« ♪英語で定義しよ♪のお題「soy(大豆)」 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「affiliate(関連会社)」 »

2005/07/10

英文ライティングを身につける方法って?

昨年度から、英検の1級にエッセイテストが導入されました。大学入試の小論文みたいなのを、英語で書くんですよね。でも、学校の英語の時間では、そんなの習ってないですよね。

英語による発信の教材は、いろいろあるんですよ。植田一三先生の『発信型英語スーパーレベルライティング―日本人学習者の弱点を克服する技術とトレーニング』、『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』は、Amazonでも英検の本を検索したら、トップに出てきたりします。評判いいらしいです。植田先生の本は、ほかに『英語スピーキング スキルアップ BOOK

でもね、みんな内容が高度でむずかしすぎます(おいおい)。まあ、英検1級を受ける人が頼りにする本だから、レベルが高いのは当然っちゃ、当然かもしれませんが。

あれでお勉強できる人は、すでに相当の実力者です。わたしなんか、本開いて見てるだけで、めまいがしてきます(タメイキ)。

もうちょっとやさしいところから、というと、今度は一気に「とってもやさしい」になっちゃうんです。1文ずつの和文英訳。基本の5文型で入れ替え英作文しましょう、とか、英語らしい表現を使って、とか、でもセンテンス単位がほとんどです。まあ、最初の一歩ではあるんですが。

その点、ケリー伊藤氏の『英語パラグラフ・ライティング講座』は、

目次が

 第1章 準備編情報の整理
 1.Paragraph とは
 2.情報の整理
  (1)語句を分ける/(2)文を分ける主観・客観/(3)文を分ける抽象・具体/(4)文を分けるTopic 別
 第2章 実践編構成の仕方
 3.Topic
 4.Topic Sentence
 5.Detail Sentence
 第3章 応用編論理と技術
 6.自由

という流れで、センテンス作文の次に進むための本として、よくできています。

同じくケリー伊藤氏の『英語ライティング講座入門』と併せてお勉強するのがおすすめですね。

あと、同じ著者の『書きたいことが書けるライティング術』は、上記の2冊のエッセンスがコンパクトにまとまっている本ですな。上記2冊には演習がみっちりあります。


週刊STの「これであなたも英文記者」は、担当者が3人体制に替わり、一文以上になる課題も出るようで、センテンス作文のお稽古と、その次へのステップにいいかもしれません。
(「これであなたも英文記者」から応募可能ですが、講評は紙面で行われるので、参加するなら、STを購読したほうがいいでしょう。◎講読はこちら→週刊ST

うちのブログでも♪英語で定義しよ♪なんてタイトルつけてやっています。あれもいい練習になるとは思うけど、英検1級英作文対策ちゅうと、ほかにもなんかやらんといけないですよねぇ。


まあ、ざっと見たところ、英文ライティングのお勉強の本や、切り張り英文レターを書くための本などは、あるんですけど、英語で通じる文章が書けるようになるまで、みっちりお稽古ができる、というのがあまりないように思います。

なんで出さないんでしょうね。教材にまとめるのがややこしくて、めんどくさいのかな?


※♪英語で定義しよ♪でやっている四つの定義方式は、身の回りの具体的な「モノ」にはいいのですが、抽象名詞などは、ちょっと無理があるんですよね。三題話みたいなやり方のも取り入れてみようかなぁ。などと、思案中です。どないしょ。

|

« ♪英語で定義しよ♪のお題「soy(大豆)」 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「affiliate(関連会社)」 »

英作文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/4901616

この記事へのトラックバック一覧です: 英文ライティングを身につける方法って?:

« ♪英語で定義しよ♪のお題「soy(大豆)」 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「affiliate(関連会社)」 »