« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の15件の投稿

2006/01/30

東横インって

あの社長会見には、びっくりした。

たいてい、言い訳したり、隠したり、形だけでも謝罪したり、するやん。
あー、条例違反してました。それくらい、みんなやってる速度違反みたいなもんでしょ。ばれたらしゃあない。えらいすまなんだのぅ。

てな感じ。まあ。すごーい。

駅の真上にあったりするビジネスホテルなので、駐車場はほとんどいらない、というのは、まだわからないでもないですよ。でもね、一度設置していた入口の点字ブロックを撤去していたというのには、あきれてしまいます。要するに、「来るな」ということでしょ。いいのかね。ホテルって、お客様商売じゃないの?

で、ちょっと気になってるんですが。。。

このホテルチェーン、消防法関係は大丈夫なんでしょうか。消火器、スプリンクラー、非常口、非常階段。ちゃんと基準をクリアしてるんでしょうかしら。

チェックしたほうがいいんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

差し込み端子と思ってたら

うちの古い古いふるーいラジカセの、マイク接続端子と思っていたのは、どうやら内蔵マイクだったようです。

なーんだ〜。

というわけで、、「通訳トレーニング入門」で、自分の声を録音してみました。

やっぱ、活舌悪いですね。英語の発音うんぬんより、日本語のサ行の音がきちっと出てないなぁ。

通トレですが、各週にテーマがあって、そのテーマに沿って、毎日いろんな素材を使って、いろいろな練習をしていくわけでありまして、その週の最後にはおさらいとして、通訳してみましょう、ということになります。関連語彙もそれなりに「頭に入った」状態になっているので、けっこうやるやん?みたいな感じになることもないではありませんでして、この、ちょびっと「あ、いける?」という感覚がうれしいような。これって、お勉強を続けるときに、大事だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

お道具をそろえなければ

実を言うと、「通訳トレーニング入門」には、必要な機材がある。

教材CDが再生できる機器は、もちろん必要。でもそれだけあればいいのではない。

それとは別に、CDの音声と自分の音声発声をあわせて録音して、自分で聞いてみるための、録音ができる機器が必要なのだ。

で。

うちには余ってるラジカセがあるから、それでいいやと思ってたんですが、そしたらなんと、マイク内蔵されてないんですよ。外部マイクを繋がなければいけないわけ。

いっそICレコーダ買っちゃおうかと思ったけど、データをPCに転送できるようなのになると、いちまんえんを超えてしまいます。うううう。ちょっとツライ。

というわけで、やすもんんんんんのマイクを買うことにしました。

ジョーシンさんから、来店したらお誕生日ポイント300円の葉書が来てたから、これ持って、、、今日のお出かけの帰りに寄り道することにしようと思います。JoshinWebの買物とポイントが共通だし。。。

2千円以内であるといいな。

Joshin webなら1万円以上のお買物で送料無料!ということなので、今回はお店へ。。。お誕生日ポイントは「来店ポイント」だし。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/23

大きな背骨が

アメリカ産牛肉、混入というから、かけらを見つけたのか、税関って、えらいなぁと思ってたら、あんな大きな背骨がそのまんま入ってたんですね。

あんなの見落とすなんて、へんだなと思ったら、担当者が制限事項を知らなかったとか。ま、あちらの本音は、背骨なんて、どうでもいいと思ってるみたいだけど。

完全に、舐められてますな。それでもアメリカに追従するんだろうか。

なんか情けないよね。

それにしても、アメリカに住んでいる人間に発病者が出ていないんでしょうか?
きっと、すでに何人かいるんじゃないかと思うんですが。

いまどき、上流の人は健康食品食べてるから、牛肉を食べるのは、そうじゃない人たちで、そういう人たちがどうなろうと、エライ人は気にしない、とか、そういうことなのかなぁ。それも怖いよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

免許更新に行ってきた

今日は免許の更新に行ってきた。

前回の更新のときは、誕生日1ヶ月前から受付けだったが、今度は受付期間が2ヶ月。2ヶ月前から誕生日までかと思ってたら、誕生日をはさんで、前後2ヶ月の間に更新、ということなのね〜。

というわけで、新しい免許証の更新期限は、誕生日より1ヶ月先になってる。なんか得した気分(笑)。

わたしは免許取得以来無事故無違反(これでもマイカー通勤していた時期もあった)なので、30分講習のみ。

前回の更新のときは、なにやらポスターや掲示を眺めるだけで、こんなの、意味ないなぁと思いました。

でも、今回は、運転中の携帯電話使用の危険を訴えるビデオを鑑賞し、それから道交法の改訂された項目、今後改定となる項目についての解説があって、これはよかったと思う。

免許証の写真、前回は髪がやや伸びていた頃。その頃に、ほとんど乗らなくなっていたマイカーを処分。そして今はすっかりロングヘア。もう5年たったんだねぇ、と改めて思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

久々にトライアルに応募

Ameliaの1月号の出版翻訳のトライアルに応募した。よっしゃーっ。

……ふう。

なんだかんだで、無闇に会員歴だけは長い(苦笑)。

今年の目標のひとつ、トライアルの課題に積極的に応募して、お仕事getするのよん。

まずは日々のお勉強と、課題の訳をしっかり書いて、応募すること。

※Ameliaについては、こちらからどうぞ〜。→アメリア・ネットワーク




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

TOEIC駆け込み受験

TOEICがこの5月から新問題形式に変わるということで、公開試験では最後となる3月試験。

この際だから、申し込みました。

今のところ、試験直前は仕事の予定なし。だから、勉強に専念できる?
でも、去年もそう思ってたら、なんやかんやと仕事が入って、けっこう忙しかったような気がするから、やはり、試験準備は早めに、しっかり抜かりなくやっておきたい。

なんでこの際かというと、ですね。

従来の慣れた試験形式は、これで最後なら、やはり受けとかなくては。。。次に受けるときは、新形式対策をしないといけないですからね。

それともうひとつ。今後の人生設計にも関わってくるのだな。今のメインの仕事は3月でおしまい。それ以降、「いい仕事」にありつくために、また、今後のキャリア設計のために…。
ここはひとつ、今の半端な、もうちょいで800なんですけど、残念、惜しかったね、というスコアを、もっとぐっとインパクトのある800以上にしたい。

しかし、そうなると。。。

しばらく、TOEIC対策っぽいことは、特段やってなかったので、やはり対策しなくてはいけないですよね。

試験問題集は、うちにある『TOEIC Test プラス・マガジン 01月号 [雑誌]』の模擬問題をやろうと思います。バックナンバーもたくさん買ってあるので、全部やったら、もう十分(たくさん?)かもしれない(笑)。

それと、『TOEIC TEST英文法出るとこだけ!―出題パターンを見抜く鉄則32』これは、試験までにしっかりおさらいしておきたいです。

ほかに、直前対策でおすすめの本は
TOEICテスト直前の技術―受験票が届いてからでも間に合う!11日間即効プログラム』これで、コツをつかんで、効率的に得点すれば、スコアアップできるはず。

TOEICテスト まるごとリスニング CD付』この圧倒的な問題量。実際には出ないような変にひねった問題は皆無の良質な問題でした。かならず全部やりましょう。直前にこれだけやると、頭がチューニングされる感覚がありましたよ。

TOEIC TEST英単語出るとこだけ!―得点に直結する最重要630語』単語がわからなくて、とか、語法問題で間違える、という人は、これをやっておくと、ぐんと伸びそう。

実戦模試 TOEIC Test「正解」が見える』本物そっくりの問題がいっぱい。

TOEIC TEST完全模試』いい問題がいいっぱいでした。写真問題に著者が。。。

---------------------------
※TOEIC試験については
http://www.toeic.or.jp/

※企業内などのIP試験は、試験形式は現行のままです。新形式の導入は、2007年度(2007年4月1日)以降の予定だそうです。なので、上記の対策本は、IP試験を受ける人には、まだしばらく使えます。

◎2月以降に受ける皆さん、新問題の対策本は
TOEICテスト新公式問題集

New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/16

通訳入門トレーニングVol.2に突入

通訳トレーニング入門」Vol.2の初回の感想。

日本人が口にする「すみません」は、I am sorry.ではない。

日本人が「だった」と言っても、英語で過去形になるとは限らない。

うーむ。なるほどな〜。違う言語だから発想が違うってことを、短いダイアログに盛り込んでるのがすごいわっ。使われている英語は、やさしいけど、内容は深いです。

詳しく知りたい人は、ぜひ受講しましょう〜。

従来タイプのTOEICは3月で最終。受けようかどうしようか迷ってたんだけど、この講座をみっちりやっておけば、3月にTOEIC受けても、前よりよくなりそう。やっぱ、受験申込みしよう…。

-----------------------
※受講申込みは、下記から。テキストや音声の内容見本も下記にあります。
通訳トレーニング入門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

引っ越してからずいぶんになるが

引っ越してから、かれこれ3年になるのだが、今年も旧住所宛の年賀状が転送されてきた。

うーん。

転居したのが年末だったから、年賀状を転居通知に充てたのが、いまにたたっているのだろうか。
でもね、去年も、おととしも、「転居したんですぅ」って、葉書を出しているんですけど。

振り返って、私自身、移転や転居の通知を受け取って、その場で住所録の修正をしているかというと、必ずしも荘ではないような。。。反省してます。

また、複数の住所録が存在し、古いデータのものを使ってしまう場合もあるだろうなぁ。。。

そういえば、市町村大合併で、住所がわけわかめ。


市町村合併が行われる住所の郵便番号一覧

いちおう、郵便公社のHPでちぇっくしたけど、漏れもあったかもしれないなぁ。でも、あんなにあちこち変わったら、把握しきれないよねぇ。もし違う表示で送ってしまったのがあったら、お知らせいただけると助かります。。。

でも、うちの場合は、3年前の転居なんですよねぇ。

ところで、一昨年までは転居依頼を郵便局に出してたんだけど、去年は、もう、ええやろと思って出してなかったのに、こうして届いたわけで、郵便局のほうで気を利かせて、転送してくれたようだ。配達をサボったりする不祥事がニュースになったりするけど、でもやっぱ、こういう細かいところもカバーするサービスがありがたいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

99%の誘拐ということは100%ではないということであって

仙台市の乳児誘拐事件の犯人はの推理小説『99%の誘拐』を真似たとか。下記は毎日新聞のサイト。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060111k0000e040062000c.html

でもこの本は元々1988年に出た本なんですよね。昨日どこかのTVで誰かが言ってたけど、逆探知に5分かかるから、うんぬん、なんて場面があるらしい。今はデジタル回線なので、瞬時に特定できるそうな。今回の事件の犯人は2分くらいで電話を切りながら移動していたのだけど、その努力(?)は、無駄だったわけです。

過去の営利目的の赤ちゃん誘拐の場合は、誘拐犯から赤ちゃんを預かった人がいて、その人は、もしかしてこれって誘拐??と心配しつつ、赤ちゃんの世話を懸命にしてた、という話だったような気がして、今度もそうして無事に子どもが帰るといいなと思ってました。下記ニュースサイトによると、1歳未満の身代金目的誘拐事件は過去3件で、いずれも赤ちゃんは無事だったそうです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060109k0000m040089000c.html

なんにせよ、赤ちゃんが無事でなによりでした。

営利誘拐なんて、うまくいかないんです。犯罪は割りに合わない。Crime doesn't pay.

ちなみにアメリカ推理小説家クラブMystery Writers of America, Inc. (MWA) のスローガンは "Crime Does Not Pay - Enough"というらしいです。

なんか「 Enough」がついてるとこが、ビミョ〜だなぁ。ミステリはフィクションですからね。現実と一緒くたにしちゃ、だめよんってことやろか?

同クラブのスローガンは、下記参照(ページのなかほどに)
http://www.mysterywriters.org/pages/about/history.htm

似たような言い方ですが、CRIME NEVER PAYSというタイトルのミステリ短編集があるんですね。『Crime Never Pays (Oxford Bookworms Collection)
この本Oxford Bookworms Collectionなので、用語解説などが付いております。Arthur Conan Doyle, Agatha Christie, Ruth Rendell, Dorothy L Sayers, Patricia Highsmith, Graham Greeneら、そうそうたる顔ぶれ。読んでみよーかな。

セブン-イレブン受取りで手数料無料!セブンアンドワイ→『99%の誘拐icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

うーんまとまらない

週刊STの「これであなたも英文記者」の次(1月13日号)の課題が「今年日本に起こって欲しい変化」なんだけど、うーん。思いつかない。一つだけ例を挙げてというのが、かえってむつかしー。

仕事に年齢制限するな〜とか、挨拶しよう、とか、希望の持てる雰囲気がほしーとか、キナ臭い方向にいくのやめてよ〜とか、税金の無駄遣いやめろ〜とか。ありすぎて、まとまらないなぁ。

挨拶といえば、子どもは「知らない人」は一切無視しろってのが今風なんだっけ。これは悲しい。で、思うんだけど、事件って、ほんとーに「知らない人」じゃなくて、顔見知りの犯行の方が圧倒的に多いはずなんだよね。だから、子どもに「知らない人に気をつけろ」と注意するだけでは、足りないと思う。

ちょっと話がそれましたな。

とりあえず、締め切りは1/13なので、もうちょい考えてみよう。思いついたことを、その都度手帳に書き出しておけば、明日には、って、締め切り、明日かぁ。ううう。

--------------------
※応募作の講評や優秀投稿者名がSTに掲載されますから、応募する人は講読されることをオススメします。そのほうが、断然楽しいです。なお、駅売りでも買えますが、週刊STの定期購読が安くて便利です。→「週刊ST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

今年の抱負に追加

英単語一日一語の日めくり『The American Heritage Dictionary Of The English Lanuage Word-a-day 2006 Calendar』のJanuary/3/Tuesdayは、"dilly-dally"という、ちょっとくだけた単語でした。これは動詞。

これね、時間を無駄にする、特に"in indecision; dawdle or vacillate"ということで、ぐずぐず、決められない、だらだらする…だ、だれのこと(汗)?

というわけで、年頭の抱負に、dilly-dally撲滅を追加いたします。

   Stop dilly-dallying and do it now!

ほかの抱負は、
New Year's Resolution
・整理整頓(get organized)
・MOT全科目制覇
・英検1級合格
・TOEIC800超え
・翻訳者本格デビュー
・有言実行

今年はほんまに性根を入れてやらなくちゃ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

カレンダーのセール

カレンダーが2割引につられて、ナガサワ文具にてカレンダーを購入。

まずは月間カレンダーの「C122 能率カレンダー壁掛け18
下半分が年間カレンダーになっているので、便利だと思ったのよね。

ところが家に帰ってから気がついたんだけど、左端に日曜日で右端が月曜日の日曜スタート。実は長年愛用の手帳の月間レフィルは、月曜スタートなのだ。やばいなぁ。
昔、手帳を変えたとき、このスタート曜日が違っていて、曜日を間違えてしくじったことがあったんだよねぇ。

曜日を勘違いしないように、注意しよう。。。

さて、2割引だったので、他のも2点、買ってしまいましてん。

ちょっと気になっていた日めくり「脳を鍛える大人の音読カレンダー 2006―日めくり (2006)
大きい活字で振り仮名付き。毎日名作文学を鑑賞しつつ、音読して脳を活性化する。毎月チェックテストが付いているのもいいねぇ。この日めくりは、千切っていくのだけど、捨てないで取っておこう。テストはファイルしておくと、頭が良くなったか悪くなったかが、一目瞭然だし。ただ、難点は、日めくりとしてはやや大きめなので、ずしりと重い。落下しないように設置せよと、わざわざ注意書きがある日めくりなんて、珍しいね。
とりあえず、Zライトの途中に引っ掛けているんだけど、これはあくまでも間に合わせ。強力なフックをどこかに取り付けないといけないなぁ。

