« あっちも書かなくてはいけないなぁと | トップページ | 優勝セールが始まる前に »

2005/09/26

来年の手帳のレフィルを確保

バイブルサイズのシステム手帳を使っている。ここ数年は、特定のレフィルを組み合わせている。同じものが入手できないと、私としては非常に困る。なので、昨日、梅田の本屋さんでもう2006年版が出ているのを見て、買ったのだった。ふう。これで来年はだいじょうぶ。

どうやっているかというと。

簡単に言うと、フランクリン・プランナーのやり方を、アシュフォードのレフィルを使ってやっているのだ。ちょっとアレンジもあり、一部フランクリン・プランナーのレフィルや、ページガイド、Bindexやほかのレフィルも混在している。

まずは、2ページ見開き、スケジュール左メモ右のデイリーレフィル→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 ディリープラン(見開き1日)

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 ディリープ...

それから、月見出しタブと月ごとにトビラがある→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズ 月間ダイアリー(index&メモプラス)

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズ 月間ダイアリー(index&メ...
これのトビラ裏のメモ用ページにポールペンでMaster Task Listだの、Parsonalだの、BusinessだのMonthly Goalsだのと書き込んで、フランクリン式風にしております。

それから、これ→2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 月間プランニング

2006年版システム手帳用ダイアリーアシュフォード バイブルサイズダイアリー2006 月間プラン...
これにその月に進行中のお仕事の日程、納期や出勤日などをマークしておきます。別々の勤務先、クライアント様の仕事が別々のスケジュールで進行するので、マンスリー・カレンダーに予定を書くだけでなくて、こういう形で一覧できるようにしておくと、「仕事してるぞ〜」という気分(笑)。


あとは、、Bindexのバイブルサイズ用の二つ穴のレフィル保管用バインダー。
それから、フランクリン・プランナーの「スターター・パック(日本語版)コンパクトサイズ

これで、もろもろの目標の仕切り直し。。。。

とりあえず、これにて、来年分の手帳のレフィルが揃いました。めでたしめでたし。

※関連してるようなしてないような。。。四つの定義「refill」

で、そのときに買ってしまった(笑)本は下記の通り。
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100icon
Writing to Communicate: Paragraphs and Essays

ああ、英検1級の英作文、どうしよぉ。。。


---------------------------------------
◎フランクリン・プランナーについては、こちら→フランクリン・プランナー

◎手帳がいろいろ揃っているナガサワ文具センター→《ナガサワ文具センター》「システム手帳

|

« あっちも書かなくてはいけないなぁと | トップページ | 優勝セールが始まる前に »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/6130639

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の手帳のレフィルを確保:

» 英検の英作文ってもしかして [ひぐらしの日々]
東大っぽかったりするんだろうか? だって、英検1級って、特に語彙問題が無闇矢鱈とむずかしいよね。ね? 新聞広告見て、買っちゃいましたよ(笑)。モデルになった予備校講師による英作文用例文集。 解説の一部に日本のガッコで教えられている、ちょっと????なエイゴがあるような気がするけど、英文そのものは英米人のチェックが校閲してるそうだし、100文だけ覚えておけば、とりあえず英語で文章が書けるかもね。 CDはよくできとります。 女性による日本語のナレーションの後、英語が男性と女性が各1... [続きを読む]

受信: 2005/09/26 20:17

« あっちも書かなくてはいけないなぁと | トップページ | 優勝セールが始まる前に »