« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の2件の記事

2008年7月18日 (金)

図書館で借りた本(2008/7/18)

図書館で目についた本を借りてくるわけですが、そのときの関心事って感じですねー。

下流社会 新たな階層集団の出現
話題の本。というか、ちょっと前に話題になった本ですよね。数字の分析が延々続いていて、その分析が妥当なのかどうか、よくわかんないー。

論争 格差社会 (文春新書)
いろんな人がいろんな意見を言っている。それぞれの意図を考えるもよし。

騙される脳 (扶桑社新書 18)
ブームに振り回されないために。「流行り」や「口コミ」の正体を解く。最後がやや尻すぼみかも。

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
メディアと受け手が相互にレベルを下げあっているということかしら。日本はどうなる?

雑学!!BUS倶楽部―バスの楽しさを知り、深みにはまる!! (イカロスMOOK)
同居人がバス大好きさんなので、借りてきました。おもしろかったそうです。

美人画報ワンダー
「美人画報」シリーズは、これで最後だそうです。終わっちゃうのは残念。もっと読みたいかも。楽しく読めます。

メディア・リテラシーを学ぶ人のために
これって、もしかして、どっかの大学の講座の教科書なのかなぁ。むつかしくて、最後まで読めませんでした(汗)。

あなたはどれだけ待てますか―せっかち文化とのんびり文化の徹底比較
世界をまたにかけた、フィールドワーク。著者はびっくりするほど日本文化、日本の事情に詳しい。

理不尽社会に言葉の力を―ソノ一言オカシクナイデスカ?
これを実行するには、独りじゃ無理だよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

図書館で借りた本(2008/7/2)

お仕事先の最寄り駅の駅前に、新しく図書館ができました。当該市に居住または通学・在勤してたら、貸出カードが作れるということで、早速登録しちゃいました。

なんと30冊まで借りられるとのことですが、そんなに持って歩けないよー(笑)。

小学校情報教育Q&A
時代を感じる本。前世紀の、まだ手さぐりで夢いっぱいだった頃。

学校にインターネットは必要?
学校での活用が始まったばかりの「インターネット」に、みんなわくわくしてたのがよくわかります。

書いて売れ!―セールスライティングの技術 (アスカビジネス)
書くことは、基本ですよねー。

絶妙な「段取り」の技術
このノウハウが活かせる職場環境ならば。

「100%無理な話」も通す技術―会社でやりたいことを実現させる人の考え方・説得術
「会社」に限らず、使えるかなと。

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術
よきパートナーと組めることこそが幸せなり。

教科書にのっているヘンな英語
もっと濃いネタを期待してたんですが(笑)。

1日30分「思考力」エクササイズ “本当の仕事力”をみがく
これを全部実行できたら、わたしもがっちり……。

エスキモーに氷を売る―魅力のない商品を、いかにセールスするか
伝説のマーケティング本。うちのダンナは、「なぜ日本のプロ野球球団は、これを実践しないのか?」と、いつもいうんですよ。ああ、この本だと思って読みました。なるほどと思うことがいっぱいありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »