« 朝食メニュー:キャベツde巣ごもり卵 | トップページ | ブログって日記とはちょっと違うかも »

2005/03/30

本を売った帰りに買ってしまって

マーケットプレイスでお買い上げがあり、発送のため郵便局へ行くと、その帰りの本屋さんに立ち寄って、ついなんやかんやと買ってしまう。ミイラ取りがミイラ? んん、ちょっと違うな。

予算や置き場所もあって、文庫で出てるものは、やっぱり文庫で買いたい。しかし、文庫で買ったものを、マーケットプレイスに出品しようと思うと、無理なんだよね。
売れたら、手数料が100円+価格の15%、送料の260円もらっても、梱包にも費用がかかるし。そう思うと、買う人には送料340円が加算されるわけで、差し引き、出品者にマイナスにならない金額って??? でも、実際には、10円以下の出品もあるよね。なんでそんなことが可能かと不思議だったんだけど、月額払って、手数料の定額分が免除されるプロマーチャントってのがあるんだよね。100円以下、50円とか10円とかで出品してるのは、プロマーチャントの人たちってわけ。

ってことは、文庫を出品したかったら、毎月50品以上売らなきゃ割に合わない(?)プロマーチャントになる必要があるってこと。

さて。損にならないように、まあまあ、それなりに「儲かる」ようにするなら、上記の「プロ」問題のほかに、経費と手間をどうするかという問題もある。梱包はちゃんと商品を保護し、見た目もきちっとしてて、なおかつコストを安くしたい。本格的にたくさん発送するとなると、冊子小包のほかに、「メール便」も視野に入ってくるだろう。

とりあえず、いまんとこ家の不要本の処分、という段階。で、今後もうちょい本格化することも考えてみようかな、ってところなんだけどね。

実は「ひまわり屋敷の書庫」ってブログも作ってるけど、あまりにも重くて、ちょこっと登録して、それっきりになってる。あれ、やめちゃって、ココログのこのブログのとこに作ってしまおうかな。マーケットプレイスの出品と連動するのや、しないのや、欲しい本、読みたい本、読んだ本、いろいろ書いていくブログにしようかな。思案中なり。

先日『Amazonマーケットプレイス徹底活用』を、マーケットプレイスで買った。レビューは賛否両論。けなしてる人は、けっこうきついこと書いてるけど、そうかなあ、わかりやすくまとめてて、いい本だと思うけどなあ。この本に書いてあったけど、読みたい本を買って読んで、いらなかったら売ってしまえばいいって、それもありだなあ。やっぱ「本格化」考えてみるかな?

※出品する人はこちら→マーケットプレイス

|

« 朝食メニュー:キャベツde巣ごもり卵 | トップページ | ブログって日記とはちょっと違うかも »

「ひまわり屋敷」関連」カテゴリの記事

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/3485765

この記事へのトラックバック一覧です: 本を売った帰りに買ってしまって:

« 朝食メニュー:キャベツde巣ごもり卵 | トップページ | ブログって日記とはちょっと違うかも »