« 出会いっていつだっけ | トップページ | おからこんにゃく、おいしそう »

2006/04/12

うちにある(旧)一澤帆布のカバンのことなど

4月6日の信三郎帆布さんの開店の様子を、あちこちのニュースで取り上げていたようですね。
整理券が出る人出で、盛況だったようでなによりでした。。。。行きたかったなぁ。

しばらくは、仕事関連が忙しくて、京都まで行けそうにないのが残念です。

さて、うちには海老茶色の麻のショルダーと、黒のショルダーがあります。グレーのもあったと思うんですが、引越しのときに行方不明に?
学生時代(大昔)は白いの(生成り)も持ってました。

それから、茶色の旅行カバンもあります。こいつは、中国にも一緒に行きました。うちにあるうちで、唯一、ファスナーを使った製品です。

ファスナーについては、以前、お店の方に「ファスナーは壊れるから、使わない」と聞いたことがあります。
そういえば、上記の旅行カバンは、一度ファスナー交換の修理をお願いしたことがありました。ファスナーの他はどこも壊れてませんでした。買ったのはもう、20年くらい前だと想いますが、いまでも旅行には現役のかばんです。

はじめて知ったのは、電車の吊り広告の「ビッグコミック」でした。ポケットが一杯ついた、大きな、ズックのショルダーバッグのポケットのひとつひとつに連載タイトル・作者名が。あれって、カバンに文字を縫い付けたのか、なにかで書いたのか、それとも合成か、どうだったかはよくわからないのですが、とてもインパクトがありました。

それからほどなくして、一澤帆布店を知ったんですよね。

ともかく頑丈。ひたすら頑丈。一般的な布カバンがミシン一回で済ますところを、何度も縫い重ねているから、丈夫です。丈夫さと、ポケットをたくさんつけることを重視するあまり、こじゃれた「デザイン性」を無視しているような、頑固な鞄です。

旧・一澤帆布(現・一澤信三郎帆布)さんの主力商品というか、もっとも特徴的なのは、ショルダーバッグだと思いますよ。さらに、肩ヒモを付け替えたら、リュックになる2ウェイバッグや、取っ手がついてて、片手で下げて持つ事もできて、ペンや傘を入れるポケットも付いてる3ウェイバッグもよろしいです。

そういえば、京都で働いていたとき、そこの社長に「キタナイ鞄」といわれたことがあったな。確かに使い込んで擦り切れていたが、しかし、その言い方はないだろうと思ったのを、今でも思い出します。ちなみに、その会社は、廃業したと風の便りに聞きました。ふっ。

ああ。ほんまに、お店に行ってみたいなぁ。5月にはいけるかなぁ。

-----------------------------------------
一澤信三郎帆布
http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp

一澤帆布加工所スタッフからのお知らせ
http://www.ichizawahanpu.co.jp/

一澤信三郎さんを応援する会(大徳寺真珠庵住職 山田宗正さん代表)
http://shinzaburo.info/wordpress/
ouen

|

« 出会いっていつだっけ | トップページ | おからこんにゃく、おいしそう »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

トラバ、ありがとうございました!
電車の吊り広告…おもしろいですね~。見てみたい。
私のショルダーは薄茶で、両脇、後ろ等にポケットが付いている為、こっちは携帯、あっちは定期入れ、それで鍵はここで…と活用しています。

投稿: 螢石 | 2006/04/12 23:09

その広告を見たのは、○十年も前です(笑)。もう一度見てみたいと思いますが、たぶん、残ってないのじゃないかなぁ。。。

投稿: 丹後ちまき | 2006/04/13 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/9552651

この記事へのトラックバック一覧です: うちにある(旧)一澤帆布のカバンのことなど:

« 出会いっていつだっけ | トップページ | おからこんにゃく、おいしそう »