« インストラクタの日記、はじめます | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) »

2007年10月21日 (日)

なぜインストラクタになりたいと思ったか(その1)

なぜインストラクタになりたいと思ったかについては、他のブログや「ひまわり屋敷」にもかいていたと思いますが、改めて、こちらにも書いておこうと思います。

最初の職歴は、印刷会社の和文タイピスト。

和文タイプなんて、見たことない人がほとんどかもしれません。当時でも、一般に知られているような機械ではなかったですし。平版印刷に使う、清刷りを作っていたのですが、そういっても、なんのことやら、って感じですよね。

活版印刷の活字が入った箱と、その箱から、一つ一つ、金属製の文字を拾い出して、筒(プラテン)に巻きつけた紙に、勢いよく当てる。そのときに文字面と紙の間にインクリボンがあるので、紙に印字される。

いまから思うと、よくあんなことやってたなと思います(苦笑)。

大学卒業後、見習いで入社したので、隣の席の先輩社員が先生役でした。20代半ばくらいの女性でした。その人が「いずれ、タイピストの学校で教えたい」って言ってたんです。

思えば、それが原点かなぁ。

※「なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2)」に続く……。

|

« インストラクタの日記、はじめます | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) »

思うところ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/16826994

この記事へのトラックバック一覧です: なぜインストラクタになりたいと思ったか(その1):

« インストラクタの日記、はじめます | トップページ | なぜインストラクタになりたいと思ったか(その2) »