« アルクブログがリニューアル | トップページ | なんでうちが検索で »

2005/08/18

阪神タイガース勝利の英語例文

検索ワード「ジーニアス タイガース」でアクセスがありました。ジーニアスって、辞書の?

アクセス元の検索サイトを見たら、「ジーニアス和英辞典にこんな例文が」と話題になってるんですね。7月にタイガース公式サイト掲示板(ボードルーム)などで話題になっていて、8月のつい最近にテレビのトリビアで取り上げられたらしい。。。

うちにもジーニアス和英搭載の電子辞書があったので、見たけど、古かったらしく、赤星が二塁打の例文は収録されていなかった。。。

買いますかねぇ〜(笑)


2003年阪神優勝の年に神戸の大学で編纂作業が行われたため、選手もそのときの懐かしい名前が出てくるらしいです。

でも、うちには、長期低迷の最中(2002/10)によくこんな例文がと思う本があります。

ネイティブに会う前の10分音読
P102のテレビで野球観戦をするときに使う表現から

試合は巨人阪神戦。登場人物は二人。一人は巨人ファンでもう一人は阪神ファン。
最初、3:1で巨人がリードしていたが、タイガースの攻撃で、

・次は4番バッターです。
The clean-up hitter is up next.

・大きい、大きい、やったあ! スリーランホームラン!
There it goes, It's gone! A three-run home run!

・タイガースがジャイアンツに対照大勝しました。
The Tigers won a come-from-behind victory over the Giants.

・とても面白い試合でしたね。
It was a very interesting game, wasn't it?

こんな例文が載っています。

この部分だけですけどね。。。

※「大賞大勝」という言葉にまだ慣れていないのかもしてない。なぁ、大将、そやね(と誰にゆうとんだか)。

|

« アルクブログがリニューアル | トップページ | なんでうちが検索で »

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 本当に例文では「対照」だったんですか?

投稿: ごまめ | 2005/08/18 20:02

ごまめさん

大勝なんて、縁がなかったあの幾歳月の長き日々に。。。合掌。

投稿: 丹後ちまき | 2005/08/19 07:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/5522800

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神タイガース勝利の英語例文:

« アルクブログがリニューアル | トップページ | なんでうちが検索で »