カテゴリー「昔話」の投稿

2005/06/09

なぜMacかというとそもそもExcelというのは…

Apple-Style Blog (http://www.apple-style.com/)さんにて、「なぜ貴方は林檎を齧ってしまったの?」ということでトラックバック企画開催中なので、ちょこっと参加します。

はじめて動いているMacを見たのは、今から10数年前の、派遣先の某製鉄会社の研究所にて。当時その会社は一斉にMacを導入したのでした。

当時は表計算ソフトは、DOSのロータス123が全盛の頃でありまして、でも、ドスのロータスのグラフって、とーっても大雑把な、小学生が自由研究で模造紙に描いてるような感じのもんだったし、作成できるパターンもごくかぎられていました。

それが、MacのExcelときたら、もう、すんぱらしい表現力のグラフだったわけです。使い方もドスのコマンドベースで動くロータス123に比べたら、格段にわかりやすいメニューやボタン、ショートカットキーによる操作でしたし。

そうそう。

いまとなってはご存知ない方も多いようですが、Excelって、そもそも、Macのために開発されたアプリケーションなんですよー。Dosでエクセルが動くわけありませんがな。

上述の某製鉄会社も、もしかしたら、エクセルを使うためにMacを導入したのかもしれません。Macは他にも、簡単操作の描画ソフトがありましたし。ドスの世界でお絵書きなんて、そりゃまあ、できないこともなかったかもしれないけど、実用面では考えられませんでしたよねー。

ただし、当時はマシン速度がソフトの機能に追い付いてなかったっちゅうか、エクセルでグラフや表を作って、印刷すると、死ぬ程時間がかかりました(笑)。ほんとにねー。今から考えられないくらいでしたよ。

それでもその画面の美しさ、オペレーションのわかりやすさが気に行ってしまって、いつか買うならMacを、と心に決めたのでした。わたし、ExcelのためにMacを、というクチです。

でも当時のMacは、高級外車が買えるくらいのお値段でしたから、実際に購入したのは、もうちょい先の話になるんですけどねー。というわけで、それはまた、別の話。(どっかに書いてたと思うので、見つけたらリンクします)。

-------------------------------
※Mac=リンゴのお話をこちらに書いています→
♪英語で定義しよ♪のお題「apple」
♪英語で定義しよ♪のお題は「Macintosh」

※語学学習に便利と→「iPod shuffleのいいところ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/19

♪英語で定義しよ♪のお題「straw」(わら)

英語の頭の体操です。ちょこっと英作文いたしましょう。あなたの頭の中の英語が動き出すかも?
本日の♪英語で定義しよ♪のお題は「straw」(わら)です。

Word: straw
Type: This is a stem of a plant.
Appearance: This stem is tubular.
Place: You can find this in wheat or rice farm .
Use: You can make "warazi" with this.

わらといえば、「わらしべ長者」。「かさ地蔵」の傘も、わら細工でしたよね。かつては、わらでそれこそ、なんでも作ってたのでした。

今は、コンバインなどの農機具により、稲刈りと同時にわらを細かく切って、田んぼに撒いてしまうとか。それで、伝統工芸やお祭りなどに使うわらを確保するのがむずかしくなっているそうな。
便利になるのと引き換えに、なにかが失われているような。。。

「わらしべ長者」といえば。

かつてパソコン通信のフォーラム華やかなりし頃。私はniftyのMac系フォーラムの某談話室(笑)に入り浸ってました。Macを購入すると、Apple Careという保険が付いて、1年間は故障修理無料、追加でお金を払って、期間延長ってのがありました。たとえばHDDが壊れるとするでしょ、ところが保険の期間延長してたら、交換用の部品が在庫切れになってることがあるんですよ。

するとどうなるか。

手配可能な部品に代替交換になります。たいていは、元々入っていたのよりも高性能で容量も大きいHDDに交換ということになるのであります。ラッキーでしょ。うちのPerforma5410君も、元は2GBだったっけな、それがなんと6GBもの大容量(当時は)になり、しかも明らかに速くなったのが実感できました。アクセラレータ入れたみたいでしたねえ。すごく嬉しかったなあ。(Performa5410君のボトルネック(bottleneck)は、HDDだったんですね)

こういう現象を、わしらは「わらしべ(長者)}と呼んでいたのでありました。(トオイメ)

※トラックバックまたはコメントでご参加くださいませ。♪英語で定義♪いたしましょう!
※※♪英語で定義しよ♪は、移転しています。「四つの定義」をご覧下さい。

※Macのお店はこちら→Apple Store

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/04/18

♪英語で定義しよ♪のお題「water」

英語の頭の体操です。ちょこっと英作文いたしましょう。あなたの頭の中の英語が動き出すかも?
本日の♪英語で定義しよ♪のお題は「water」です。

Word: water
Type: This is liquid.
Appearance: This liquid is clear.
Place: You can find this in a bathroom .
Use: You can drink this, wash somothing with this, and so on.

万物の命の源(source of all nature?)、水。

昨日のお題の「teather(先生)」について、「理想の先生といえば、サリバン先生だよねぇ」と、某氏はしみじみ言った。

サリバン先生って、お若い皆さんは、ひょっとしてご存じないかもしれない。

わしらの子どもの頃は、「ヘレンケラーの伝記」って、教科書にも載ってたと思うし、全国の小中学生の必読課題図書、読書感想文の定番テーマだったから、目、耳、口が不自由な、三重苦の偉人の幼少期、知識への扉を開いたサリバン先生の名は、誰でも知ってたはずだと思う。

今は昔、私はの家の庭(というほどのものではなかったが)の軒下に、ダンボールの空き箱を置いて、「おうち」に見立てて潜り込んで遊んでいた。その際、当時愛読していたヘレンケラーの伝記を持ち込んで、箱の中で読んだりしていた。
ある日雨が降り、ダンボール箱に置き忘れていた本も塗れてべちょべちょになってしまう。ヘレンケラー死去のニュースが流れ、父は「おまえのせいやで」と、私に言った。
父よ。冗談でも子どもにそういうことを言ってはいけない、と今でも思うぞ。

さて。
ヘレンの両親はもちろん娘を案じていたが、その当時、しつけや教育のすべを知らず、サリバン先生に出会うまでのヘレンは、小さな野獣のようだったとか。

サリバン先生は幼いヘレンの手に水を注ぎかけ、「水」と言いつつ、唇や喉をヘレンに触らせた。根気よく、繰り返し、何度も、何度も、何日も何日も。

そして。

唇の動きと喉の震えが冷たい流れるものを現すのだと理解したヘレンは、ついに言葉を発した。

「わら」

すなわち、water、水、と。


※トラックバックまたはコメントでご参加くださいませ。♪英語で定義♪いたしましょう!
※※♪英語で定義しよ♪は、移転しています。「四つの定義」をご覧下さい。

◎ヘレンケラーの生涯は、『奇跡の人』というタイトルで、映画になっております。アカデミー賞受賞作品ね。

◎ヘレンケラー自伝
Amazonにて「ヘレンケラー伝」で検索
Helen Keller: The Story of My Life (Signet Classics (Paperback))

※本の購入で、※クレジット決済を避けたい、または1500円未満の購入なら、こちら→セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2004/12/22

林檎マークの頭の写真で思い出したこと

昨日、Amazonのサイトで見た、Macな人の後ろ頭の写真で、すぐに連想するのは、やっぱし、トラ・ファンの人たちが、黄色と黒の縞柄に髪を染め分けたり、そういうのを思い出します。みんなよくやるよなぁ。私はとてもそこまでは。ピアスにミニ・メガホンくっつけて、試合に行くとか、トラッキー・マスコット付き耳かきを簪にするくらいがせいぜいだわ(笑)。

もっと昔には、万博マーク頭、というのも新聞の写真で見たことがあったなあ。

ええと、万博ったって、花博とか愛知万博じゃないですよ、大阪万博。大阪の千里丘で1970年にコンニチワした、当時においては、世紀の大イベント。桜のお花のマークにくっきり刈り上げた後ろ頭の写真が、新聞に載ってましたです。アメリカ館の月の石は、結局見なかったなあ。

ふと思ったけど、ああいうのって、自分で新聞社に売り込むんですかね。それとも散髪屋さんや近所の人が、こんなおもろい頭にした人がおるねん、と、新聞社にお電話したんでしょうか???

カルトな髪型にした人たちは、その後どないしてはるんでしょうね。お元気ですか?


※トラッキー・マスコット付き耳かきは、阪神百貨店のタイガースショップで買いました。適度にしなるから、簪(かんざし)にちょうどいいです。先っちょに野球のボール、トラッキー・ミニマスコットがゆらゆら揺れて、キュートだよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)