« 幸せな眠り? | トップページ | トラックバックがわからないあなたへ »

2005/04/09

「♪英語で定義しよ♪」始めます

英検1級予想問題集―文部科学省認定』の115ページに掲載されているWriting練習(英作文問題対策)を、ブログでやってみることにしました。
とっても簡単で、楽しくできるので、英検に限らず、英作文、英文Writingのお勉強の励みに、英語で書く手始めに、頭の体操に、なかなか使えそうだと思いまして。

習うより慣れろ、まずは、気軽に英語で書いてみましょう。

◎やり方
上記の本では、お題(Word)が出題され、

Type:
Appearance:
Place:
Use:

この4項目を書く、という形式のドリルです。

同書の例題は、

Word: automobile Type: This is a machine. Appearance: This has four wheels and a steering wheel. Place: You can find this on a road. Use: You can use this for commuting and traveling.

こんな感じになっとります。


◎決意表明?
目標としては、できるだけ毎日書くつもりです。
「定義」は簡単でも、むずかしくても、悪魔の辞典風の、ひねったのでもよし、また、過去のお題に再度取り組むもよし、ということで。


◎第一回お題は「elephant」
てなわけで、ひとつ考えてみました。

Word: elephant
Type: This is an animal.
Appearance: This has very long nose and very big ear.
Place: You can find this in a zoo.
Use: You can use this for carrying heavy things.

初回なので、簡単バージョンでございますよ。

まあ、これで「英検1級の英作文問題対策はバッチリ」ということでもありませんけど、続けてたら、いいことあるかなってことで、できるだけ毎日やってみようと思っておりますので、よろしく。


※よろしかったら、トラックバックしてください。一緒に♪英語で定義♪いたしましょう!

※1500円未満の購入だから送料を払わなきゃいけないのは、なんだかなあと思ったり、クレジットカードはちょっと、と思ったら、セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!はいかが?

|

« 幸せな眠り? | トップページ | トラックバックがわからないあなたへ »

お知らせ」カテゴリの記事

英作文」カテゴリの記事

コメント

はじめましてー。トラバありがとうございます。早速参加しました(ちょっとふざけ過ぎてしまったかも)。前回の準一級合格されたのですか? 私準一級二次二回連続落選中です(TT).この訓練法はとっても役に立ちそうですので取り入れていきます。ありがとうございました。

投稿: anchorsong | 2005/04/10 18:22

お楽しみいただけてなによりです。
できるだけ毎日続けたいと思ってますので、また気が向いたら遊びに来てください。
二次試験は、積極的にどんどん英語を口から出すこと、前へ前へ、って感じかな。日常語彙の易しい表現集の教材を音読するのもお薦めですよ。うちのブログにも試験受けたときのことなど、書いとります。ご参照あれ。
がんばってくださいね。

投稿: 丹後ちまき | 2005/04/11 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/3626655

この記事へのトラックバック一覧です: 「♪英語で定義しよ♪」始めます:

» 「♪英語で定義しよ♪」参加作品 [前向きに英語をやり直すblog]
ひぐらしの園の丹後ちまき様のblog企画。「♪英語で定義しよ♪」 Word: Wife Type: a kind of human. Generally, they are female. Appearance: It depends on what kind of wife you want to see. Place: Anyplace inhabitable. Use: It feeds you. But you must feed it. あくまで辞典風にこだわ... [続きを読む]

受信: 2005/04/10 18:13

« 幸せな眠り? | トップページ | トラックバックがわからないあなたへ »