« なぜMacかというとそもそもExcelというのは… | トップページ | 雨の日になると »

2005/06/10

♪英語で定義しよ♪のお題「detective」

本日の♪英語で定義しよ♪のお題は「detective」です。
ちょこっと英作文。あなたの頭の中の英語を活性化しましょう。

Word: detective
Type: This is a job.
Appearance: This job needs a permition.
Place: You can find this in some policier novel.
Use: You can hire this to do some research.

探偵というと、つい小説や映画のカッコいい私立探偵を思い浮かべてしまいますが、現実の探偵というのは、そうしたお話とはまるで違う世界のようです。

永遠不滅の探偵は、やはりシャーロック・ホームズですね。シャーロキアンと呼ばれる愛好家の皆さんが、世界中にいらっしゃって、日夜聖典の研究にいそしんでいるとか。そうした研究の成果のひとつ、パスティーシュもたくさんありますね。なんせ、ホームズシリーズそのものは、もう新作はありえませんから(笑)。ホームズの未解決事件を追う、本格派から、実はホームズは女性だった、とか、ホームズの娘が探偵をする話や、宇宙人と戦う話まで、いろいろあって、実はけっこう好きで、何冊か持ってます。

*聖典とは、コナン・ドイルがワトソン博士が書き残した、ホームズの活躍を記録した文献を指します。
*シャーロキアンの定義(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*シャーロキアン名簿(http://mach25.hp.infoseek.co.jp/homu/meibo.htm


※お好きなお題にトラックバックまたはコメントでご参加ください。♪英語で定義♪いたしましょう!
※※♪英語で定義しよ♪は、移転しています。「四つの定義」をご覧下さい。

-----------------------------
◎Amazonにて「シャーロックホームズ」で検索したら、聖典とパスティーシュがいっぱい。

※探していたあの本が見つかるかも。フェリシモのブックポート(カタログ)の人気連載から生まれた本。赤木かん子さんが、ごちそう・いろ・どうぶつ・どうぐなどの手がかりから、本を探し出します。
本の探偵事典」シリーズ。

|

« なぜMacかというとそもそもExcelというのは… | トップページ | 雨の日になると »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

英作文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/4494764

この記事へのトラックバック一覧です: ♪英語で定義しよ♪のお題「detective」:

« なぜMacかというとそもそもExcelというのは… | トップページ | 雨の日になると »