« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月の3件の記事

2008年8月19日 (火)

図書館で借りた本(2008/8/13)

図書館で借りた本です。

30冊まで借りられるので、ついついどっさりまとめて借りてしまいました(笑)。いちおう、夏休みがとれたので、ざっくりながらも、全部目を通しました。ふぅ。

デジタル著作権の知識とQ&A (くらしの法律相談 20)
判例や事例の積み重ねやなんやかやで、どんどんわけわかめの世界になっているような気もしないでもないですねー。

すっきりわかった! エクセルVBA マクロ作成のツボ
著者: アスキー・ドットPC編集部

苦手な人にもわかるように書いてある感じです。この本は、買ってじっくりお勉強すべきかも。

ネットワークの考え方―ルータとスイッチは何が違う?

ネットワークの教科書に必ず書いてある、「OSI参照モデル」。しかし、それはもはや実態にそぐわず、説明しきれず、難解になっているとして、著者は新たなカテゴリーを構築して説明を試みている。

その主旨はすばらしいと思うんですが、これ、むしろネットワーク関係の初心者にはチンプンカンプンではないかと……。全部をきちっと理解して読み通すことができませんでした。しくしく。他の本をあたってみようかなぁ。「ネットワーク」 のわかりやすい本ないですかねー。

他人を見下す若者たち 』(講談社現代新書)

読んでて、頭が痛くなりました。っちゅうか、先生、肝心なところは全部推論なんだもん。

お元気ですか

新井素子さんのほのぼのエッセイ。ダンナにも読ませようと思ったら、「好きではない」だって。依怙地なやつめ。

荻原博子の「金持ち」への道しるべ―今のままではアナタはカモ!

今をときめくあの方より、荻原博子さんの方が信頼できる感じするんですよねー。結論は、「ウマイ話には手を出すな」でございますな。ま、そうだよねー。金持ちならともかく、今現在、手持ちの資金が少ないないひとが、儲け話に手を出しても、ろくなことないのよー。というわけで、カモにならないための知恵の本です。

頭はいいのに… なぜうまくいかない?

そういう人、いるよねー(笑)。ちゃんと伝えられるようになるための実践的コミュニケーションスキルのノウハウ集。

社名・商品名検定 キミの名は』 (朝日新書 91)

朝日新聞の連載をクイズ形式に再編したもの。雑学本としても楽しめる。

大独身

OL委員会の関連図書の「大結婚」や「大離婚」も読んでみたくなりました。いつも気になるんだけど、印税はどうしてるんだろう。

上司は思いつきでものを言う 』(集英社新書)

もうこの人の本は、読まないぞぅ。

絶妙な「教え方」の技術―コミュニケーションを中心とした心に響く教え方 仕事を早く覚える、早く成長する!上

上司として部下を教える立場の人には役に立ちそう。

ふしぎなお金』 (こどもの哲学 大人の絵本)

赤瀬川 原平さんの絵本。そういえば、昔、赤瀬川さんは、いちまんえん札をアートして、偽札犯扱いされて、裁判になってたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

神か悪魔か『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』

『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』という本をご存じですか?

ジョブズといえば、アップル社の創業者にして、現CEO。Mac大好きな人なら、みんな知ってるカリスマ経営者でございます。

この本を読むと、七転び八起き、常に強気なジョブズ氏を知ることができます。

読んだ直後、根拠もなく妙に気分が「強気」になっている自分を感じて、ちょっとヤバーと思いました(笑)。副作用にご注意ください。

ところで、この本によると、スティーブジョブズ氏は、2004年に膵臓ガンの診断を受けました。膵臓ガンって、致死率が高いそうなんですが、幸運にも彼は手術可能なガンだったとかで、手術後わずか1カ月で社長業に復帰したそうな。

その話をMac使いのうちのダンナにしたところ、「知らなかった。やっぱり(ジョブズは)悪魔だ」とゆうてはりました。これは、たぶん、ほめ言葉だと思います。はい。

※「スティーブ・ジョブズ」で検索

評価:おもしろかった

書名:スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)

著者: 竹内 一正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

図書館で借りた本(2008/8/1)

図書館で借りた本です。

会社・仕事・人間関係で「もうダメだ!」と思ったとき読む本
別に、「もうだめ」と思ってるわけじゃないんですが、タイトルが気になってたので、どんな本かなと思って、借りてみました。
斎藤茂吉の息子さんで、精神科医の著者が説く。とりあえず待て、周りを見よう、今できることをやっておこう、ということですね。

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
夢も希望もないって、こういうこと? 著者の怒りが行間にじわじわと。

インターネットは貧者の味方!―アメリカ文化サイトを歩くには
ちょっと前の本ですが。まだまだ参考になりそう。なにより、著者の文章が楽しい。

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り
いまだに、「会社」というのが、よくわかんないので、読んでみました(笑)。子供ニュースの元キャスターがわかりやすく語っておられます。こういうことを小中学校できちっと教えないといけないと思う。
池上彰さんって、11年も「お父さん」やってらしたんですねー。

◎パワポの講習をすることになってまして、参考になるかもと思って、目についた本を借りてきました。これからざっと目を通す予定。

ひとつ上のプレゼン。

プレゼンテーションの教科書

成功するデジタル・プレゼンテーション

プレゼンに勝つ! 「魅せ方」の技術

※参考までに、下記をAmazonで検索してみました。

PowerPointで検索

プレゼンテーションで検索

プレゼンで検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »