カテゴリー「オカラから」の投稿

2007/01/02

てきとうに焼いてもなんとかできあがるおからクッキー

ドラッグストアなんかでは、ダイエット用におから入りのクッキーを売ってますね。
私が焼くおからクッキーは、作る時の気分で小麦粉が入ったり、入らなかったりのいいかげん。しかも味を重視するので、バター・お砂糖・アーモンド(粉)をしっかり入れます。あ。卵も入れますね。
そんな配合ですので、カロリー制限のためのダイエット用は、あまり意識してません。とはいえ、おからはたっぷり入りますので、食べたらものすごい満腹感がありますし、お通じがよくなるのは間違いないです。ですから、小腹がすいたときに、こっちを食べるなら、ジャンクフードに走るよりは、まだ許されるかな、と思うんですが(汗)。

はじめてクッキーを焼いた頃は、ちゃんと本に書いてある通りに計ったり、小麦粉を粉篩いしたり、おからを乾煎りしたりしてました。
でも、だんだんずぼらになってしまいまして。。。
粉ふるいをしなくなったし、計量も必ずしもきちっとはしてないですねぇ。

入手ルートによって、おからの分量が違うんですよね。手に入れたら、可及的速やかに、使い切ることにしているので、そのときによって、使うおからの量が変わってきます。
ですので、それ以外の材料は、同じ重さ、半分、3分の1、4分の1、という割合で量を割り出して計量するやり方をするようになりました。

おからの乾煎りもやってません。入手したおからは、全部いっぺんに使ってしまうので。。。

洋菓子の作り方の本には、粉を篩って、さっくり混ぜると書いてあります。そうやって空気を含ませたり、だまをつぶしておくんですよね。麦粉のたんぱく質、グルテンの粘り気が出ないように、細心の注意を払い、そっと混ぜるべし。スポンジケーキなど、ふわふわに焼き上げるお菓子や、普通のクッキーがカチカチに硬くなったら、おいしくないですから。

でもまあ、私のおから入りのクッキーの場合は、おからをどかっと入れてしまうので、小麦粉のグルテンが粘っても、大勢に影響は出ない、と思って、粉篩いは省いております。

さて。配合ですが。。。うーん。どうなんだろう。このごろは、けっこう、そんときの思いつきでやってる(笑)。

だいたいですが。

バター おからの半分~4分の1くらい
アーモンドの粉 おからの半分~4分の1くらい
砂糖(黒砂糖などブラウンシュガーを使うとおいしい) おからの半分~4分の1くらい
小麦粉やほかの粉 おからの半分~4分の1くらい
ベーキングパウダー(小麦粉を入れた場合) 小1/2~
卵 1個~

他に、レーズンなどのドライフルーツや胡桃などのナッツ類、バニラ・シナモン・ナツメグ・クローブなど

作り方は
バターをボールでクリーム状になるまで練る。
砂糖と卵を入れてさらに練る。
おからを入れて、均一になるまで混ぜる。
アーモンドの粉(アーモンド・プードル)など、小麦粉とベーキングパウダー以外の材料を入れて混ぜる。
小麦粉をベーキングパウダーを加えて、混ぜる。

あとは、オーブンで焼くだけ。

ところで、焼き温度と焼き時間ですが。
お菓子のプロの人って、でっかい業務用のガスオーブンを使ってるんですよね。使ったことがないので、あくまでも伝聞ですが、業務用のガスオーブンは、家庭用のオーブンレンジに比べると、火力が強いらしいです。で、お菓子の本って、たいていはプロの人が書いてるから、使用されているオーブンは、当然、ガスオーブンだろうと思うんです。一般家庭でガスオーブンがあるとしたら、かなりのマニアでしょう(持ってる人、ごめんなさい→うらやましいです)。
つまり、お菓子の本に書いてある「焼き温度」や時間は、あくまでも参考値。自分が使っているオーブンの性能により、調整する必要があるだろうと思います。

さて。うちのは電気のオーブンレンジでありまして。。。
焼き温度と焼き時間は、そのたんびに試行錯誤しておりますが、最近は200℃で20~25分焼いて、あとは乾燥焼きをする方式にかたまりつつあります。

今、ちょこっとネット検索してみましたが、乾燥焼きは、160~140℃で十数分という、高温派と、100~110℃くらいで30分から時間の低温派があるようですね。

カリッと焼き上げたいときは、「乾燥焼き」ですね。
200度で20分焼いた後、温度を下げて焼く。味見して、中の湿り気が抜けるまで焼いてしまいます。

私は、160℃で10数分、120℃で10数分、って感じでやってますが、低温で1時間ってのも、いっぺんやってみようかな。

クッキーを自分で焼いてると、市販のとろけるような甘いお菓子って、いったい、どれだけお砂糖が入っているのだろうと思いますよ。
かといって、私はバターやお砂糖を排斥するのは、ちょっと違うかなと思います。味やふわふわ、さくさく、かりかり、お菓子としての味わいをしっかり出すためには、やっぱりちゃんと入れなくては。おいしくなくちゃ、お菓子の値打ちないですもん。
自分で焼くいいところは、おからをたっぷり入れられることと、どれだけ砂糖やバターを入れたか、自分でわかっているってこともあるかなぁ。
おから入りのお菓子って、お通じがばっちりで、満腹感ありますから、やめられないです(笑)。


---------------------------------------
さて、とはいえ、オーブンがないおうちもあるでしょうし、やっぱ、自分で焼くのは面倒、という方もあるでしょう。
そういう方は、市販のおからクッキーはいかが? 下記をご参照ください。

※過去ブログから
市販のおからクッキーのリスト (2005年に作ったリストなので、ちょっと古いですが)

おいしいおからクッキー (去年に書いたブログ)

※おからを配合したダイエットクッキー
豆乳とおからの「ダイエットクッキー」

おからクッキー
 (おから本舗のダイエットクッキーは、コントレックスが1箱に1本付いて格安2700円!!!


-------------------------------
※関連
オカラから (このブログのおから関連のカテゴリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

おからと青パパイヤがいいったって

某テレビ番組で、青パパイヤとおからを炒めて食べる、というのが紹介されてましたな。

青パパイヤ。

青パパイヤは、完熟する前のパパイヤ。オキナワでは、野菜扱いらしいですけど、そんなの、このへんでは売ってませんがな。

ちなみに、食べたことがある知人は、青くさい、と言ってました。うーん。どんな味なんだろう。
ゴーヤ(にがうり)は、あの苦味が「食べられない」人もいらっしゃいますよね。青パパイヤは苦くないみたいですが、やはり独特の風味があるんでしょう。好き嫌いが分かれるのかもしれません。でも、ちょっと食べてみたいなぁ。

ああ、沖縄県産品のアンテナショップ「わしたショップ」に行ったら、あるかもしれませんね。
わしたショップ一覧

で、ネットのわしたショップにあるかなと思ったけど、いまのところないみたい?
でも、評判によっては、取り扱うかも?ナマモノだから無理かな?

沖縄特産品のお取り寄せなら「わしたショップ」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/14

おからの悲劇で産廃扱い

きのう、MBSの「ちちんぷいぷい」を見てたら、「おからの悲劇」の話だった。

おからを引き取るときに、なにがしかのお金を受取っていたために、「産業廃棄物」である、という判例になったそうです。なんとも納得がいかない判決ですねぇ。

おからのやっかいなところは、たんぱく質や繊維や水分を含んでいるからだと思うけど、腐敗しやすいことと、それから、大量に発生すること。豆腐を作るにあたり、水分を加える工程があるため、原料の大豆の約三倍がおからになってしまうんだとか。

昔は近所の豆腐屋さんで安く分けてもらったり、タダでもらったりして、おからをオカズにするって、ごく普通のことだった。でも、スーパーに工場生産の安くて日持ちもする豆腐が並ぶようになり、街の豆腐屋さんがすっかり減ってしまった。スーパーの豆腐の棚には、おからを置いている方が珍しい。つまり、ほとんど捨ててるってことだよねぇ。

でもさぁ。

おからって、捨てちゃうの、もったいないよ。

食べちゃえばいいのです。たんぱく質も、繊維もたっぷりで、安いんだから。

お菓子作りで、混ぜて焼いたり、お好み焼き、ハンバーグ、餃子などに混ぜて焼いたりがオススメです。

で、自分で料理するの面倒って人は、おからを使った食品を食べましょ~。


ちなみに、番組でゲストのみなさんが「これ、おいしい」と言って、バクバク食べてたのは、このクッキーですな。

ミヤコうの花クッキー(20枚入)

わたしも、近所の自然食品店に売ってたのを買って食べたことありますが、確かにおいしいですし、お茶などといっしょに食べるとお腹が膨らんで、満腹感味わえますから、ダイエットの補助に使えそうです。


それから、最近話題の「おからこんにゃく」ってのもありましたっけ。・・・注文して、7月に出荷予定ってメールもらってるんですけど、まだ来ないなぁ・・・。

※ネットでおからこんにゃく購入希望の人は、出荷再開お知らせメールの申込を下記で受け付け中です。

火を通すとまるでお肉のような食感になる「おからこんにゃく」ダイエット中の方、食事制限中の...

じつはそれとは別に、近所のお店で、別のメーカーのおからこんにゃくを見つけました。ときどき買ってます。うまく味付けしたら、けっこういけますよ。お肉の食べすぎ予防には、なりますね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/29

おからこんにゃくを買う

テレビで取り上げられて、ネットのお店に注文殺到し、受付停止中になってるようですね。わたしんちは、そのちょっと前に申し込んでて、7月に発送予定というメールを頂いているんですが。。。(「おからこんにゃく、おいしそう」参照)

ちなみに、わたしが注文したのは、下記の商品↓

火を通すとまるでお肉のような食感になる「おからこんにゃく」

火を通すとまるでお肉のような食感になる「おからこんにゃく」ダイエット中の方、食事制限中の...

ネットのお店では売り切れている「おからこんにゃく」ですが、別のメーカー製のが、もしかしたらあなたの近所で買えるかもしれません。

うちの近所のスーパーで「デーツ」という会社のを売っています。東京のイトウヨーカ堂でも見たから、けっこうあちこちで売ってるんじゃないかと思います。ネットで買い損ねたみなさん、こんにゃく・豆腐売場をチェックしてみてください。

ちなみに、近所のスーパーでは、張り切って仕入れたものの、張り紙するなどのアピールが足りなかったせいか、赤札半額になってたことがありまして、喜んで購入して、早速食べたのでありました。薄く切って、から揚げ粉をまぶして、フライパンで焼いて食べたんですが、まあ、正体を知ってるから、肉じゃないと思うわけで、知らなかったら、気付かないかな、どうかな。
結局、家族二人で、一丁全部食べちゃいました。そんだけ食べても、カロリーは肉より少ないはずだし、繊維はたっぷりだし。安心してお腹一杯食べられるのがうれしかったです。

というわけで、その後、ちょいちょい、近所で買っています。

※上記のネットのおみせでは、受付を停止しているようですが、同様の「おからこんにゃく」は、下記でも購入できます。こっちはコロッケなどの加工食品もあるようです。↓

注目のダイエットフード!おからこんにゃくリカロで低カロリー食生活!リカロ板 - 5枚セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

おからこんにゃく、おいしそう

さっき、何気にテレビを見てたら、「おからこんにゃく」を紹介していた。

料理大好き、なんでも手作り大好きの青森在住の主婦の発明らしい。その人はあるとき、近所のお豆腐屋さんで「1斗缶で200円」でおからを購入したそうな。豆腐屋さんとしては、残ったおからは(産廃として)お金を払って捨てに行かなければならないと聞いて、理不尽に思った彼女は、おからの料理をいろいろ考えてみることにした。で、たまたま、自宅で蒟蒻を手作りしていたので、混ぜてみたのだというのね。

これって、蒟蒻屋さんや、豆腐屋さんは、絶対に思いつかないと思いますね。別のものだと思ってるでしょうから。

で、それがおいしかった。特許もとって、今では複数のメーカーと契約してるとか。

地元では定番食材で、味付け次第で、肉にも魚にもなっちゃうらしい。蒟蒻は素材そのものには「味」がなくて、だから料理に重宝されるし、いわゆる精進料理の定番でもありますし。

おからだけで「肉がわり」というのは、実はやや無理があるんです。どうしてもあの、モサモサ、モソモソした食感がじゃまになってしまう。でも、蒟蒻のぷりぷりした歯ごたえがプラスされたら、そりゃ、「お肉そっくり」になるでしょうなぁ。

ほ、ほしい。食べてみたいです。

近所に売ってる店、あるかなぁ。

ネットでの通販もあるけど、注文殺到で、3週間待ち???

ええい。とりあえず、申し込んでおこう。。。今回ははじめてだから、お試しセットにしようっと。

火を通すとまるでお肉のような食感になる「おからこんにゃく」

火を通すとまるでお肉のような食感になる「おからこんにゃく」ダイエット中の方、食事制限中の...

はたして「おからこんにゃく」は、いつ来るかな。届くのが楽しみ。。。

--------------------
※上記のネットのおみせでは申込み殺到に付き、受付を停止しているようですが、同様の「おからこんにゃく」は、下記でも購入できます。こっちはコロッケなどの加工食品もあるようです。↓

注目のダイエットフード!おからこんにゃくリカロで低カロリー食生活!リカロ板 - 5枚セット

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/02/01

寒天ボールで検索がいっぱい

きのう、たまたま、朝の「はなまるマーケット」を見ていたら、便秘解消法ネタで、便秘がいかに体によろしくないかと、どうやって解消したらいいかのお話をやってました。体操やツボ押しのほか、これを食べるといいよん、ということで、「寒天ボール」の紹介をやってました。

※2006年1月31日の番組の内容については、下記のサイトが番組サイトの内容紹介です。
「とくまる 腸を動かし便秘解消」http://www.tbs.co.jp/hanamaru/tokumaru/060131.html


で、わたし、去年の12月に、本屋さんで買った『寒天教室―究極の毒出しダイエットレシピ』という本のことと、それを見て作って食べた、という話を、2005/12/21のブログに書いているんです。「寒天入りおからミンチボールを作ってみた

で、どうやらそれが検索のトップにきてたみたいで、アクセスが普段の3倍になってました。

「レシピ」が見たい方は、上記の番組のサイトに載ってましたよ〜。


さて、昨日は、はなまる見て、また寒天ボール作りました。
今回は合挽きミンチがあったので、それを使用。コショウやナツメグ、オールスパイス、微量のシナモンまで入れました。前回と同じく、生の材料を練って、まるめて、お湯をくぐらせて冷凍。
ボールを丸める力が足りなかったのか、お湯がぐらぐら沸いてたせいか、最初はバラバラに(汗)。その後、ぎゅーっと固く丸めて、お湯もふつふつ、くらいの沸騰にして仕上げていきました。

で、茹で汁は、例によって、ちょっと味を調えてスープとして飲んでしまいました。だって、寒天やお肉のだしがたっぷり、捨てたりしたらもったいないよね。これでお昼はお腹一杯でございましたよ。

というわけで、冷凍庫には寒天ボールのストックがいっぱいです。なんだかうれしい。これがあると、なんにでも使えるから便利だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

寒天入りおからミンチボールを作ってみた

昨日本屋さんで『寒天教室 究極の毒出しダイエットレシピicon』という本を購入。この本の目玉は、「寒天ボール」と、それを使った様々なお料理が載っていること。「毒出し」や「デトックス」の本を出している松生恒夫先生監修。
(Amazonならこちら『寒天教室―究極の毒出しダイエットレシピ』)

作るのは確かに「超簡単」でした。

鶏ミンチとおからを寒天と片栗粉をつなぎにして、練って丸める。これを毒だし効果のある素材を使ったスープに入れて食べましょう、という内容である。このボールは茹でてから冷凍すれば保存もできる。

味付けとしては、ショウガや塩やオリーブ油を混ぜ込む。私はコショウやナツメグなんかも入れちゃいました。

本を改めてみると、フライパンで最初に全部の材料に火を通すとあるんだけどね、わたしは生のまま材料を合わせて練って、それからゆでて、冷凍してます。

昨日はうちにあったおからとミンチを使って、だーっとまとめて作りました。で、その一部を、茹で汁をベースにしたスープで食べました。

翌朝。つまり今朝。

とーっても見事な、バナナ状のお通じがするーっと出ました。量もすごかったのよ。こんなにお腹の中に???と思いましたね(笑)。ほんと、ここまですんばらしいのは、ひさしぶりでございました(笑)。やっぱ、おから+寒天の食物繊維効果ですねぇ。

この本にもスープを初めとして、いろんな応用料理が載っています。これを全部やってみたら、料理のレパートリーが増えますね。これを冷凍庫に常備しておくと、いろいろと使えて便利だと思います。

そういえば、小林カツ代さんの『お弁当づくりハッと驚く秘訣集』に、肉団子を冷凍しておくと、お弁当作りに便利って書いてあったっけ。まあ、似たようなもんだもんね。

※後日談
寒天ボールで検索がいっぱい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/24

おから入りホットケーキ

このごろ、おから入りホットケーキのまとめ焼きにはまっている。

昨日は、豆腐屋さんでおからを購入。300gで100円。安い。しかも豆腐屋さんのだから、絞ったまんま。

市販の生おからの中には、風味を浴するために豆乳を添加してあったりして、なんのためのおからか、よーわからんのもある。コープ神戸のおからや椿屋さんの華おからがそう。華おからの場合は、皮も取り除いてあったりする。ただ、加熱殺菌して密封してあるから、わりと保存が利くので、うちの冷蔵庫の氷冷室には華おからを常備している。