もう一つは、視力回復目筋体操ができるカレンダー「目の体操/若桜木虔 2006年度 カレンダー
最近、どうも疲れ目気味で、視力低下が心配。来月は免許の更新だし。。。

というわけで、年が明けてから、カレンダーがやっと揃ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

今年のカレンダー

今年、私が用意した日めくりは2つ。二つとも語学系であります。

机の上に『The American Heritage Dictionary Word-a-day 2006 Calendar』、トイレには『講談社パワー・イングリッシュ特別編 これを英語で言えますか? 日めくりカレンダー2006年度版』。

講談社パワー・イングリッシュ特別編 これを英語で言えますか? 日めくりカレンダー2006年度版』は毎日お題が出て、答えは翌日分に。これ、星取表を付けると面白いかも。

実は、大晦日の夜中、日めくりをトイレに置こうとして、「置けない」のに気がついた。
うちのトイレは座った前が作りつけの収納で、その上に小さなお手水。日めくりはその左側に置こうと思ったのだが、この日めくり、壁掛け用の小さな穴のあいたボール紙がボール紙の台についているものの、「立てる」仕掛けが付いていなかったのだ。
ちょっと気がつくのが遅すぎ(笑)。

このままではトイレに置けない。壁に穴あけてフックをつけるのはいやだし。どないしょ。。。

まてよ。そういえば、『The American Heritage Dictionary Word-a-day 2006 Calendar』は、日めくりが黒いプラスチックのスタンド斜めに立掛けてのっている。去年も同じのを買っていたわたしの部屋には、ちょうどスタンドが「余って」いた。これを使おう。

というわけで、『講談社パワー・イングリッシュ特別編 これを英語で言えますか? 日めくりカレンダー2006年度版』をのせてみたら、ぴったり。よしよし。これでいこう。

calendar_in_toilet

こんな感じです。

さて、部屋の壁に貼る月間カレンダーは、まだない。これについては、1〜2月、カレンダー類が値下がりするのを待って、購入の予定(笑)。

※上記の写真を撮ろうと、ひさびさにデジカメを稼動。これまでは、自分で撮影した画像をブログに掲載してませんでした。なんとなくめんどくさいな〜と思ってたんですね。でも、やってみたら簡単〜(笑)。

これからはちょいちょい、写真載せようと思います。

---------------
講談社パワー・イングリッシュ特別編 これを英語で言えますか? 日めくりカレンダー2006年度版』は講談社発行の書店専用バージョン。
トライエックス版の『日めくり これを英語で言えますか? 2006年度 カレンダー』と内容は同じだそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/01

新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年は終盤、ちょいと更新が途切れがちになってました。
今年はもうちょい、密度の濃い充実した日々を心がけ、書きたいネタが一杯になるようにしたいと思います。

元日に届いた年賀状を拝見しておりましたら、このブログを見ていただいている旨書いてくださっている方々がありました。

ありがとうございます。

読んでいただいた方に楽しんでいただけるブログを目指したいと思いますので、よろしくです。

さて。
今日は、初詣に行ってきました。こちらは戎神社の門前町でして、初詣よりも十日戎の方が、はるかにたくさんの人が参詣に訪れます。十日戎がメインイベントで、初詣は前哨戦のような感じがしますねぇ。露天も十日戎の方がずっと多いです。

今日は晴天でした。午前中にちゃーっと行ったので、割とすいてましたが、午後からは朝の倍以上の人が、近所を歩いていました。それでも十日戎のときのあの大混雑に比べたら、のんびりした雰囲気です。

また、十日戎のときは交通規制があるんですが、初詣では、そこまでしません。でもね、参詣客が大勢歩いてるのはわかっている区域にマイカーで入り込んで、クラクション鳴らすのはやめてほしいです。
ちょいと迂回したら、すいすい通れるでしょうに、なんでわざわざこの時期、人がいっぱい歩いてるのがわかってる道に、車で突っ込んでいらっしゃるんでしょうねぇ。かえって時間がかかると思うけど。へんなの〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »