« すぐに全部は観られないけど | トップページ | うがい »

2005/11/17

みんなが手帳の本を書く

年末にかけて、手帳やカレンダーのシーズンなわけで、手帳や手帳本がいろいろ出てますね。

知識ゼロからの手帳術』って、あの「島耕作」の弘兼憲史さんの手帳術だそうです。なんで「島耕作の手帳術」ってタイトルにしないんだろう?その方がインパクトあると思うんだけど。「時間にこだわる頭のいい人&できる人必携!」だそうです。

でも、「メインの手帳を一つ決める」「何から手を付けるか明確にする」「マーカーや色ペン・記号やシールを使う」「変更になった予定も消さない」「ゴールを細かく設定する」「手帳に日記をつける」って、みんなどこかの本に書いてあるんですけど。…といっても、巷の手帳本は、みんなその意味で、どれもが似たり寄ったりであります。むしろ弘兼漫画ファンの人には必携というべきかもしれませんね。
「毎日9回手帳をチェックする」ふむ。回数を指定したところが画期的かも。

ええと、今考えてみたんですけど、
「朝起きて、出かける前、電車・バスの中、勤務先到着時、昼休み、休憩中、帰宅直前、帰宅途中、寝る前」
これで9回だ〜。弘兼さん、これで当たってますか?

みんなの手帳―選ぶ・使う・極める!』これは、いろんな人の手帳の使い方を紹介した本。こういうのは、手帳マニアにとっては、見てるだけで楽しかったりします。参考になるのがあれば、やってみるよろし。

|

« すぐに全部は観られないけど | トップページ | うがい »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/7160158

この記事へのトラックバック一覧です: みんなが手帳の本を書く:

» 知識ゼロからの手帳術/弘兼 憲史 [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
知識ゼロからの手帳術弘兼 憲史 幻冬舎 (2005/11)Amazon.co.jp で詳細を見る 手帳に知識があったのか、と逆に再認識。 島耕作シリーズの作者だけあり、ビジネス的ツールとの親和性は高いように思いました。 ビジネスマンの漫画キャラが表紙にあるのもポイント高い。 内容は、手帳ノウハウのツマミ食い的。 「知識ゼロからの」というコンセプトにはぴったり合っていると思います。 年明けて予定を立てることも多い時期なの... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 08:58

» 1冊でも十分な内容 「知識ゼロからの手帳術」 [ハムりんの読書  おすすめの本]
『知識ゼロからの手帳術』  感想☆☆☆☆ 弘兼憲史  「島耕作シリーズ」の作者、弘兼さんが書いた  手帳の使い方の本です。  内容的には、この本オリジナルのような提案は少ないんですが、  見開きでコンパクトにまとめて、  しかも十分な提案をしています。  手帳の使い方を考えてる人にとって、十分な入門書です。... [続きを読む]

受信: 2006/02/11 16:07

« すぐに全部は観られないけど | トップページ | うがい »