« なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その4) »

2007年10月28日 (日)

なぜインストラクタになりたいと思ったか(その3)

なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2)」の続きです。

ええと、和文タイピストのお仕事してた頃に、話は戻ります。

写植班の人たちが、勉強会をしていました。テーマは発売まもなかった「ワードプロセッサー」について。自分たちがやってる仕事を脅かすかどうか、心配して、調べたというわけです。なお、ワードプロセッサーは、後に「ワープロ」と呼ばれるようになりました。

ワープロって、最初は、文字が16ドット角。どんなんか、わかります???ギザギザガクガク、ガタガタ文字だったんです。印字品質なんてもんじゃなかったわけですよ。

というわけで、勉強会の結論は、ワープロなんて、写植の印字品質にとうていおよばない。たいしたことない。わしらの仕事は、安泰だ。あーよかった。

さて、その後どうなったかは、印刷業界のみなさんは、ご存知ですよね。

「その2」の、職業訓練校の先生のお話を聞いたとき、わたしは、この、写植班の勉強会のことを思い出したのでした。業界スタンダードは、永遠ではない、ということですね。

写植も、その後、DTPの隆盛に押し流されました。

ワープロも、ワープロ専用機は、いつのまにか、パソコン+ワープロソフトに太刀打ちできなくなり、消えてしまいました。

日本語ワープロソフトといえば一太郎、だったんですが、今は、一太郎を愛用しているのは、学校関係だけのような気がします。

DTPはMacの独壇場だったんですが、Windows版のDTPソフトがけっこう良くなってきてますね。

圧倒的シェアとなったWindowsのOfficeソフトも、今後ずーっとその地位が安泰かと言うと、そんなことは、誰にもわかりませんでしょう?

かといって、Linuxが天下をとるのかというと、無料で使えるといっても、サポートの問題があるから、結局、ある程度は、お金がかかるんじゃないのかな?

圧倒的シェアを誇る製品や技術も、新しいものが出てきたら、とってかわられてしまうかもしれません。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

栄枯盛衰でございますな。合掌。

……てなことを、つらつら考えると、今やってることは、もちろん、しっかりやるんだけど、それだけで「だいじょうぶ」ってことはないかもしれない。常に「次」をみる、「次」に備える気持ちは忘れないこと。。。

------------------

※関連

なぜインストラクタになりたいと思ったか(その1)

なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2)

|

« なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その4) »

思うところ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/16899589

この記事へのトラックバック一覧です: なぜインストラクタになりたいと思ったか(その3):

« なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その4) »