« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の8件の記事

2006年2月14日 (火)

四つの定義「interruption」

本日の四つの定義のお題は「interruption」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: interruption
Type: This is a happening.
Appearance: Something stop on the way.
Place: I was surprised when a radio program abruptly discontinued yesterday. It was temporary halt caused by some malfunction.
Use: You should study to clear the reason for the trouble.

昨日、MBSラジオの「さてはとことん菊水丸」の放送中、突然、数分間番組が中断しまして、びっくりしました。いまどきこんなことがあるんですねぇ。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

最後の最後で違いが出るはず

3月の試験を受けることにしたわけなんだけど、これまで購入した教材でいこうと思っていたんですよ。

しかし。

みんな駆け込み受験するわけで、1月は大変だったらしいですな。問題自体はやさしくなっているようで、そこに受ける人が殺到し、全体のレベルが上がり、もう一つの間違いが命取り状態だったというもっぱらの噂らしい。。。

というわけで、あらためてつらつら思うに、私の場合、後半のリーディング問題の、特に文法・語法・語彙系の問題が、弱いと思う。試験中、あれ、これわからん、と思った問題があったりしたし。

今回は、一つでも「わからん問題」を減らさねばならない。

というわけで、買って来ました。
TOEIC TEST英単語出るとこだけ!―得点に直結する最重要630語

これはスコア400〜700の皆さんが100〜150スコアアップできるぞ、という本。
ちょっと見には、「こんなん、知ってるわ」と思って、書棚に戻しそうな。。。でもね。

これ、よーく見てると、けっこう鋭いトコついてるんですわ。よく出るポイント、しっかりおさえてます。実際、最近の問題でもヒット率高いらしいですし。
取りこぼしが許されない、完璧に答えなくてはならない、文法・語彙・語法問題対策、これを隅々までやっておこうと思います。

あと、うちにあった『1日1分レッスン!TOEIC Test―時間のないあなたに!即効250点up』(アマゾンで検索したら、トップでした)と、『TOEIC(R) TEST 英文法出るとこだけ!』をおさらいして弱点補強、取りこぼし撲滅するぞ〜。

なお、リスニングと長文の読解は、模擬試験問題で対策する予定です。。。

ではでは、3月に受験する皆様、がんばりましょー。

---------------------------------------
※アルクのオンラインショップでご購入はこちら↓

TOEIC(R) TEST 英単語出るとこだけ!


TOEIC(R) TEST 英文法出るとこだけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

四つの定義「trap」

本日の四つの定義のお題は「trap」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: trap
Type: This is a trick.
Appearance: This is something like a pitfall that some bad parson make to draw someone into.
Place: You might find this everywhere.
Use: You should avoid this for your safety

罠、わな、落とし穴。。。いろんな意味で、気をつけたいですね。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

週刊ST「英文記者」2006/1/6日号応募作

週刊ST「これであなたも英文記者」2006/1/6日号の課題は『「節分の日」について、40ワードまでで説明してください。また、参考までに日本語訳も付けてください』でした。
週刊STの紙面に講評が出てから、私の応募作を下記に転記します。

◎1月6日号の私の応募作:
Setsubun is the day before a change in seasons under lunar calendar; the one the coming of spring is the most celebrated. People scatter roasted soybeans and shouting "Out with the evil! In with fortune!" in their house on the evening.

自分和訳:
節分は旧暦で季節が変わる前日であり、春を迎える節分は最も盛大に祝われる。人々は炒り大豆を撒きつつ「オニは外!福は内!」と節分の夜に家の中で叫ぶ。

-----------------------------------------------
◎本日の反省
講評に取り上げられている作例と比べると、私のはなんだか回りくどい言い方だなぁ。。。
ちなみに、うちは、関西だけど、巻寿司丸かぶりなんて、しませんよ。あんなの、海苔屋の陰謀だもの(笑)。そういえば、豆まきもしてないけど、それはまた別の話。

◎修正
※応募作の講評や優秀投稿者名がSTに掲載されますから、応募する人は講読されることをオススメします。そのほうが、断然楽しいです。なお、駅売りでも買えますが、週刊STの定期購読が安くて便利です。→「週刊ST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

四つの定義「hobby」

本日の四つの定義のお題は「hobby」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: hobby
Type: This is an activity.
Appearance: This is something that you like to do in your spare time; such as collecting stamps, fishing, climbing mountains and so on.
Place: You can find people enjoy doing this in their spare time.
Use: Some people might spend great sum of money for this, others will make many frends with this.

長く楽しめる趣味は、人生の宝ですね。

履歴書などの「趣味」の欄って、何書いたらいいんでしょうね(笑)。COBUILDの用例を見ていると、野外活動も室内活動もいずれもオッケーのようです。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

四つの定義「reform」

本日の四つの定義のお題は「reform」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: reform
Type: This is an action.
Appearance: This is changes and improvement to a law, organization, or social system.
Place: You can find news about thin in papers.
Use: You should watch what is going on.

reformは、法律や社会制度などの改革、改善、改良、変革。

日本では、リフォームというと、お洋服のお直しとか、建物の改築・改修のことになっておりますが、これは英語ではありません。カタカナ語です。rehomeって言葉はないみたいだし。rehouseは「〜に新しい家を与える」という意味ですから。 なんで、「リフォーム」ってカタカナ語が、こういう意味で定着したんでしょうね。不思議ですなぁ。

英語で洋服のお直しはalterとかremake。繕いならmendingやrepair。改築・改修はremodel とか rebuild です。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

四つの定義「unemployment」

本日の四つの定義のお題は「unemployment」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: unemployment
Type: This is a situation.
Appearance: When people are not employed, they are in this situation.
Place: You can find the rate of this will increase in an economic recession.
Use: You can use internet to get out of this.

失業率がよくなったというけど、それって、数字だけのことではないかと思います。職安に行った人と、職安に出た求人の数をあわせてみたら、ということでしょ? 職安に行かない人もいるわけだし。。。

between jobsというと、仕事の合間の意味もありますが、失業中を意味する言い方なのですね。今は仕事がないけど、それは次の仕事につくまでのことと言い切る。なんとなく前向きでポジティブで、楽天的な気分を感じて、いいなぁと思います。まあ、もしかしたら、負け惜しみ気分もあるかもしれませんけど、でも気持ちはあくまで前向きでいきたいものです。

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

四つの定義「staircase」

本日の四つの定義のお題は「staircase」です。
気軽に英作文、頭の中の英語を活性化しましょう!

Word: staircase
Type: This is a structure.
Appearance: This structure is a room which has a set of steps.
Place: You can find this in a building which has more than two stories.
Use: You cannot go upstairs without this.

「○階」というときは、floorでもいいです。COBUILDにはstoreyが載っていて、storyは米語とのこと。イギリス語ではstoreyなんですね。

運動不足解消のため、エレベーターを使わずに階段を昇ることにしました。といっても、5階ですけどね。効果出るかな?

※お好きなお題にトラックバックまたはコメントにて、あなたの「定義」をおよせください!
(詳しくは初回参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »