カテゴリー「手帳」の投稿

2007/10/14

2008年に向けて手帳の手配をした

フランクリンプランナーのサイトから
フランクリンプランナー2008年度版1月始まりリフィル早期予約開始」という案内が来たので、来年の手帳用のもろもろ、注文しました。

現在、予約キャンペーン中で、ラインページ(50枚入り)がオマケに付きます。ふふふん。
販売期間は、 10月04日15時00分~10月25日23時55分だそうなので、来年もフランクリンプランナーだ、という、1月始まりのリフィルを使っている人は、急ぎましょう。

わたしは、あと、「2008年年間カレンダー日本語版(コンパクトサイズ)」と、「7つの習慣演習フォームコンパクトサイズ」を買いました。「7つの習慣演習フォーム」というのは、「7つの習慣演習ノート」をレフィル化したものです。

東京に引っ越して、正直言って、環境の変化に目が回っていました。そろそろ、巻き返しを図ろうと思ってたところなので、「7つの習慣演習フォーム」を使って、自分を見つめ直して、気合を入れなおすのもいいかなと思ったんです。

以前に購入して、まだ取り組んでいなかった、「ミッション・ステートメント・ウィザード・フォーム・セットコンパクトサイズ」と、「7つの習慣演習フォーム」が、いつもの手帳バインダーに収まればいいんですが、ちょっと無理。

でも、「ミッション・ステートメント・ウィザード・フォーム・セット」と「7つの習慣演習フォーム」は、あわせて持ち歩き、あ、とか、そうだ、とか、これだ、とか思ったときにすぐに書き込めるようにしたいんですよね。なので、収納用に、バインダー買いました。でも、いつもの黒皮の手帳と差別化したいので、「アシュフォード バイブルサイズシステム手帳Rbridge(アールブリッジ) 16mmリング」の、オレンジ(赤茶って感じの色)を買いましたよ。ビビッドな色に、心ときめきます。もう、やけくそ(爆)。もとい、せっかくだから、しっかり持ち歩いて活用できるようにしたい、です。はい。

それから、「アシュフォード バイブルサイズダイアリー2008月間プランニング
」も、やっぱ、要るので、ナガサワ文具さんに注文しちゃいました。

あとは、Bindexのバイブルサイズ用の保管用バインダーを買えばオッケー。ここだけの話(笑)、フランクリンプランナーのデイリーリフィル1年分は、Bindexのバイブルサイズ用の保管用バインダーにぴったり収まるので、いつも使ってます。こっちの方が、安いもんね。
関西に住んでた時は、売ってるお店が、しょっちゅう行くエリアにあったから、買うのはラクだったんだけど、東京に引っ越してからは、どこで何を買えばいいのやら。見当たらんようなら、これもネットで買うしかないかなぁ?


※ところで、フランクリンプランナーのサイズって、「コンパクト」は穴の位置が、他メーカーの「バイブルサイズ」と同じだけど、コンパクトサイズ以外のポケットサイズやクラッシックサイズは、独自規格なのです。ご注意ください。

コンパクトも、一般的なバイブルサイズのより用紙の横幅が広いですが、スリムタイプでなければ他メーカーのバインダーでも入ります。だからわたしは、フランクリンプランナーの手帳とはいいながら、アシュフォードやBindexのなどなどのリフィルやバインダーを併用しとります。

さて、わたしは、これでいくら手帳に散財したのやら。ちょっと考えたくない(爆)。
しっかり活用して、モトをとってやるぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

SOHOLOGテンプレートにしてみました

SOHOLOGテンプレートにしてみました。
数年前、ニフティのフォーラムがまだまだ盛んだった頃。SOHOとか、在宅ワークって言葉が、もてはやされていましたね。
パソコンの価格が、個人でも手が出そうなところまできて、まだインターネットは一般化していなかったし、光やADSLなんて、まだ先で、ダイアルアップで通話時間を気にしながらではありましたが、通信インフラも徐々に整いつつありました。

パソコンを買って、おうちでお仕事。

通勤から開放された、自由な働き方。

さて。。。

SOHOって、死語かと思ってたんですが(笑)。
ココログのメインサイトを見てたらば、SOHOLOGというロゴがありました。ふーん。。。。

というわけで、SOHOLOGテンプレートにしてみました。
ついでに、プレゼントにも応募しちゃいました(笑)。
当たるといいな。

つらつら思いますに、かくいう私も、出勤してするお仕事の傍ら、「おうちでお仕事」の形態は、ずっと続けております。文字入力やテープ起こしのお仕事が主ですが。注文は電話やメール。納品はメール添付。これって、やっぱりSOHOですかねぇ。