そういう、邪道(?)のおからに比べて、豆腐屋さんで分けてもらうおからは、正しいおから(?)である。
豆から豆乳を絞った残り、このおからを食べてこそ、正しいおからの道というものだ。ほっほっほ。

閑話休題。

どっしりした本格派おからが手に入ったのがうれしくて、うちにある「粉」(全流粉、玄米粉、コーンスターチ、小麦粉などなど)を、大胆に混ぜて、ベーキングパウダー、卵、砂糖を加え、水や牛乳、スキムミルクで緩めてフライパンにのばして焼いた。

ホットケーキミックスがあれば、それを使うと便利だと思う。粉の半分から同量くらいまで、かな。好みでおからの分量は増減されたい。

直径10cmくらいで焼いて、冷ましてからジップロックの袋に詰めて、冷凍した。

食べるときはこれを、1枚1分くらい電子レンジにかけて、食べる。

お昼かわりや、小腹がすいたときのおやつに、なかなか手頃で、重宝している。

---------------------------------
※近所におからを分けてくれるようなお豆腐屋さんが絶滅した地域にお住まいのみなさんは、
スーパーや百貨店などの豆腐売場で「華おから」などの製品化されたおからをご購入ください。

ネットでご購入の場合は、送料がかかることもありますから、まとめ買いになりますね。
まあ、袋ごと冷凍しちゃえば、ある程度長期保存はできますが。。。

◎亜椿屋さんはお豆腐屋さんなので、おからも入ったセットがおすすめ。
椿き家豆腐セット
椿き家豆腐セット

※椿屋さんのおからのページはこちら
おからひろば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

おからホットケーキを焼いておいてレンジで解凍

昨日まとめて焼いた「おからホットケーキ」を、レンジでチンして食べました。

おお。なかなかいけるやん。

もしかして、フライパンで焼いて、後片付けして、ちょっとさめてから食べるより、この方がホカホカでうまいかも。袋の中で重ねてたので、くっついてましたが、金属のへらやコテなどで一枚ずつに剥がせました。

蒸しパンミックスや、小麦粉、玄米粉、全粒粉、まだ残ってます。スーパーで、期限切れ半額シールのおからも買ってきたし、またホットケーキに焼いて、冷凍庫にストックしておこう。。。

クッキーは、もうちょい涼しくなってから再開しようと思います。というのも、私はバターを練ってクリーム状にして、それに他の材料を混ぜていく方式なんですが、あんまり室温が高いと、バターが溶けてしまうんですよね。うちは全館冷房ではないもので(笑)。

とりあえず、来週あたり、またホットケーキをまとめて焼こうっと。

※関連
おからブームは来るのか?

※自分で焼くのが面倒な人は
おからマドレーヌで検索があったけど、これのことね
おいしいおからクッキー
市販のおからクッキーのリスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

おからホットケーキをまとめて焼いてみた

じつは、冷蔵庫の氷冷室に、密封パックのおからがずっと眠っていた。いわゆる「期限」は、とっくの昔に過ぎている。でもまあ、おそらくは高温殺菌を施されたポリ袋密封だし、氷温だったから、自分で食べる分には、問題ない(なのか?)と思いまして。

実は、お店で見たホットケーキミックスの箱に、「焼いたホットケーキを冷凍保存し、電子レンジで1分程度過熱して食べよう」とかなんとか書いてあったのだ。あ、これ、いい、と思ったわけ。

というわけで、ホットケーキミックス、といきたいところだが、実はうちに、以前安くなってたのを買った、「黒砂糖入り蒸しパンミックス」があったので、これを使うことにした。結局小麦粉にお砂糖と膨らし粉が入ってるんだから、同じようなモンだろうから、まあ、よろしいがな。

で〜。

400gのミックスに、おからはなんと450g。卵は2個。水は、適当。ベーキングパウダーをちょいと追加。

これで、フライパンで焼きました。家族と一枚ずつ食べて、あとはジップロックのフリーザーパックに入れて冷凍庫へ。

これで、朝早く出かけるときや、自宅で昼食のときに、便利ね。

なお、このおからの分量は、尋常ではないです(笑)。さすがにちょっと、もそもそっとします。普通はもうちょいおからを少なくした方がいいかも。まあ、わたしは「おからをたっぷり食べる」のが目的なので、どかっと入れましたが。。。

おから入りのお菓子、はじめての人は、ミックスの1/4くらいでお試しになることをオススメします。

※関連
おからブームは来るのか?

※自分で焼くのが面倒な人は
おからマドレーヌで検索があったけど、これのことね
おいしいおからクッキー
市販のおからクッキーのリスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)