« 寒天ブームが去ったそのときに | トップページ | 優勝しなかったら○○します宣言 »

2005/07/06

いろんな切り口がおもしろい

週刊の英字新聞週刊STの「これであなたも英文記者」の担当者が替り、出題形式が変わりました。

今後は3人の担当者が、それぞれ違った切り口で「英作文」の問題を出題するんですね。1週目は単語の定義、2週目は短文の英訳や一部自由英作文。3週目はスポーツ記事のリード文。

ともあれ、三者三様、これはこれでおもしろそうです。できるだけ毎回参加したいと思います。

昨日配達された7/8日号には、二人目の出題者の課題が掲載されていました。さっそく、これから応募するつもりです。「電車で見た人」ネタを書いちゃおうっと。ふっふっふ(謎笑)。

これであなたも英文記者」から応募可能ですが、講評は紙面で行われるので、参加するなら、STを購読したほうがいいと思いますです。

講読はこちら→週刊ST

|

« 寒天ブームが去ったそのときに | トップページ | 優勝しなかったら○○します宣言 »

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/4850737

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな切り口がおもしろい:

« 寒天ブームが去ったそのときに | トップページ | 優勝しなかったら○○します宣言 »