« 親指シフトで打てるようになる最短練習法 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「qualification」 »

2005/06/04

♪英語で定義しよ♪のお題は「exam」

本日の♪英語で定義しよ♪のお題は「exam」です。
ちょこっと英作文。あなたの頭の中の英語を活性化しましょう。

Word: exam
Type: This is a test.
Appearance: Scools or testing agencys do this, usually using test paper, some of this is computer-based.
Place: You can take this at school.
Use: You can get qualification by taking this.

*exam = examination の省略形

試験というといやな思い出をお持ちの方も多いかも。
学校では、しょっちゅう試験を受けていたし、それで成績がついたわけで。学校を出てからも、何かと試験を受ける機会があります。

試験を受けるからには、やはりいい結果を残したいものですね。


試験勉強中の皆さん、がんばりましょう!!!


※右サイドにスクール情報サイトなどのバナーを置いています。スクール選びの参考になれば幸いです。


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントでご参加ください。♪英語で定義♪いたしましょう!
※※♪英語で定義しよ♪は、移転しています。「四つの定義」をご覧下さい。


--------------------------
先日『Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)』の2003Ver.を受けてきました。(巷では、MOSで通ってますが、MOUSの様な正式略称ではありません。念のため)。
2003からは、シュミレーション試験となりまして、そのせいか、ショートカットキーや、マウスホイールのスクロールや、ダブルクリック・トリプルクリックやShiftキーと矢印キーを使った範囲選択などが試験中は使えません。
普段上手に使いこなしている人が、その技を駆使できないというわけです。この試験、いったい何をテストしてるんでしょうかねぇ。なんとなく納得がいかない思いが残りました。

《追記》
上記の不具合(仕様?)は、解消されたようです。ボタンや色の名称も表示されるようになったそうです。受験予定の皆様、よかったですね。

|

« 親指シフトで打てるようになる最短練習法 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「qualification」 »

英作文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/4417432

この記事へのトラックバック一覧です: ♪英語で定義しよ♪のお題は「exam」:

« 親指シフトで打てるようになる最短練習法 | トップページ | ♪英語で定義しよ♪のお題は「qualification」 »