今年は手帳もフランクリンプランナーのリフィルにしたし、なんとなく気分一新。やる気モードになってます。
2007年の年頭に」に書いた、『図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告』を読んでたら、ますます「がんばろー」って気分が盛り上がってきました。
つらつら考えたら、ここ数年は、縮小嗜好(字が違う?)っちゅうか、あえて拡大を目指していなかったです。こっちから動いて営業活動して、クライアントを増やそうって、してなかったし。

4月には、東京に引っ越して、新生活が始まるわけだし、仕事、もうちょいがんばってみようかという気分です。

みなさま、よろしく~。

------------------------------------
※システム手帳、フランクリン・プランナーのお店はこちら→フランクリン・プランナー

※今年の手帳に、これ使ってます。
ユニバーサル・デイリー・リフィルコンパクトサイズ 日本語版

他に、1年分のリフィル保管用バインダーとスターターキットは、毎年買っています。
スターター・パック(日本語版)コンパクトサイズ

Bindexの保存バインダー2穴2(ケース付)(ブラック)」1785円(ご購入は大きな文具店か、こちら→Bindex)……だって、Bindexのはケース付きで、こっちの方が安くつくんだもん(笑)。

※やはり重厚なフランクリンプランナーの保管バインダーがいい、とおっしゃる皆さんは、こちらをどうぞ。
保管用バインダーコンパクトサイズ
保管用ケースコンパクトサイズ

--------------------------
※関連
2007年版の手帳のレフィルはフランクリン手帳のユニバーサルにしました
手帳に書いているとその気になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

手帳に書いているとその気になる

来年1月からのユニバーサル・デイリー・リフィルコンパクトサイズ 日本語版を購入して、すでに2007年一年分のマンスリーと1月と2月のデイリーページ、それから5年分のプランニングカレンダーを入れている。

これまでは、他社(アシュフォード)のマンスリーとデイリーを使っていた。

現在のところ、「違い」は、来年以降のレフィルが違うだけ、である。

だけ、のはずなのだが、なんとなく、「その気になってる私」を感じるのである。

♪わかるかなぁ。わかんないだろうなぁ♪(←死語? 松鶴家千とせだったと思うんだけど。。。)

リフィルが変わってくると、気分も変わるのかもしれない。
このごろは、せっせと手帳にあれこれと書いているし。ミッションやゴールも書き換えてみたりしてる。

こうやって、書いて、読み返して、また書いて、思いや考えを整理し、気分を出していく、その気になるということも、大事だと思う今日この頃。

ユニバーサル・デイリー・リフィルコンパクトサイズ 日本語版

これ、タブの部分や、紙の端っこが、すぐよれてくるのは、やっぱ、アメリカンだから、しかたないのかなぁ(タメイキ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

2007年版の手帳のレフィルはフランクリン手帳のユニバーサルにしました

レフィルだと思ってたら、リフィルだったのね。。。

まあ、それはさておき、来年からはいよいよ、ついに、フランクリンプランナー(以下、フランクリン)のデイリー・リフィルにします。

従来から、別メーカー(アシュフォード)のを使って、フランクリン形式やってたんですけどね。今使っているのは、一般的なラウンドタイプ(ジップアップ・ファスナー)のバインダーで、25mmリングです。もう、パンパンに膨れてます。なんとか、もうちょい、薄く軽くできないかなぁと思ってたんですよ。

そもそも、なんで別メーカーのを使ってたかというと、フランクリンのって、デザインが、ちょっと、好みじゃないんです。それと、3サイズあるうちのコンパクトサイズは、いわゆるバイブルサイズと同じホール位置なんで、従来使ってるバインダーや、リフィル用紙が使えるんですが、フランクリンの横幅が一般のバイブルサイズより1cmほど広いんです。

要するに、かさばるのと、デザインが垢抜けない感じがして、フランクリンのは使ってなかったんです。

ところが、知らなかったんですけど、去年から薄手の用紙の「ユニバーサル」が出てたんですね。なんと従来の7割の厚み。用紙が薄くて軽い。手帳用紙なので、薄くてもしっかりしてる。

