« ♪英語で定義しよ♪のお題「woven wood shade」 | トップページ | ブログ再編成(英作文・本の独立)します »

2005/07/20

パラグラフライティングの本学習中

ケリー伊藤氏の『英語ライティング講座入門』、『英語パラグラフ・ライティング講座』にて、ぼちぼちお勉強しています。

「入門」は、センテンスごとの作文です。文法項目ごとにまとめてある練習問題を、書いていったり、説明を読んだり。ああ、こんな風に書くのか、と、目をぱちくりすることもあり。なかなか楽しいです。

「パラグラフライティング」は、語句を分類する演習から始まり、文を分類する演習を、主観・客観、具体・抽象、Topic・Detailで分けていきます。これも頭の体操で楽しいです。

英語のライティングは、パラグラフには異なる要素を混ぜてはいけない、とか、最初にトピックセンテンスを持ってきて、その後に説明文を続ける、とか、わかりやすい文章を書くためのルールがあります。そういう文章構成の基本を身につけるための演習を、繰り返し行っていくようになっています。

日本の英語学習書にはみんな載っているけど、実際には使われない構文なんてのも、いっぱい載ってます。かの有名な「鯨」とか。
で、as ifも使わんと書いてあったけど、小説には頻出してますよ。あ。「英文ライティング」と、「小説の英語」は、別の世界の話ということなのか。そうだよね。うん。

ケリー伊藤氏は、日本生まれだけど、アメリカのラジオで仕事をしていた方。シンプルでわかりやすい英文で、英語らしい英文を書く、プレインイングリッシュを提唱しています。実は、むかし、某翻訳学校がやってたラジオ講座で、氏のお話、聴いたことあるんですよね〜。日本語より英語が得意なのかなって思いましたっけ。ずいぶん昔の話ですけどね。

そそ。英文ライティングの練習、という意味では、つれづれなるままに書く英文日記は、役に立たない、とも書いてらっしゃいます。まあ、それはそうなんだけど。とりあえず書いてみる、のはそれなりに意味はあると思うのよ。ライティングのお稽古としては、またそれとしてやればいいんじゃないかな。

ケリー伊藤著『書きたいことが書けるライティング術』英文ライティングの秘訣がコンパクトにまとめられている本。これを読むと、あなたの書く英文が変わる、かもしれない。

※関連 7/11「秋の英検1級に備えて英文ライティングの本買いますっ

|

« ♪英語で定義しよ♪のお題「woven wood shade」 | トップページ | ブログ再編成(英作文・本の独立)します »

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

英作文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/5061206

この記事へのトラックバック一覧です: パラグラフライティングの本学習中:

« ♪英語で定義しよ♪のお題「woven wood shade」 | トップページ | ブログ再編成(英作文・本の独立)します »