてんぷら」って、食べたなぁと思うんですが、今でも売ってるんでしょうか。
もみじ・赤とか、紅もみじの葉 1pkに、カリントウの衣をつけて、揚げたらいいのかなぁ?

◎これは紅葉の形のお菓子
ふるさと・・・・・「紅葉」1棹
テイスト デライトメイプルリーフクリームクッキー400g
〜時雨の亭に遊ぶシリーズ〜小倉紅葉(係数6)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月30日 (日)

四つの定義「bath」

本日の四つの定義のお題は「bath」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!
トラックバック野郎」の今週のお題が「風呂」ですので…。

Word: bath
Type: This is facilities.
Appearance: This is a room where peaple wash their bodies. The room usually has a container of water which you can sit in.
Place: You can find this in your house.
Use: You can wash your body in this.

bathはイギリス綴りで、米語はbatheです。

子どもの頃のうちの風呂は、いわゆる五右衛門風呂で、鉄の釜、薪を燃やして風呂をわかしてました。入るときは、木製の板の上に乗って、そーっと体を沈めていくんです。バランスを取るのがむずかしくて、あんまり好きじゃなかったですねぇ。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

四つの定義のお題は「dialect」

トラックバック野郎」の今週のお題が「全国の方言集まれ!」ですので…。
本日の四つの定義のお題は「dialect」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: dialect
Type: This is a language.
Appearance: This language is spoken in a particular area, not commonly used nationwide.
Place: When you back your hometown, you will soon speak this.
Use: I love my local patois.

patoisも「方言」のこと。フランス語由来です。

最近「方言ブーム」だそうですねぇ。
方言、アクセント。ところで、関西人に数字を一から十まで数えさせると、みんな一様にある種の音階がつくんですよね。お試しください(笑)。


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

--------------------------
※もちろん、英語にも方言はあります。TOEICの新問題対策に(?)
ナマった英語のリスニング―English around the World

大阪言葉の名著です。
大阪ことば事典

「探偵ナイトスクープ」から生まれたフィールドワークの労作
全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

四つの定義「misfortune(不運)」

トラックバック野郎」の今週のお題が「ついてないなあ〜と思った瞬間」ですので…。
本日の四つの定義のお題は「misfortune(不運)」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: misfortune
Type: This is a bad luck.
Appearance: This is a bad luck
Place: You can find this everywhere.
Use: Next time, this might turn into good one.

bad luckやmishapも不運です。
他人のmisfortuneは、enjoyすることも、shareすることもできます。

「人の不幸は蜜の味」は、gleeのようです。gleeをCOBUILDで見ると"feeling of happiness and excitement, often caused by someone else's misfortuneと書いてあります。ひええぇ。

「禍福は糾える縄のごとし」とか「塞翁が馬」(人間万事塞翁が馬)などの諺が有名です。
運がいいとか、悪いとか、それは一概には言えない。見方を変えれば不運も幸運かもしれませんよ。


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

---------------------------------------

世界でいちばん不運で幸せな私』フランスのラブロマンス映画。ハリウッドの単純明快とは対極の、好みの分かれる世界みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月28日 (水)

四つの定義「autumn」

トラックバック野郎」の今週のお題が「秋の夜長の過ごし方」ですので…。
本日の四つの定義のお題は「autumn」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: autumn
Type: This is a season.
Appearance: The weather of this season is cooler than that of summer. The night is longer after the equinox day. You can see leaves of some trees turn red or yellow.
Place: This is between summer and winter.
Use: You can enjoy crisp air of this. This is the best season for an outdoor amusement.

autumnはイギリス英語で、米語はfallが一般的です。

日本語の「秋の夜長」って言葉には、うだるような暑い夏が終わり、過ごし易くなった秋、一日の仕事が終わり、家でくつろぎ、さて何して過ごそうかという、わくわくするような楽しそうな感じがあるように思います。

英辞郎webで「秋の夜長」を検索したら、秋の夜長 on a long autumn nightとか、秋の夜長にin the lengthening nights of autumn。

なんだか単に、日暮れから後の時間が長くなってきたとゆうてるだけで、楽しそうじゃないなぁと思うのは、気のせいでしょうか(笑)。そもそも、秋の夜が長くなってうんぬん、なんてこと、イギリスやアメリカでは、ことさらに言わないんでしょうな。


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

-----------------------------
※秋のいちおしお出かけ先

Universal Studios Japan

六甲山高山植物園

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月22日 (木)

四つの定義「coincidence」

トラックバック野郎」の今週のお題が「不思議な“偶然”ストーリー」ですので…。
本日の四つの定義のお題は「coincidence」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: coincidence
Type: This is a happening.
Appearance: This is something that happens by chance or by accident. If you run into someone or come across someone by accident that is a coincidence.
Place: You can not know when it will happen.
Use: You can enjoy it.

coincidenceというのは、偶然の一致、という意味になります。いいことにも、悪いことにも使われて、要は計画されていない、まったく想定外のことで、たまたまそうなった、ということですね。
COBUILDの用例データを見ていると、it is too much of a coincidenceとか、no coincidenceのようなcoincidenceを否定する表現がちらほら。偶然にしてはできすぎ、なんらかの意図が感じられる、とか、仕組まれてる、ということですね、これって。

そういえば、以前は、同じような派遣の仕事の電話が続けて入ったことがありました。それ、おなじ会社と違うの?と思う話を別々の派遣会社から聞いたこともあったなぁ。そういうのは、同じような仕事が出る時期があるんでしょうね、決算とかそういう会社暦の関係でしょうから、偶然でもないんでしょうけど。

なんにせよ、同じようなことが続くと、なんだか不思議だなと感じますねぇ。

偶然は、必然、とも申します。すべて、あなたや、だれかが選んだ結果、運命の糸が紡がれ、こんがらがって、また結ばれて、そして、どうなるんでしょうね。わくわく。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

四つの定義「quarrel」

本日の四つの定義のお題は「quarrel」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!
なお、今回は「トラックバック野郎」のお題「喧嘩するほど仲が良い!?」にちなみました。

Word: quarrel
Type: This is an activity.
Appearance: This in angry argument between two or more person who know each other.
Place: This is the third planet from the sun and goes around it.
Use: The quarrel of lovers is the renewal of love.

喧嘩(けんか)といってもいろいろありまして、quarrelは個人、国もひっくるめて、知っている同士の口論レベル。troubleは、いさかいやもめごと。fightは、殴る蹴る、どつきあいのイメージが強くなります。

Useの文「ケンカで恋人たちの愛が深まる」は、英辞郎の例文にあったものです。これをセンテンスごとフレーズ検索したら、英語のことわざを集めたサイトがたくさんありました。ドイツ語やハングル文字、中国語らしきページもあって、みんな英語のお勉強してるんだなぁと思いました。


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

四つの定義「election day」

これもまた「総選挙関連」なので、トラックバック野郎にTBしました。
本日の四つの定義のお題は「election day」です。
気軽に英作文、頭mail-in の中の英語を活性化しましょう!

Word: election day
Type: This is a day.
Appearance: This is a day that people go voting.
Place: This day is officially announced.
Use: You can vote on this day.

投票日、いろいろ掛け持ちで忙しかった。それでも仕事の前に投票に行った。夜中は速報で寝不足。この選挙結果は、はたして???大増税や、憲法やいろいろ問題が出そうだなぁ。

※案ずるより書くが易し。まずは気軽に書いてみましょう。あなたの「定義」をトラックバックまたはコメントにてお寄せください。
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

四つの定義「early voting(期日前投票)」

これもまた「総選挙関連」なので、トラックバック野郎にTBしました。
本日の四つの定義のお題は「early voting(期日前投票)」です。
気軽に英作文、頭mail-in の中の英語を活性化しましょう!

Word: early voting
Type: This is an action.
Appearance: This is a voting to be done before an election. Once this was called "absentee voting".
Place: You can do this at an office of local election administration committee.
Use: If you will not be able to vote on the election day, you should do this.

以前の「不在者投票」は、理由がいろいろうるさくて、旅行などは認められず、しかも手続きが煩雑でしたが、現行の「期日前投票」は、ずいぶん改善されたようです。投票日に投票所に足を運べない可能性のある有権者の皆さん、期日前投票はお済みですか?

※案ずるより書くが易し。まずは気軽に書いてみましょう。あなたの「定義」をトラックバックまたはコメントにてお寄せください。
(詳しくは初回参照)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

四つの定義「abstention(棄権)」

これもまた「総選挙関連」なので、トラックバック野郎にTBしました。
本日の四つの定義のお題は「abstention(棄権)」です。
気軽に英作文、頭mail-in の中の英語を活性化しましょう!

Word: abstention
Type: This is an action.
Appearance: If you do not vote in the election, you do this.
Place: The number of this is larger in the urban area than the countryside.
Use: You should not do this.

選挙の投票の棄権abstention
競技の棄権withdraw, default

しつこいようですが、投票権は先達が勝ち取った貴重な権利です。あだやおろそかに、棄権してはなりません。


※案ずるより書くが易し。まずは気軽に書いてみましょう。あなたの「定義」をトラックバックまたはコメントにてお寄せください。
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)