来年からはこれでいこうと決めました。

フランクリン手帳のユニバーサル・デイリー・リフィルコンパクトサイズ 日本語版を11月24日に購入。昨日、11月26日に届きました。は、はやい。。。

さっそく、来年の月間カレンダーと5年分のプランニングカレンダーをバインダーに挟みました。

これで、来年早々の予定も、手帳に書いておけるから、安心。今やってる仕事は、3月の年度末までだから、その日程も手帳に書き込んでおけるのは、ありがたいです。
せっかくだから、向こう5年の長期スキルアップ・ステップアップのプランも考えようかな。なーんて気分にもなってきますな。

この、気分って、案外大事かもしんない。その気になったら、そうなるのよ。

新庄君が、球場を満員にするって言ったら、ほんとに満員になって、日本一になっちゃったもん。ぜひとも見習いたいものです。

このほかに、来年の手帳用に梅田の紀伊国屋書店で購入したのは、
フランクリン・プランナーの「スターター・パック(日本語版)コンパクトサイズ
リフィル保管用の「保存バインダー2穴2(ケース付)(ブラック)」1785円(ご購入はこちらでもBindex

1年分のリフィルが入る保管用のバインダーは、必要ですので、毎年買っています。

上記のBindexのと、金具をお店でこっそり並べて比べたんですが、サイズはおんなじでした。もしかしたら、金具のメーカーは同じかも。ぺこぺこしたプラスチック製。ちゃんとリフィルも入りました。フランクリンのは保管用バインダーと保管用ケースは別売りですが、Bindexのはケース付きなので、こっちが断然お得なんですよね。

これからはフランクリンプランナーの本格的な(?)ユーザーになるわけだし、保管バインダーもそっちにすべきかと思ったんですが、この価格差にはあらがえませんでした。むー。年収1億円超の、ミリオネーゼになったら、また考えよう(笑)。

いやいや、やはり重厚なフランクリンプランナーの保管バインダーがいい、とおっしゃる皆さんは、こちらをどうぞ。
保管用バインダーコンパクトサイズ
保管用ケースコンパクトサイズ
この二つを併せてご購入ください。

---------------------------------------

◎フランクリン・プランナーのご購入はこちら→フランクリン・プランナー(楽天店)

◎手帳といえば株式会社日本能率協会マネジメントセンター の「能率手帳

◎手帳がいろいろ揃っているナガサワ文具センター→《ナガサワ文具センター》「システム手帳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

Access2003のMOT Essentialsに合格しました

おととい、Access2003のMOT Essentials試験に合格しました。

やれやれ。オフィス・スペシャリスト試験は7月に合格、これで認定要件がそろいましたので、早速昨日、認定申請を簡易書留にて発送しました。毎月15日締め切りで、翌月1日が認定日になるとのことなので、多分9月1日が認定日でしょう。

夏期休業についての告知のようなものは、特に出ていなかったようなので、なんともいえませんが、もしかして事務局が「盆休み」取ってたらば、10月になるかもしれません。

あの試験は、ともかく、何が出るやら、という試験ですね。対策としては、『Access2003 MOT Essentials重点対策&スキルアップマニュアル』の、第1~10章の全てについて、隅から隅まで、完全に頭に入ったら、一発合格も可能だと思います。付録のショートカットやメニューの一覧は、本文内に記載されていないものについては、参考程度でもいいでしょう。

ちなみに、私は1年越しに、結局3回目でようやく合格でした(汗)。

ふぅ。これで4種目制覇という、目標が一つ達成。手帳にも書きました(笑)。

手帳といえば、来年の手帳のレフィルには、いよいよフランクリン手帳のデイリーレフィルを導入しようと思います。
私はフランクリン手帳のやり方を、アシュフォードの手帳でやってます。

なんでかというと、フランクリン手帳って、でっかいんです。

のコンパクトサイズ=システム手帳のバイブルサイズなんですが、バインダーの穴の位置が同じなだけで、フランクリン手帳の方が横幅が広くなっています。だからフランクリン手帳のバインダーは、とにかくでかい。特にデイリーレフィルを3か月分綴じこんで持ち歩くあの方式をやろうと思うと、もう、「手帳」とは思えない巨大な物体になってしまって、鞄に入りません。

ところが、先日フランクリンのカタログで、ユニバーサル・デイリー・リフィルというのを見つけました。

用紙を手帳用の薄くて軽いものに替えたために、1年分の厚さが従来の約70%の薄さになった、というのです。
これなら、今使っているアシュフォードのラウンドタイプ(ジップアップ or ファスナーで綴じるタイプ)のバインダーにも入るし、もしかしたら今より軽くなるかも?

月曜始まりの月間カレンダーってのも、いいですね。昔、手帳を変えたときに、月曜始まりと日曜始まりの違いのせいで、予定を間違えかけたことがありました。私はここ何年もずっと月曜始まりのを使ってるので、日曜始まりにされると、困るんです。

ところで「月間カレンダー6週目単独対応」って、なんのことだろう???

ともかく、1月始まりのが発売されたら、この「ユニバーサル・デイリー・リフィル」を買うことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/12

うーんまとまらない

週刊STの「これであなたも英文記者」の次(1月13日号)の課題が「今年日本に起こって欲しい変化」なんだけど、うーん。思いつかない。一つだけ例を挙げてというのが、かえってむつかしー。

仕事に年齢制限するな〜とか、挨拶しよう、とか、希望の持てる雰囲気がほしーとか、キナ臭い方向にいくのやめてよ〜とか、税金の無駄遣いやめろ〜とか。ありすぎて、まとまらないなぁ。

挨拶といえば、子どもは「知らない人」は一切無視しろってのが今風なんだっけ。これは悲しい。で、思うんだけど、事件って、ほんとーに「知らない人」じゃなくて、顔見知りの犯行の方が圧倒的に多いはずなんだよね。だから、子どもに「知らない人に気をつけろ」と注意するだけでは、足りないと思う。

ちょっと話がそれましたな。

とりあえず、締め切りは1/13なので、もうちょい考えてみよう。思いついたことを、その都度手帳に書き出しておけば、明日には、って、締め切り、明日かぁ。ううう。

--------------------
※応募作の講評や優秀投稿者名がSTに掲載されますから、応募する人は講読されることをオススメします。そのほうが、断然楽しいです。なお、駅売りでも買えますが、週刊STの定期購読が安くて便利です。→「週刊ST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

みんなが手帳の本を書く

年末にかけて、手帳やカレンダーのシーズンなわけで、手帳や手帳本がいろいろ出てますね。

知識ゼロからの手帳術』って、あの「島耕作」の弘兼憲史さんの手帳術だそうです。なんで「島耕作の手帳術」ってタイトルにしないんだろう?その方がインパクトあると思うんだけど。「時間にこだわる頭のいい人&できる人必携!」だそうです。

でも、「メインの手帳を一つ決める」「何から手を付けるか明確にする」「マーカーや色ペン・記号やシールを使う」「変更になった予定も消さない」「ゴールを細かく設定する」「手帳に日記をつける」って、みんなどこかの本に書いてあるんですけど。…といっても、巷の手帳本は、みんなその意味で、どれもが似たり寄ったりであります。むしろ弘兼漫画ファンの人には必携というべきかもしれませんね。
「毎日9回手帳をチェックする」ふむ。回数を指定したところが画期的かも。

ええと、今考えてみたんですけど、
「朝起きて、出かける前、電車・バスの中、勤務先到着時、昼休み、休憩中、帰宅直前、帰宅途中、寝る前」
これで9回だ〜。弘兼さん、これで当たってますか?

みんなの手帳―選ぶ・使う・極める!』これは、いろんな人の手帳の使い方を紹介した本。こういうのは、手帳マニアにとっては、見てるだけで楽しかったりします。参考になるのがあれば、やってみるよろし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/26

来年の手帳のレフィルを確保

バイブルサイズのシステム手帳を使っている。ここ数年は、特定のレフィルを組み合わせている。同じものが入手できないと、私としては非常に困る。なので、昨日、梅田の本屋さんでもう2006年版が出ているのを見て、買ったのだった。ふう。これで来年はだいじょうぶ。

どうやっているかというと。

簡単に言うと、フランクリン・プランナーのやり方を、アシュフォードのレフィルを使ってやっているのだ。ちょっとアレンジもあり、一部フランクリン・プランナーのレフィルや、ページガイド、Bindexやほかのレフィルも混在している。

まずは、2ページ見開き、スケジュール左メモ右のデイリーレフィル→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 ディリープラン(見開き1日)

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 ディリープ...

それから、月見出しタブと月ごとにトビラがある→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズ 月間ダイアリー(index&メモプラス)

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズ 月間ダイアリー(index&メ...
これのトビラ裏のメモ用ページにポールペンでMaster Task Listだの、Parsonalだの、BusinessだのMonthly Goalsだのと書き込んで、フランクリン式風にしております。

それから、これ→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 月間プランニング

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 月間プラン...
これにその月に進行中のお仕事の日程、納期や出勤日などをマークしておきます。別々の勤務先、クライアント様の仕事が別々のスケジュールで進行するので、マンスリー・カレンダーに予定を書くだけでなくて、こういう形で一覧できるようにしておくと、「仕事してるぞ〜」という気分(笑)。


あとは、、Bindexのバイブルサイズ用の二つ穴のレフィル保管用バインダー。
それから、フランクリン・プランナーの「スターター・パック(日本語版)コンパクトサイズ

これで、もろもろの目標の仕切り直し。。。。

とりあえず、これにて、来年分の手帳のレフィルが揃いました。めでたしめでたし。

※関連してるようなしてないような。。。四つの定義「refill」

で、そのときに買ってしまった(笑)本は下記の通り。
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100icon
Writing to Communicate: Paragraphs and Essays

ああ、英検1級の英作文、どうしよぉ。。。


---------------------------------------
◎フランクリン・プランナーについては、こちら→フランクリン・プランナー

◎手帳がいろいろ揃っているナガサワ文具センター→《ナガサワ文具センター》「システム手帳

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/02

こだわりを捨てた果てにあるものないもの

トラックバック野郎のお題は、こだわりですか。
むかしは、なんやかやと「決めてたこと」がありました。

カバンは一澤帆布店の布カバン。
ジャムとリンゴジュースはアオハタ。
ヨーグルトはお砂糖抜きのプレーンタイプのブルガリアヨーグルト。

化粧しないし、いつでも動きやすいジーパンとシャツとスニーカ。
ヘアスタイルはベリーショートだから洗うのもラクラク。

胸毛の男性はちょっと勘弁してほしい。

ワープロは親指シフトのオアシス。
パソコンはMacがいちばん。


……丸くなったのか、どうなのか。
だんだんこだわらなくなったような、どうでもよくなったような。

カバンにしても、ジャムやジュースやヨーグルトにしても、今は他にもいろいろ、いいのや、美味しいのが出てるし。

仕事の関係で、ノーメイクっちゅうわけにもいかんし。そうなると、足元はジーパンちゅうわけにもいかん。
しかしかといってパンツになるのかというと、スラックスって、センタープレスが入るから、そういうメンテが必要なのは、ちょっとめんどう。なのでスカートなのだな。

昔の私を知ってるみなさんは、スカートを穿いてるのを見てびっくりするかもしれないが、じつはそういうズボラ系の理由ですので、安心されたい(笑)。まあ、世間で女の人のする格好にしといたほうが、なにかとラク、ちゅうのもありますな。これもズボラかしらん。

ええと、本人はまったく覚えていないのだけど、私は幼少のみぎり、先代の朝潮のファンで、朝潮が負けたと泣いたらしい。写真で見ると見事な胸毛なんです、この方。うーん。子どもの頃の好みって、わからない(笑)。
その後は胸毛ってやーねって思ってたはずなんですけどね。今となっては、どうでもよろしいって感じなのです。そういえば、ショーン・コネリーさんも、デビッド・キャラダインさんも、もじゃっとしてるし。ねぇ。

初めてのワープロはオアシスの親指シフト。いまでもMacのキーボードはリュードボードで親指シフトしとります。しかし、うちのはOS9だから、使えてるけど、いずれOSX機に買い換えたら、もうあきらめるしかないのかなぁ。親指シフトキーボードという、便利なものを開発しながら、ユーザーを見捨てた、ふじつーのばかぁぁぁぁぁ。

