« 英検1級ギリギリ…… | トップページ | 関西から離れたらきっと生きていけない »

2005/10/17

英検1級の問題のこと

kinoko1027さんの《手記 Journal》のOctober 16, 2005「英語検定1級」から、うちの昨日の「英検1級ギリギリ……」にTBいただいて、コメント書きかけたんだけど、長くなりそなので、別記事書いてTBします。。。


TOEFLはやったことないので、よくわかんないですけど、確かに英検の英作文は「簡単」なんだと思います。細かく指示・指定がありますからね。
でも英語で小論文なんて、留学しようとか、理系で英語で論文書かなきゃとかいう人は別として、ほとんどの人は書いたことないから、こういう形にしないと無理なんじゃないかなぁ。
(もしかしたら、英文科のせんせーでも、自分で英語で論文書いたり、、、、してるんだろかね?)

それはさておき。

語彙問題。知らない単語ばかり。英検の準1級でも、ええかげん見たことない単語が多かったが、1級の問題ときた日にゃあ、これはもう、カルトQよ。
ぜえったい、知らない単語ばっかり出てくる。前回この第一関門では、25点中見事9点に終わった私、自慢じゃないが知っている単語は、1つあったかどうか、いや、やっぱり全部知らない単語だったような気がする。

今回、辞書で調べてみたらどうやら15点ほどいけたようなんだけど、ほとんど知らない単語ばかりだったもんね。
で、どないしたかというと、この単語のこの響き、そんな意味になりそな感じがする、これ、これで選んで行ったのである。ヤマ勘よ、やまかん。それで半分以上当たったら、上等ですがな。

ところで、なぜか持っていた植田一三先生の10年位前の英検対策書(当然絶版なんだけど、古書価格がすごいことになってて、びっくり)には、語彙問題を得点源にしようなんて書いてあったりして、そゆこと言ってる他の先生もいるような気がするけど、とんでもない。冗談はよしこさん(死語)。
いくらボキャビルしても、知らない単語ばかり出るんだから。ボキャビルはほどほどにして、他で得点することを考えたほうが得策だと思いますね(キッパリ)。

それにしても、リスニングの長いこと。最初のほうで、選択肢の答えが出た後、まだ延々話が続いているのがちらほら。どんでん返しがないかどうか、いちおう頭の半分で聴きながら、もう半分で次の問題の選択肢の先読みをしてたりしました。でももしかしたら、ちゃんと聴いとかないとしくじるようなひっかけが内蔵された問題だったら、どないしょって、もう遅いけど(汗)。

kinoko1027さんも書いてるけど、英検は、筆記で精根使い果たして疲れ切った脳みそにとどめを刺すように、後半がリスニング。

去年受けた準1級のときは、集中力が品切れ。リスニング試験の途中で意識がどこかへさまよってました(笑)。

なんで集中力が切れたら命取りのリスニングが後回しかというと、これは想像ですが、昔の英検では筆記がメインで、聴き取り試験はオマケ、付け足しっぽい位置づけだったんじゃないかと思うんですね。十数年前に受けた準1級では、最後にちょこっとテープを流して、ちゃちゃっと選択肢選んで、試験終了、ごくろーさんって感じでした。
でも、だんだんリスニングの問題が膨らんできてますからねぇ。将来的には、試験の順番を変更するか、休憩時間を入れるかして欲しいところです。

最後に。。。今回の問題に株の話があったなぁ、英作文はインターネットの話だったし。問題作成はいつ頃にやってるのか知らないけど、なかなかタイムリーではありました。

|

« 英検1級ギリギリ…… | トップページ | 関西から離れたらきっと生きていけない »

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

コメント

英検1級にはかなり昔に合格しましたが、現在とは多いに違うので私のコメントが参考になるかどうかわかりません。ただ、筆記試験もさることながら面接はやっかいです。いきなりテーマを与えられて要領良くストーリーをまとめないといけません。「こんなやり方で会話能力は測れないよ」と思っていても、試験である以上は出題に合わせて自分の力を出すしかないのです。

何はともあれ出題に慣れるしかありません。

投稿: 舎 亜歴 | 2005/10/17 23:26

そうですね。出題にあわせてその中でいかにして得点に結びつけるか。
まあ、私の場合、まだまだそれ以前の段階かもしれないですけど。
二次試験はいわゆる「口頭試問」ということで、表現力と質疑応答をみるのが狙いなのでしょうね。
ま、二次試験は一次突破してからの話ですから、たぶんまだ先の話ですが。

投稿: 丹後ちまき | 2005/10/18 11:42

こんにちは~。どうもお疲れ様です。二次浪人中なものでさっぱり一次のことうとかったのですが、やはり今週でしたか・・・。

一級のリスニングそんなに長いですか(アングリ)。準一級だけでもういっぱいいっぱいなのでなんだかもう想像もつかない世界ですね。

私は来月準一級二次試験なのになぜか外人講師に一級問題出されて泣かされてます。二分スピーチ(でしたよね)って意外と三分割して考えるといいような気がしました(序破急(この場合は結かな?)という奴ですね)。

しかし私が一級二次など受けることはないでしょうが――。丹後さんがんばって下さいね。

投稿: Anchorsong | 2005/10/19 19:23

Anchorsongさん

試験会場特有の心理で、長く感じるというのもあったとは思いますが、でもやっぱり長いです。でもかえって「一言一句聞き逃してはいけない」じゃなくて、大筋を掴めばいいということかもしれませんが。
1級の二次は三分割で考える。なるほど参考になります。ちゅうても、まだ一次合格してませんけど(笑)。
それにしても、準1受けるのに、1級用の二次対策ですか?試験形式が違うのに、だいじょうぶですか?後半の質疑応答のお稽古は同様だとは思いますが。「お話つくり」のお稽古も怠りなきよう。

投稿: 丹後ちまき | 2005/10/20 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/6436795

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級の問題のこと:

« 英検1級ギリギリ…… | トップページ | 関西から離れたらきっと生きていけない »