« エレベーターの謎 | トップページ | どっちのサイトのせいなのかそれとも »

2005/09/04

パソコンスクールいろいろ

インストラクタへの道も、いよいよ本格化しつつある今日この頃。

これまでもいろんなパソコンスクールを見てきました。見学だけとか、実際に受講生として通ったり、面接に行ったり、仕事をしたり。。。おなじ「パソコンスクール」と言っても、「元々何の学校だったのか?」で考えると、その学校の特色がわかるように思います。

というわけで、独断と偏見で、ざっくり分類してみました。ご笑覧ください。

1. コンピュータースクール系
 電子計算機と呼ばれた時代からの学校。ソフトやハードの技術的なことは、さすがに強い。しかし、エンドユーザーレベルの運用のコツみたいな細かいこと(エクセルで見栄えのいい表を手早く作るとか)は、もしかしたら弱いかも。「わたしはパソコンのことは、よくわからない」と言い切る先生がいたりする(実話)。
 コンピューターのプロを目指す人のスクール。情報処理資格のハイレベルなものを狙う人向き。

2. タイプ・ワープロスクール系
 ワープロ検定合格者数を競ってきた。タイプライター→ワープロ専用機→パソコンという時代の流れに対応し生き残ってきた。日商などの検定合格のノウハウには自信あり。

3. 経理学校系
 簿記・会計などのスクールが、OA化の進展に伴い、パソコン教室を開設したと思われる。資格・検定に力を入れている。

4. パソコンスクールからスタート系
 パソコンの普及が進み、職場で一人一台、個人で購入する家庭も増えて以降、個人経営やフランチャイズで展開するスクールが登場。初心者向けスクールを標榜する学校が多いが、資格コースを設ける例もあり。

ほかに英会話スクールのオマケとか、いろいろあるようです。

※なお、上記がすべてをカバーしているわけではありません。ほんのお座興でございます。念のため。

|

« エレベーターの謎 | トップページ | どっちのサイトのせいなのかそれとも »

電算室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/5784266

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンスクールいろいろ:

« エレベーターの謎 | トップページ | どっちのサイトのせいなのかそれとも »