« 大豆製品いろいろ | トップページ | デザインは何のため? »

2005/03/02

英検準1級合格しました(Webにて確認/当日のことなど)

先日英検サイト(http://www.eiken.or.jp)をチェックしたら、「解答と合否速報は3/1までメンテナンス中なので閲覧できません」とかなんとか書いてあったので、もしかしたら3/2に合否がWebで見られるのかなと思ってたんですが、当たりでした。

どきどきしながらログインしてみたら、合格でした。

ほっとしました。
なんちゅうか、またあの二次対策するの、気が進まなかったというか、いずれにしろ落ちるのって、うれしくないですもんね。

今回、なんとなくいけてるカナとは思ってたんですよね。というわけで、試験当日を振り返りますと、こんな感じ。

最初の「軽い会話」
 試験官:海外に行ったことありますか?
 わたし:いいえ、といいかけて、ああ、そうそう、中国に行ったことがあります。ずいぶんまえですが、タイチチュエン(太極拳)を習いに行きました。
 試験官:なんですそれ?
 わたし:マーシャルアーツの一種です。

じつは、最初のナレーション、時間が余りました(汗)。どれぐらい余ったのかは不明ですが、「制限時間」に到達してなかったのは確かです。

「託児所が見つからないから、復職できないと上司に電話したら、上司が…」というところで、「業務が忙しいから復帰してくれ」というべきところ、なんと「忙しい」が出てこなくて、しょうがないから、「君のhelpを求めている、なんなら家で仕事をしてくれてもいいい」という言い方で逃げました(汗)。試験官が「お?」って顔をしたのを覚えてます。

質疑にはいって、「コンピュータを学校で教えることをどう思うか?」って質問が出たので、あ、パソコンを使ってSOHO(死語?)してる、という話を入れるべきだったのだなあと思いました。

そこで焦って自滅したら、多分だめだったんでしょうけど、ともかく前へ、前へ。話を続けることを心がけました。

最初の自由会話で仕事のこととか、どうやって来たかとか、聞かれそうな話題を想定し、どう言うかを用意していました。「私は授業でパソコンを使う小学校と中学校の先生方のお手伝いをテンポラリー・ワーカーでやっている」「電車に乗って、乗り換えて、バスで来た」とかなんとか。

でも、結局そういう話題は出ずに、ナレーション試験が始まりました。で、「コンピュータを学校で教えることをどう思うか?」という質問に、いいことだと思う、実際、私の仕事は、小中学校でhelp teachers using PC in classと言いました。

あとは、なんだっけ。
 試験官:企業が託児所を作るべきだと思いますか?
 わたし:それが望ましいが、中小企業は資金的にもむずかしいかも。でも、何か手立てを考えるべきでしょう。

ともかく、話を途切れさせないこと。とっさに用語や言い回しを度忘れしても、別の言い方で表現を試みるなど、粘ることだけを考えていました。

だってねえ。私が話していた英語、プリミティブっちゅうか、単語並べ立てに近かったですもんねえ。文章になってなかったような気がする。まあ、それでも一応、合格点を上回っていたわけですね。英検の二次って、英語で伝える「気合」を見てるのかもしれませんねえ。

満点は38点で、合格点22点のところ、27点でしたから、けっこうギリギリ。このレベルのままでは、次の1級は、敷居が高いですね。ふっ。

今回二次試験に一度で合格できたのは、マイアルク(アルクの会員サイト)の掲示板で二次対策のアドバイスをいただいたおかげです。みなさん、改めてありがとうございました。
(アルクの講座受講などで会員になれます→アルクおすすめ通信講座

※使った対策本
英検準1級面接(二次)試験合格の秘訣―新面接対応 』山口昌彦著・南雲堂フェニックス(2004/09)※CD別売。
DAILY10日間英検準1級二次試験対策予想問題 ―DAILY10日間』旺文社編(2004/10)※CD付き


さて。

次は1級ですねえ。

とりあえず現状では「新試験対応」は『7日間完成英検1級予想問題ドリル』だけです。他の「1級本」の中には、1990年代の本(前世紀の遺物?)もあったりして、ちょっと手を出しかねてたりして。

1級の英作文問題対策は、TOEFLのライティング問題対策本が参考になるかな?と思いまして、『TOEFL TEST対策速修ライティング』を購入しました。

TOEFLと英検1級の作文は、出題形式も違うんですが、英語で意見を書くのには違いないわけでありまして、文章の組み立てや、意見を的確に展開するための表現などを順を追って演習していくこの本でお勉強しておくと、けっこうイケルんじゃないかなと思います。

ああ、そうそう。準1級の本、売る算段をしなくっちゃ。やっぱ、アマゾンかな?

※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

※追記
その後購入した英検1級試験対策本については2005/4/4「英検1級申し込みました(無謀?)」や、2005/4/14「http://higurasi-no-sono.tea-nifty.com/blog/2005/04/1.html」に書いています。

|

« 大豆製品いろいろ | トップページ | デザインは何のため? »

勉強・語学・試験」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

合格おめでとうございます(^○^)
私は二次を2回受けましたが、お金のムダだったので(笑)

私も次のステップを目指してがんばります。

投稿: KUMI | 2005/03/03 15:06

合格されたのですね。おめでとうございます! そして、お疲れさま。1級もめざすんですね! がんばってください。

投稿: ちここ | 2005/03/04 10:29

KUMIさん、ちここさん、ありがとうございます。
英検の受験者減少がとどまらずって感じみたいですが、それでもまだしばらくは「英検1級」ったら、箔がつく、でしょうね。書類選考で、とりあえず面接までは進める、かな?ってことで、取っておきたいと思っています。

投稿: 丹後ちまき | 2005/03/05 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/3150453

この記事へのトラックバック一覧です: 英検準1級合格しました(Webにて確認/当日のことなど):

« 大豆製品いろいろ | トップページ | デザインは何のため? »