« Macへ還る | トップページ | アマチュア無線の免許のこと »

2008/06/21

親指シフトキーボードを買ったよ

念願ちゅうか、懸案だった「親指シフトキーボード」を購入しました。「FKB8579-661EV」です。

最初、フリーの設定ツールで設定を試みたんですが、うまくいかなくて。。「Japanist 2003」を購入しました。

で、今日、インストールして設定し、「FKB8579-661EV」をつないで、「あ、今度はちゃんと動く」と喜んで、ブログの編集画面を開いたら、いきなりJISキーボードに逆戻り。

なんでやねん。

で、いろいろ触ってて、やっと気がつきました。

IMEをJapanist 2003に切り換えてやらないと、親指シフトが動かなかったんですね。

なーんだ。

でも、いわれてみれば、そうだよなぁー。はははははははは(乾いた笑い)。

すったもんだしましたが、改めて痛感いたしました。親指シフトは快適です。
速いということが利点といわれてますが、快適なんですよね。
打鍵数が少なくてすむから、気持ちいいのー。
思ってることがそのまま指の先から出てくる感覚というといいんでしょうか。

私は勤務先では一日中パソコンで作業しています。職場に親指シフトキーボードはありませんから,JISキーボードでローマ字入力しています。

自宅では、Macに親指シフトキーボードで親指シフト・仮名入力。DellのWindowsPCではキーボードでローマ字入力しております。

ずーっと両方使ってる私の実感です。

やっぱ、親指シフトは気持ちいいのー。

ただ、今回購入したのは、コンパクトキーボードなので、細かいところのキー配列が違うところがあって、慣れが必要ですね。
特に困るのは、ローマ字入力じゃなくて仮名なので、英字との切り替えがちょっと不便になること。まあ、これも慣れればなんとかなるかな。
あ、それとテンキーがついてないのも、困っちゃうねー。テンキー買うかな?

そそ。

Japanist 2003の先読み変換は、とっても便利ですね。携帯電話のよりもっと強力かも。

ほかにも使えば便利そうなツールが入ってるみたいなので、おいおい、試して見ようと思ってます。

勝間和代さんの本『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』の3章まずは道具を揃えようの「4キーボードで入力速度を倍増する」に、親指シフトキーボードのススメが載ってますよね。

私は実は、この本は買ってないんですが、去年だったかな、本屋さんで平積みしてあるのをパラパラ立ち読みしてたら、親指シフトキーボードのことが書いてあって、へー、と思った記憶があります。
ベストセラーだそうで、この本を読んで、親指シフトに興味を持って、キーボードを買って、始めちゃった人も、かなりいらっしゃるようですね。

ふーむ。

親指シフトユーザーの心配事。親指シフトが使える環境がこれからどうなるんだろうって事。

だって、親指エミュレーションという方法はあるけど、それだって、プログラムを作ってくださる人がいらっしゃってこそです。
でも、親指シフトキーボードで打つ快適さは、やっぱり格別なんです。だから、ハードとしての親指シフトキーボードが欲しい。でも、これって、木を削って作る、とか、そういうわけにはいかないんですよねー。

どこか、メーカーさん(富士通さんー)が作ってくれないとー。

そのためにも、ユーザーがそれなりの人数いる必要があります。

その意味で、影響力のある人が「おすすめ」してくださるってのは、いいことです。

ほかにも、どなたか、有名人で影響力のある人が、ベストセラーでおすすめしてくれないかなー。

FKB8579-661EV」は、現状、新品で購入できる唯一のキーボードのようで、貴重です。

できれば、機種依存しない、フルキーボードの親指シフトキーボードを、どこか製造発売してくれないかなー。
発売されたら(安い方がありがたいとは思いますが)、5万円までなら、買うよー。



|

« Macへ還る | トップページ | アマチュア無線の免許のこと »

電算室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/41598292

この記事へのトラックバック一覧です: 親指シフトキーボードを買ったよ:

« Macへ還る | トップページ | アマチュア無線の免許のこと »