ああ、久々に愚痴ってしまった(笑)。

Macは、いいですねぇ。使っていて、楽しいし。使いやすいし。気持ちよく使えるんですね。これからもずっと使い続けます。これは変わりません。
でもね、Windowsのマシンも買っちゃったんです。インストラクタやいろいろな仕事関連でWindowsが走るPCは避けて通れないものですから。
このごろは、こっちでないと動作しないWebもあるし、うちのかなり古いMac環境では文字化けするメールもあるしで、Dell君使う時間が増えてきています。

でもやっぱり、Macの新しいの、ほしいですねぇ。OSXって、かっこいいもん。

なんやかやと、こだわりがなくなってきている私ですが、手帳は、バイブルサイズのシステム手帳をずいぶん長いこと使っています。1年ほど、ミニ6穴使ってみたけどだめでした。この10年ほどは、アシュフォードのレフィルがお気に入り。この数年はバインダーはジップアップ(ラウンドタイプともいいますね)を愛用しておりますな。

じつは、これだと手帳がかさばって重いのですけど、これじゃないと、無理なんです。複数の不定期の仕事の予定や、そのための準備なども含めて書いておくには、これしかありません。仕事だけじゃなくて、いろんな夢や希望や目標や、なんでも書き込んでる外部記憶装置(笑)。重たいけど、大事な相棒です。


-------------------------------
※Mac=リンゴのお話をこちらに書いています→
♪英語で定義しよ♪のお題「apple」
♪英語で定義しよ♪のお題は「Macintosh」

※語学学習に便利と→「iPod shuffleのいいところ

※私の手帳の使い方は、フランクリン手帳のシステムを参考にしてまして…

◎フランクリン・プランナーについては、こちら→フランクリン・プランナー

◎フランクリン手帳の実践についてのガイド本の一押しは、『人生は手帳で変わる―3週間実践ワークブック

◎手帳がいろいろ揃っているナガサワ文具センター→《ナガサワ文具センター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/24

なんだか忙しくなってきそうな

仕事の面接に行った。

実は前日に、別件の仕事の話の打診があった。今日、その依頼元様から電話が入り、明日面接することになった。

掛け持ち状態前提のご依頼である。いずれもパソコンインストラクタ関連のお仕事だ。ほかに既に動いている仕事もあって、ぜんぶ具体化したら、3つ掛け持ち???

忙しくなりそう(汗)。

6月には英検1級を受けるのだけど、このごろそのためのお勉強が滞りがちになっていて、ちょっとやばい。計画をたてて問題集に取り組まねば。

それと、翻訳のコンテストの応募、それから翻訳勉強会の課題は、今回は叩き台だから、早目に書かなくてはいけないし。

そして、インストラクタのお仕事が増えるとなれば、そのための準備もしなければならない。

こういう「準備すべきこと」は、どれからやるか、いつやるか、手帳に書き出して、しかるべきページに書き込んでおこう。漏れがないようにしないといけないからね。

そして、複数のお仕事を掛け持ちすると、スケジュールが複雑怪奇になってくる。遺漏なきよう、予定が決まる都度、きっちり手帳に書いておこう。

本決まりではない予定も、手帳に書いておかないといけない。

だって、先に聞いてた話があって、それがまだ「決定」ではなかったので、手帳に書かないでいたりしたら、他から別件の話を重ねて入れてしまうかもしれない。聞いた時点でとりあえず手帳に書いておくことが肝心。

本決まりでないことがわかるようになっている必要はあるけどね。たとえば青とか、鉛筆で、決まったら黒で書く、とか、シールを貼って書いておくとか。……このあたり、まだ方法が確定していなくて、そのときの気分でいろいろになっている。でも、ほんまは、決めたほうがいいよね。どういうのがいいかなぁ。

いずれにしろ、ますます、手帳が大事になってきそうだ。

-------------------------------
※私の手帳の使い方は、フランクリン手帳のシステムを参考にしてまして…

◎フランクリン・プランナーについては、こちら→フランクリン・プランナー

◎フランクリン手帳の実践についてのガイド本の一押しは、『人生は手帳で変わる―3週間実践ワークブック

◎手帳がいろいろ揃っているナガサワ文具センター→《ナガサワ文具センター

◎手帳のお店


※手帳のことは、《ひまわり屋敷http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/》の中の「書斎→手帳」にも、ちょこっと書いています。よろしかったらご参照ください。

※追記
試験当日については、「6/13(英検1級を受けてきた)」に書いてます。ご笑覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)