« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の31件の投稿

2005/02/28

Macで造りましたロゴのこと

知ってる人は今更な話ですが、Mac歴が超長いはずの人でも、意外なことにあまりご存じなかったことが判明したので、ここにご紹介しておこうと思います。

Apple社のサイトに「Apple Webバッジ」(http://www.apple.com/jp/about/webbadges/)というページがあります。

アップルテクノロジーWebバッジは、Webコンテンツの制作・配信にアップル製品を使っていることを示すために用意されたものです。これらのバッジは、Webサイトの運営もしくは制作にアップル製ハードウェアまたはソフトウェアを使用している場合だけにご利用ください。

というわけで、
「Get QuickTime」と「MADE ON A MAC」の2種のほかに、Powered BY「WebObjects」「Darwin」「Xserve」「Mac OS Server」4種がありまして、バッジ(ロゴのバナー)は全部で6種類あります。

Macで作りました、ということなら「MADE ON A MAC」が汎用性が高いと思います。

Macでブログ書いたりホームページ開いたり、サーバやってる人は、「Apple Webバッジ」の「使用のガイドライン」を熟読し、ガイドラインを遵守してご使用くださいね。

実は、私も「MADE ON A MAC」貼ろうかなーと思ってるんですけど、この「ひぐらしの園」は、編集ツールの相性の問題で、もっぱらXPマシン使ってるんですよね。「ひまわり屋敷」はMacで作ってるんですけど、中身がまだまだだし、どないしょうかな。。。たぶん、そのうち貼らしていただきますです。

それにしても、こういうのって、ほかにはないですよね。やっぱ、頼まれもしないのに薦めるユーザーたち、エバンジェリスト文化ですねえ。
元祖エバンジェリストといわれているガイ・カワサキさんって、お元気なんでしょうか?(『神のごとく創造し、奴隷のごとく働け!―ガイ・カワサキのビジネス革命ルール』)

--------------------
※いずれ機会があれば読みたいと思っている本のあれこれ
Human Interface Guidelines:The Apple Desktop Interface(日本語版)
Macintosh Museum
MacOS進化の系譜―パーソナルコンピュータを創ったOSの足跡 MAC POWER BOOKS
スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活.
アップル〈上〉―世界を変えた天才たちの20年
アップル〈下〉―世界を変えた天才たちの20年
マッキントッシュ その赤裸々な真実!―Macintosh the Naked Truth
希望のマッキントッシュ
松下で呆れアップルで仰天したこと―エンジニアが内側から見た企業風土の真実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

3時間で韓国をマンガで知る

明日香出版社の『韓国のことがマンガで3時間でわかる本―へぇ~そうなのか!』の増刷が出るそうです。これから買うなら、増刷の方にしませう。

同書の著者によるハングルによるファンレターの書き方の本が、近日出版だそうです。

続報は、のちほど。(→ハングルでファンレターを書いてみよう


※アルクのおすすめ講座
韓国語マラソン
中国語マラソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

とうふ屋さんのおからで作ったおからクッキー

おからは、やっぱり豆腐屋の店頭で買う(または、もらう)のに限る、と改めて実感。昨日は豆腐屋さんのおからでクッキーを焼いた。

デパートに出店している京都の豆腐屋さんがあって、見たらおから300gを100円で売っていたのよね。(家で計ったら366gだった)

こういうおからのいいところは、豆乳を絞っただけ、ほかに余計な手を加えていないところ。だから、大豆の豆乳以外の成分が全部残っているのだ。
椿屋さんの華おからもいいんだけど、あれは皮を除き、きめを細かくし、風味を増すために豆乳を添加しているそうですから、加工済みおからって感じ。150gずつ加熱殺菌して袋詰めだから、日持ちがするので便利ですけどね。

その点、豆腐屋さんで買ってきたおからは、即使わなければいけない。使い切れなければ、小分けして冷凍、または乾煎りして水分をしっかり飛ばす必要がある。

で、私は二段焼きできる、やや大型のオーブンレンジ(シャープオーブンレンジRE-W2V7-Hicon)を使っていますんで、300g(実は366gあった)全部いっぺんに使いました。

 おから 300g(だから366gあったってば)
 バター 100g
 黒砂糖 100g
 タマゴ 3個
 アーモンド・プードル(アーモンドを砕いたもの) 80g(ナッツならなんでも)
 ベーキングパウダー 小2

例によって、バターと砂糖を練って、クリーム状に。それにタマゴを入れて練り、おからを入れ、アーモンドを入れ、ベーキングパウダーを入れて均一に混ぜる。
今回は190℃25分、160℃で15分。ちょっと焦げたから、190℃は20分でよかったかも。

※「市販のおからクッキーのリスト」はこちら

※おから、おからクッキーについては、左サイドのカテゴリー「オカラから」もご参照ください。

おからお試しセットなど

おから 300g (生おから)

手作り豆乳&おからキット
(自分で作れば、新鮮ですよね。これは材料のキット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

花粉症じゃないかもしんない

ときどき、鼻がくしゅくしゅ、鼻水が止まらず、派手なくしゃみ、という状態になります。でも今はなんともないし、花粉に関係なさそうな季節にもなるんですよね。
これって、他のアレルギーなんでしょうか?

ハウスダストとか、そのへんが怪しいけど、だったら一年中続きそうなものだけど、そうでもないし。もしかしたら、体調が悪いとき、ストレスがかかっているときに症状が出る、ということなのかなあ。

ところで、英語では花粉症は一般的には「hay fever」というそうです。乾草が原因と考えられていたせいだそうで。「花粉」と明示した表現は、pollen allergen みたいな感じ。スギ花粉症だと、allergy to cedar pollen。

で、ちょっと気になっていることがあるんですよね。

ここだけの話なんだけど(笑)、某氏とおでーとしてる最中に「くしゅん」が始まったことがあったのよ。まさかアレルゲンってことはない、と思うんやけど。ちがうよねえ。

鼻がくしゅくしゅしてるとき、このチュアブルタイプの錠剤をかじってたら、スーッとしてだいぶ楽になりました。
【アルガード鼻炎クールアップソフトチュアブル】15錠×3個(3個セットでお徳用らしい)

カバンの中には常備してます。いつ始まっても大丈夫よん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麩の粉のすすめ

先日の「ためしてガッテン」で、「麩」の特集をしてましたね(http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2005q1/20050223.html)。

で、「麩を砕いて、混ぜる」という料理がいくつか紹介されていましたが、粉にするんなら、最初から粉になってる商品があるんですよね。これなら「焼き麩を砕いた」のでありまして、砕く手間が省けます。しかも、重量あたりのお値段をざっと計算すると、同社の焼き麩よりはお安くて、お買い得でございます。一般的な「パン粉」よりは高いですけどね。

麩のとんかつ粉

これは金沢の麩メーカー、(株)加賀麩司宮田さんの商品。デパートや品揃えのいい食品スーパーで同社の車麩をみかけます。フルサイズはフランスパンみたい。輪切りのもありますよね。そうした焼き麩を砕いて、重曹を添加、とんかつなどのときにパン粉代わりに、というコンセプトの商品のようです。だから「とんかつ粉」なのね。袋の能書きに、「とんかつ、フライ、ハンバーグにご利用ください」とありますから、「麩を砕いて混ぜる」料理に使えると思います。

ちょっとでもアピールしようと思ってつけた商品名なんだろうけど、かえってわかりにくくて、損してるような気がします。せっかく「ガッテン」で紹介されて「麩を砕いて料理に使う」に注目が集まったこの際だから、商品名変えちゃったほうがいいかもしんない、と思うんですけど、どないですやろか。

※麩のお料理の本なら、これです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/24

解毒スープはお通じがするりん

2/18に『日経ヘルス』2005年3月号に載っていた「解毒スープ」の、「りんごとタマネギのスープ」のことを書きました。その後、毎日ではないんですけど、レンジであたためて、朝にいただいてます。

手元にあった材料を使った関係で、りんごと生姜が多めだったんですけどね、まあいいかって感じで。

このスープの場合は、食物繊維はりんごの水溶性食物繊維のペクチンが主体です。
私がちょいちょい作っては食べている「おからクッキー」のおからは、不溶性の食物繊維であります。

どっちの食物繊維も、お通じにはよろしいんですが、微妙に違うのがわかりました。

おからを食べると、ともかく量がすごいんです。おからは不溶性食物繊維がメインでしょうし、その分、カサが増えるんでしょうね。

解毒スープの翌日は、量はそんなに増えないけど、ツルンと滑りがよくなるみたい。

なるほどねえ。水溶性と不溶性の違いってわけで、そりゃまあ、そうだよなあ。人体の神秘だなあ。

材料は、厳選素材のOisix(おいしっくす)さんのお野菜がおすすめですねぇ。
りんご(ふじ)
玉ねぎ
ふぞろい有機玉ねぎ
しょうが


※「解毒」関連書籍は、たとえば『デトックスで体内浄化―毒を出してやせる!キレイになる!病気が治る! AC mook
ただし、これには「りんごとたまねぎのスープ」は載ってません。

※1500円未満の購入だから送料を払わなきゃいけないのは、なんだかなあと思ったら、セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!もご利用ください。

日経ヘルス定期購読
icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

昨日はリンクシェア関西地区セミナーに参加

昨日は大阪で行われたリンクシェア関西地区セミナーに行ってきました。(今朝書いたものに、ちょこっと書き足してます)

うちのメインサイト(笑)の「ひまわり屋敷」は、1997年に開設したものの、その後だんだん更新が滞ってたんですが、去年の8月に改装に着手、9月にはアフィリエイトにも取り組みまして、リンクシェアさんとも提携させていただいとります。
残念ながらまだまだ未熟ちゅうか、あんまり成果があがってきてないのに、こういうトコに行ってもいいのかなあと思いつつ、いい刺激になればいいかなと思いまして。

私は出版ネッツ関西のお仕事勉強会や、仕事起こし名刺交換会には参加したことありまして、そういうのは出版社や、ライターや、イラストレーターや、編集者や、同じ業界の人ばかりですし、すでに顔見知りの人もいるのですよね。だけどこういう、まったく知らない人ばかりのところに行く機会ってあんまりなかったこともありまして、どんなんかなと、ドキドキしました。

数日前から風邪気味で、喉がイガイガしてまして、そういうときは乾燥が大敵、喉の保護のためマスクしてました。しんどかったから、最初からB会場で椅子に座ってました。会場にはマスクしてる人、他に見なかったなあ。うーん。マスクと帽子の怪しい年齢不詳の人は、私です(笑)。(リンクシェアさんの「使い倒し」は、AB両会場でやっていただいた方がよかったかも?)

上新電機さん(ジョーシン)のプレゼンには、関西人として、心揺さぶられました。ログインしたら会員価格とか、「今週のセール」とか、「Joshinweb(アウトレット)」とか、リアル店舗と同じサポート体制だから安心、とか、Webでも店舗でもポイントが貯まる・使える、などなど、今後はもっとしっかり「一押し」したいと思います。(トップページの検索のこと、よろしく)

Appleさん(Apple Store)のプレゼンは、キーノートのプレゼン?ってくらいに、表現力の違いが歴然ですねえ。ヴィジュアルでビビッドな画面がダイナミックに躍動するんですもん。それに比べて、パワーポイントは厚紙を一枚ずつ入れ替えていく紙芝居だなあって(笑)。
Apple Storeならではのサービスは「iPod Free Personalize」なので、これから購入検討されてる皆さんは、見逃せませんよね。
ところで、いまだに大事に9.2マシン使っているユーザーは、私です。ごめんなさい。早くOSXマシン、買わなくちゃ。。。。。やっぱ「Mac mini」かな。(でもうちにはUSBディスプレー、キーボードが余ってないんですよぅ)

実際に商品を拝見して、提携したいなと思ったりしてまして、要チェックがいくつかありました。

立食パーティも楽しかったです。名刺交換したみなさま、よろしく。

抽選会、盛り上がりましたね。なんにも当たらなかったけど、わくわくして楽しかったです。

またこんな機会があったら、ぜひ参加したいと思いました。

関係者の皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/22

後半がやや尻すぼみ?

嘘つき男と泣き虫女』という本がございます。

前作の『話を聞かない男、地図が読めない女』は、発刊後わりとすぐに単行本で買って、読みましたっけな。で、こっちのほうは、タイトルがなんだかちょっと、やだなあと思ったのと、立ち読みしてみたこともあるけど、なんとなく、柳の下のなんとやらって感じで。

しかしまあ、昨日本屋さんで文庫版を目にして、なにげに購入しました。なんとなくそんな気分だったのよね(謎?)。

前半は結構、ちょこちょこ心当たりがあったりして、爆笑モノだったんだけど、後半がなんだかテーマがすりかわったような、ちょっと尻すぼみな感じ?やっぱ前著の方が、新鮮でインパクトがありましたよ。

この本は原著者の了解をとったうえで、省略したりしてるそうな。おそらく日本人に関係ない話をはしょったんでしょうけど、もしかしたら、原著『Why Men Lie and Women Cry』をあわせて見てみたほうがいいかも。まあ、そこまでせんでもええかな(笑)。


※『話を聞かない男、地図が読めない女』の抜粋版は、『言葉でわかる「話を聞かない男 地図が読めない女」のすれちがい』読んだことない人は、抜粋版がわかりやすいし、そっちで十分かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/21

ほろ苦く

陳列棚のチョコレートに「ほろ苦い」と書いてあったので、思わず買おうとしたら、「ほろり、しっとりやわらかショコラ」だった。

なんか、そういう気分なんだなと思うと、自分がかわいそになった。

今日はそれだけさ。

ふっ。

もうだめかも(自嘲)。

-----------------
心を安らげるのには、ココア
一番おいしいココアは、やっぱバンホーテン
ヴァンホーテン(バンホーテン)ココア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

英検二次試験は寒かった

英検準1級の二次試験を受けに行ってきました。

会場は、私が住む海の近くに比べたら、山岳地帯寄りに立地する某有名大学。

寒かったのよ。ほんまに寒かったのよ。

なにげにウサギさんのつぎはぎマフラーを首に巻いておいてよかったです。
一番分厚いオーバーを着ていかなかったのを後悔しました。家族が風邪を引いていて、金曜日まで一週間勤務してた小学校でも風邪やインフルエンザが蔓延しつつあった、そんな環境で過ごしてたから、やばいと思いましたよ。ええ。試験の前後くらいから喉に違和感が出てきたので、帰り道にマスク買って、喉の保護してます。家に戻ったらすぐにイソジンうがい薬でウガイしました。

それはさておき、ともかく寒かったんですよね。だって、控え室はともかく、順番が近づいてきたら、係りの人に案内されて、面接会場の教室の前の廊下に設けられた席に座って、数十分(?)待機するわけでして。

教室内は、暖房が入ると思うのだけど、廊下はどうなんでしょう。暖気なんかなかったと思いますよ。ええ。

もうちょい薄着だったら、やばかったです。背中にカイロ張っておいてよかった。。。

ええと、試験はどうだったか、ですね。

まあねえ。「英語を使った受け答え」は、してたと思うんですけどねえ。
肝心のナレーションが、ちょっと短すぎたかもしれません。

二次試験は七割合格するそうですけどねえ。

ちょっと前にも書いてるけど、十年程前には、敗退してるんで、今度はなんとか合格したいです。
まあ、今回だめでも、一次免除は1年間あるから、ね。まずは6月に1級を受けるつもりで、準備を始めたいと思っております。語彙と、英作文と、スピーキングの対策、かなあ。

とりあえず旺文社の『7日間完成英検1級予想問題ドリル』は、買ってます(笑)。この本は、今のところ、唯一の「新試験対応」ですもん。他の「1級本」の中には、1990年代の本(前世紀の遺物?)もありますからねえ。あのあたりの本は、改訂版出ないんでしょうかねえ。

※試験当日のことは、こちらにも→英検準1級合格しました(Webにて確認/当日のことなど)

-------------------------------------
うがいは、これですね。
イソジンうがい薬 180mlイソジンうがい薬 180ml

※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

割れたハートのチョコレート

これは、バレンタインの後日談。

近所のスーパーにも、バレンタインチョコの特設売り場(笑)が設けられ、その数日後あたりから、見切り品ワゴンに割れた乗り物チョコが「3割引」でのっていた。

まあ、チョコレートには変わりないわけだから、自分で食べたり、子どものおやつにするなら、安くていいかも

と思ってみていた。さらに数日後、割れたハートチョコが同じく3割引のシール付きでワゴンに入っているのをみて、ううむ、ハートの割れてるのは、ちょっとやだなと思ったんだよね。縁起でもないちゅうか、気イ悪いやん。

しかし、2/19の土曜日のこと。

3割引の札の上に半額の札が貼り重ねられ、見事なまでにきれいさっぱり、真っ二つに割れたM社のハートチョコレートを、私は買って帰ったのだった。

まあ、なんちゅうか、そんな気分だったのよ。

おほほほほほ、げほげほ。


 ♪わかるかな〜♪ ♪わかんないだろぅな〜♪

--------------------------------------
探してみたけど、さすがに原曲は見つからなかった。。。

とりあえず、この人だったよね???
みちのく物語/未来へ[MAXI] 松鶴家千とせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

林檎と玉葱の解毒スープ

『日経ヘルス』2005年3月号に載っていた「解毒スープ」の、「りんごとタマネギのスープ」を作ってみた。
今朝、ちゃかちゃかと鍋一杯作って、どんぶり一杯飲んで、残りは冷蔵庫へ。

りんごとタマネギと塩コショウ、水、それとしょうがも入れた。

タマネギは、みじん切りにして電子レンジで加熱(1分くらい??)。
鍋に移して、水と小さく切ったりんごとしょうがを加熱。塩コショウで味をととのえる、という感じかな。
配合を知りたければ、バックナンバーを取り寄せましょう。まあ、適当でも大丈夫だと思うけど。

新感覚のスープだなあ。でも、思ってたほどヘンな味ではない。
実はショウガを入れすぎてしまったんだけど、それでもじゅうぶん飲める。ウマイかもしれない(笑)。

とりあえず、毎朝これをお食事替りに飲むかな。

本屋に『デトックスで体内浄化―毒を出してやせる!キレイになる!病気が治る! AC mook』という本があった。これには「りんごとたまねぎのスープ」は載ってなかったけど(笑)、体内に蓄積した有害な金属などの排出を促そう、というのは同様ですねえ。これから「解毒」が流行るのかしら。

※書籍は、セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!もご利用ください。

日経ヘルス定期購読
icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

武術基本功で滝のような汗が

検索ワードを見てたら、「カンフー 基本」というのがあったけど、たぶん1月4日の日記に紹介した下記の「武術基本功」の本のことだよね?

※日本語で読める長拳などの武術の本は 人民体育出版社原著でベースボールマガジン社刊行の「中国武術基礎練習シリーズ」があります。 といっても、ずいぶん前に出たシリーズで、もうすべては揃わないようですが…。うちには、ほぼ全部あるのよん♪

特に『武術基本功中国武術基礎練習シリーズ』は、基本的な身体作りにお薦めです。脚を前後に一直線に開いて、床にぺったりとか、蹴り挙げた脚が自分の肩に当たるなんて基本ですからね。20代以降になって始める人は、無理はなさいませんように。

基本練習、基礎造りとはいえ、これをきっちりやるのは、ほんまにキツイ。武術選手は、みんな見事な太腿だよ。毎日あの練習を何時間もやってるんだろうなあと思いますねえ。

「圧腿(ヤートイ)」という、バレエのバーレッスンに似てるように見えるのがある。これは、一見、ストレッチというか、筋を伸ばし、関節の柔軟性を高めているだけのようにみえるが、それだけではない。
上げた足の踵を壁に付けて、床の軸足と二点のみで支えて、上体を壁に向けて倒していく。
壁に正面向きのときは、軸足のつま先は壁に向かって直角。背中はまっすぐ。股関節から折るようにして上体を倒すのである。そして、あごが壁につけた足のつま先につかなければいけない。足で壁をぐっと押していないと足は壁からずり落ちてしまう。

まあ、やってみたらわかるけど、これをほんとうにきっちりやると、汗がだらだら、床にしたたり落ちる。それくらいキツイ。

こんなのや、足をぶんぶん振り上げたり、素早く蹴り上げながら前進したり、いろいろやってました。20台後半のころ。ああ、若かったなあ(爆)。練習を続けてたら、「ダイエット」の心配なんかしないですんだだろうなあ。
引っ越して練習仲間と離れてしまうと、なかなか自分ひとりだけで練習って、できないのよねえ。甘い、といわれればそれまでだけど。

まあ、久々に思い出して、さっき「劈腿(ピートイまたはピテエ)」を毛布の上でやってみました(板床の上になにか敷かないと、ひさびさではツライのよん)。練習三昧の頃は、前後開脚して完全に床についたのよね。前に蹴り上げてその脚をそのまま床について、前後開脚、なんてこともできたし。ちょっと床から浮いてしまうなあ。もうちょいでぺたーとつきそうなんだけど。うーん。しばらくこれをテーマにしようかしら。弾腿も6路くらいまでは、なんとかできるようにしたいなあ。

そういうのやってたら、もうちょい、お腹がすっきりするかな。ふっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

玩具というか手すさびというか

子どものころ、マリーちゃんという名前をつけた、お人形さんがおともだちだった。毛糸の髪を三つ編みに結っていた布製のお人形さん。あの子はどこにいったんだろう。

オモチャというのではないかもしれないけど、学生時代から、就職して数年までの期間、マクラメ編みにはまっていた。ベルトや、小さなポシェット、ポットカバー、ノレン、思えば、なんやかやといろいろ作っていた。
あれって、糸を切りそろえて、並べて結んでいくので、けっこう場所が要るし、時間もかかるのよね。あの頃は暇だったのかなあ。鉤針編みで足掛け2年を費やしてストールを編んだりしてたし。

時間はあった。京都に住んでたから、ほとんどの用事は自転車でちゃーっと走っていけば間に合う世界。大学も近かったし、就職してからの通勤も自転車やバイクで30分以内だったし。
お金は別に余ってなかった、というより、とっても貧乏だったけど、なんとなくのんびりしてた。よくいえば、今よりずっと、いろんな意味で余裕があったような気がする。だから、手芸みたいなお遊びに熱中したりできたんだよね。

その代わりということなのかな、「お菓子つくり」。だって、混ぜて、焼いて、1〜2時間以内にできちゃうもんね。もちろんもっと手間隙のかかるお菓子もあるだろうけど、そんなしちめんどうくさいことは、しないのだ。

実は、あの頃に買い集めたマクラメの糸、まだストックがある。そのほかにもいろんな手作りキットを買ってみたりしてるけど、なかなか完成にいたっていない。手芸って、それなりに時間がいるからなあ。うーん。

先の見えない不安、これからも稼げるんだろうか、めざす仕事は可能なのだろうか、まあ、ほかにもいろいろ、考え出すとそれこそジリジリ、焦燥感にさいなまれ、夜も眠れなくなるような、そういうのが、ずっと背中に張り付いてる。だって、定職についてないもん。ボーナスとか、厚生年金に無縁の世界にはまってしまうと、這い上がれないのよねえ。

しかし、もうだめ〜なんて、思ってるとますますそっちにいってしまいそうだし、せめて気持ちだけでも余裕を持ちたいよねえ。

そういう意味でも、あらためて、途中で止まってる「レース編み」の続きをしようかな。
とはいっても、さしあたり、英検準1級の二次試験と、確定申告の計算やってから、ってことになるけど。
なんてことゆうてると、また何か別件が入って、そっちが先決で、って、後回しになるんだよ。でもいつまでもおいておくのももったいないもんなあ。

すいません。きょうは完璧に独り言モードです。つまんなくてごめんなさい。
(タイトル、書き換えて、トラックバックやりなおしました)

※マクラメ編みのベルトの作り方が載っている本
おしゃれなマクラメ―ベルトとバッグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

おからクッキー(バターと砂糖を減らした)

おからクッキーの新作でございます。

今回も小麦粉を使わず、おからとバターと砂糖(黒砂糖)とタマゴ、胡桃の買い置きを使い切ったので、アーモンドプードル(アーモンドの粉末)で作りました。


 バター 70g
 砂糖(黒砂糖) 70g
 タマゴ 2個
 おから 150g(華おから使用・生おから)
 アーモンド・プードル 70g
 ふくらし粉 小1
 (好みで、シナモン・クローブ・オールスパイス・ナツメグ少々)

1.バターと砂糖をあわせ、クリーム状になるまで練る。
2.タマゴを加え、均一に混ぜる。
3.おから、アーモンドプードルを混ぜる。
4.ふくらし粉を混ぜる。
5.天火で焼く。(190℃で20〜30分くらい?)

バターとお砂糖をちょっと減らしてみたけど、これが減らす限界かも。これ以上減らすとぱさぱさになりような予感。
80gずつぐらいにしたほうがさくっとおいしいでしょう。

天火の火力はいろいろなので、様子を見ながら焼いてみてください。うちは電気オーブンレンジ(シャープオーブンレンジRE-W2V7-Hicon)です。二段焼きできるし、扱い易くて気に入ってます。


※「市販のおからクッキーのリスト」はこちら

※左サイドのカテゴリーに「オカラから」がありますので、おから、おからクッキーについては、そちらもご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/14

英検の通知ってわかりにくい?

英検協会から送られてきた通知葉書は、いまどきの端っこからめくって開くようになってまして、右側に一次試験の私の得点や平均点、正解などが書いてあるなかに「一次試験合格」と書いてなくて、変だなあと思ってたんですよ。
今日になって気がつきました。その左側、「二次受験票」の、試験日時の上に「一次試験結果・準1級合格」と印字されておりました。なんじゃこりゃ。
こんなとこに紛れ込んでたら、わからんやないかい。人を不安に陥れるようなことをしてからに。いらん心配して損した(爆)。

さて、いわゆる「二次試験対策本」のほかに、『これで日常生活は大丈夫!英単語・熟語チェック&トレーニング―目と耳で覚える1500』この本のCDをMDに入れて、外出時に聴いています。
この本のいいところは、生活語彙、日常表現を集めているところ。二次試験の四コマって、日常生活の一コマですからね。こういうなにげな言い回し、ああ、こういえばいいんだ、みたいなのを耳慣らしに聴いておくといいだろうなと思いましてね。
それと、この本の登場人物の設定がいいです。挿絵がかわいくて、例文や単語・熟語をイメージでとらえやすい。さりげないユーモアもあって、楽しく聴けますよん。

※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

英検準1級二次試験対策ぼちぼちやってます

英検準1級二次試験対策、どないしょうと思いつつ、ぼちぼちやってます。

二次試験対策本は、下記の2冊を購入しました。それと、他の問題集の二次試験問題もやってみています。問題をまずやってみて、それから「模範文」をよどみなく読めるようになるまでひたすら音読。

それと、最初の「雑談」も、対策というか、想定問答の文案を考えておかなくちゃね。バスに乗ってきた、とか、仕事は?とかそういう話がスラスラっとできることも、出だしをスムーズに運ぶためにも、けっこう大事だと思うし。


英検準1級面接(二次)試験合格の秘訣―新面接対応 』山口昌彦著・南雲堂フェニックス(2004/09)※CD別売。
DAILY10日間英検準1級二次試験対策予想問題 ―DAILY10日間』旺文社編(2004/10)※CD付き
----------------------------------------------
◎一時試験問題集《今回の一次試験合格は、直前にこれをやったからかな〜》
7日間完成英検準1級予想問題ドリル』旺文社編(2004/11)※CD付き


※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

これでクッキーを焼いています

去年、オーブンレンジのタッチパネルが不調で、とかなんとか書いてましたが、今年の正月2日にオーブンレンジを購入、以後「おからクッキー」を焼くのに愛用してます。なんだかんだゆうて、結局またシャープのオーブンレンジを買いました。

店頭で気に入ったところは、
天板2枚で一度に焼ける。いわゆる二段焼きができること。私はけっこうまとめてどーんと焼いちゃうので、これは必須でした。
また、レンジ機能のスチーム加熱が、他社は本体の横に設置した水タンク、というややこしい(掃除がめんどう?)な構造になっているのに対し、中の指定の場所に水を張ったお皿を置く、という、極めて明快な、故障発生の余地なく、掃除もかんたん、というか、そのお皿を洗えばいいだけ、という設計思想が気に入りました。

天板、かなり横幅があります。お菓子の本によくある「天板ケーキ」は、これではやりにくいかも。
コンベックスといいますか、風で熱風を循環させるので、焼きむらはないはず、ですが、微妙に熱のかかりがきつくなる場所があるようです。まあ、これはどんなオーブンでもある、癖というやつでしょうな。

ガスのオーブンは使ったことないので比較できませんが、両方使ったことのある人によると、ガスの方が「火力」が強いそうです。お菓子の本って、だいたい書いている人が使っているのは、プロ仕様のガスオーブンでしょうから、どっちにしろ、家庭用の電気オーブン(オーブンレンジ)では、「書いてある通りにやっても生焼け?」ってことになりがちみたいです。いろいろやってみて、天火のチカラと癖をつかんで、使いこなしたいものです。

ところで、これって、去年の9月発売で、在庫わずか、って、そうなの?

icon
icon
シャープオーブンレンジRE-W2V7-H
icon

※「市販のおからクッキーのリスト」はこちら

※左サイドのカテゴリーに「オカラから」がありますので、おから、おからクッキーについては、そちらもご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

合格通知に「合格」の文字なし?

英検さまから、お葉書が来た。
英検準1級の一次試験、8日にWebで確認してたので、葉書で「通知」が来て、ああ、これが「正式な通知」だっけ、これを見ないと二次試験の会場もわからないんだなあ、といまさらのような、妙な感じ。

で、よく見ると、「合格」とはどこにも書いてないのよ。あれれ???
不合格の人には「不合格A」とか書いてあったような。

合格したら、なんにもなしって、変なの。

合格点と得点と比べて、わかるでしょ?ってことなんですかね。二次試験の会場について書いてあるし。
でも、せっかく一次合格したんだから、「合格」って文字を入れておいて欲しかったなあ。

※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

超特大板チョコはいずこに

以前は「チョコケーキ」とか、作ってみたりしたこともあったのよね。
でも、チョコレートって、ほんとうは扱いがとってもむずかしい。本に書いてある「テンパリング」という技法名を見ただけで、わたしゃ、気力が失せてしまいます。そんなデリケートなことは、バリケードな私(いみふめ)には、とうてい無理。混ぜて焼いたらできあがりの、簡単クッキーみたいなのが、私の手作りの世界。人間、分をわきまえなくちゃね。かけた労力が報われないので、チョコレートに関しては、手作りはあきらめました。

それよりは、「なんやこれ」って思えるちょっとひねった「チョコ」を選ぶことに方針変更、今にいたっております。

昨年「バレンタイン・チョコ」として採用(おおげさ)したのは、近所のスーパーで見つけた、超特大、ウルトラキングコングサイズの巨大な明治の板チョコレート。横幅30cmくらいあったような。見た瞬間、あああ、これよ、これしかないわっと、ビビビときましたね(死語)。

だってさ、もっと名のない、いや、社名はちゃんとあるんだけど、TVCMなんぞ、金輪際流したりしないような製菓会社の製品の、ウケ狙いの限定生産ならわかるんだけどさ。
天下の明治の板チョコレートがパッケージデザインもそのまんまで、サイズを巨大化してるんだもん。えらいインパクトあったんですよねー。

まあ、そういうのはふつーは、義理チョコにするんだと思うのよ。勤務先にもっていくとかさ。でもワタシは(以下略)。ほほほほ。

思惑通り、ウケました。ウケたらいいのよそれで。

でも、今年は売ってないみたい。世間一般には、うけなかったんですかねー。

ええと、今年は、ですね。
まだ送ってないから、内緒。
ふふふん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

英検準1級の一次に合格したもののさて

昨日英検の合否速報メールは止めましたちゅうて、メールが来ました。で、Webでは8日午後に発表とのことで、英検サイトをチェックしてみましたら、なんと合格してました。

あわわ。えらいこっちゃ。

うれしい、というより、二次試験対策、どないしょう、というのが正直なところであります(爆)。

だって、かれこれ十年くらい前に準1級の一次に合格したとき、二次対策って、どないしたらええんや???と思っているうちに試験当日を迎えてしまって、見事敗退したんだもん。

試験官が「他に何か?」って何度も聞いてきたのに、「ありません」って話を終わりにしちゃったのがいけなかったんだと思う。たぶん。あのとき、もうちょい貪欲にちゅうか、四コマの絵について、思いつくことをそれこそ口からでまかせ、何でもいいから言っておけばよかったのだろうね。今度こそ、ですわ。

さて、得点は77点でございました。リスニングがあんなにボロボロで、語彙問題がイマイチのワリには、まあまあの点なのかな?いちおう、合格者の平均点をちょびっと上回ってます。
得点内訳は、リスニングは確かにぼろぼろだけど、内容把握は100%とか、作文が14点中12点とか、そのへんで点を稼いでカバーしたようです。というか、リスニングの一般文以外は合格者平均点と同じか上回っていますなあ。なかなかやるやん(と自分でゆうとこ)。

今回の合格点は、前回よりちょっと低めになってました。合格点って、受験者全体の得点をみて、変化するんですかね。

ところで、英作文のマイナス2点は、何を減点されたんだろ。

選択問題じゃなくて、イチから書いて解答するから、「解答例」見たって、わからない。私の書いた答案に、どういう採点(減点)が行われたのかは、採点した人に聞くしかないもんなあ。合否通知にそのあたり、書いて欲しいですねえ。添削みたいになるから無理だろうけど。でも受験料取ってるんだから、それくらいしてくれたって(ぶつぶつ)。

単語集はボロボロになってるので無理だろうけど、問題集は鉛筆の書き込みを消して、アマゾンに出したら、売れるかしら。


※英作文、問題用紙のメモに書いた下書きを、以下に書き写します。

Dear Jake,
I am happy to hear you have got a new friend. Now, I will try my best to answer your questions.
First: Sorry to say but there are so many people who abandon their pets like trash.
Second: Snakes and reptils are also popular in Japan. But some times those exotic animals escape from careless owners and shocked people around.
The last: I think it is so easy to keep pets in Japan. But owner should love their pet as long as they live.
Bye!

Manami
P.S. Plese tell me your dog’s name. OK?

英検の準1級って、中高生向けなのかしらね。あの問題文のおてまみ、どう見ても、高校生の「ペンパル(死語?)」のノリですわよ。きゃぴきゃぴ。「海外文通(さらに死語?)」してた高校生の頃を思い出して答案を書いてましたっけ。えらい若返りじゃ。ははは。
準1級が高校生、ってことは、もしかして1級は大学生を想定してるんでしょうかねえ。高校生がいきなり大人でもないだろうし。そう考えると、「1級」というものに対する見方が変わってきちゃうなあ。うーん。

※英検準1級試験対策本リストを「ひまわり屋敷」の「書斎」の「勉強部屋」に掲載しています。(http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/library/study/lang_exam/eiken/eiken_pre1_books.html)よろしかったらご利用ください。

※英検準1級二次試験のこと、ほかにも書いてますよん。
英検準1級二次試験対策ぼちぼちやってます
英検の通知ってわかりにくい?
英検二次試験は寒かった
英検準1級合格しました(Webにて確認)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やつれ系はリバウンドする

お腹のピーヒョロロも、どうやら収まったらしい。やれやれ。
3日間はもう、液体、流動食、できるだけお腹に負担の少なそうなものを、ちょびっとだけたべていたけど、ほとんど消化してなさそうだったから、カロリー摂取はものすごく少なかったはずなんだけど、そのワリには体重は減ってなかった。やっぱ、静養っちゅうか、しんどいから、家でじっとして過ごしてたわけで、基礎代謝も抑え気味、カラダが守りにはいってたわけだからね。

これは、回復後のリバウンドが怖い。

回復したら、「失ったものを取り戻そう」とするのは当然であるから、体重も戻ってくるのよ。お釣りつきで(爆)。

風邪引いて寝込んで、ちょっと体重落ちたときも、直ったあと、うっかりしてたらちょびっとリバウンド、プラスがついて、焦ったことがある。

そういえば、震災直後、3日くらいは、まともな食事もできず、ストレスの中で過ごして、5kgほど痩せちゃって、その後体力をつけなくちゃと食べて、見事にお釣りつきでリバウンドしたことがあったっけ。

結局のところ、やつれ系は、ダイエット法としては、上策ではないと思うなあ。
超低カロリーのモノを食事替りに、という方式も、よっぽど注意して扱わないと、後でリバウンドするだけになりかねない。あるいは、飢餓感が中途半端に食欲を刺激して、ドカ食いしちゃったりとかね。まあ、うまく使えばいいわけだけどねえ。

やっぱ、適度な運動(適当な運動でもいいよね)と、適切な食生活。これだよなあ。要するに、太る人は食べ過ぎてるんだもの。それをちょびっと控えて、マメに動くようにしたら、きっとスッキリしてくるよ。

え。

私ですか?

数年前は、ちょっとやばかったんですが、万歩計つけて歩いて、ご飯のお代わりと夜食と、スナック菓子袋食いを控えて、そうして1年かけて12kg減量したので、いちおう「肥満」は脱出してます。はい。(当時参考にした本は『体脂肪を燃やす大学ダイエット講義』)

でも、ほんとはもうちょい、絞って、「標準体重」にしたいのよね。これがなかなか(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

デジタル入稿になったらなったで新たな問題が出てくるなあ

学校を出て、最初の就職先が印刷所、和文タイピスト見習いっちゅうことでもぐりこんだ。
その後写植(手動機ね)を9年くらい触っていて、その間に翻訳(ジャンルは出版)のお勉強を始め、その課題を書くためにワープロを使うようになり、そのうちワープロオペレータが仕事になり、ワープロがパソコンになり、ドスや、マックや、マドマドや、そして今に至るわけ。

ワープロオペレータやってた頃は、上司がボールペンや鉛筆で書きなぐった原稿を「清書」するのが仕事だった。
やりながら、こんなの本人さんが自分で打てばいいやん、と思っていたから、この「代行入力」の仕事はいずれなくなるだろうと思っていた。

DTPの業界にもいた。テキストデータで入稿され、それを超高額なマシン(当時のMacは、車が買えそなくらい、高かったのよん)と、嘘のように高い割付ソフトでもって、レイアウトに流し込んで行った。
レイアウトソフトやマシンが低価格化し、扱いが簡単になれば、こういう仕事って?と思っていた。

さて。

最近は、著者自ら、Wordなどで写真張ったり、レイアウトして入稿してくるそうである。

しかしその入力の仕方が、自己流だから、現場は困っているらしい(苦笑)。

半角・全角入り混じった空白を使って字下げしてあるかと思ったら、Wordが勝手に入れたと思われるインデントが唐突に混じっていたりなんかして。うーん。これ、どないすんねんって感じ。良心と美意識(あるのよ、私にも)に照らして、これは一旦不要な空白を除き、しかるべき字下げをインデントで行うべきであろう、と提案せざるを得ない。その分、とんでもなく手間が増えるんだけどさ。ガタガタなのはほっとけないのよ。

素人さんが作ったデータってのは、よっぽど知識のある、手馴れた人が作ったのでない限り、だれか組版の専門家のような人(編集者?DTPオペレータ?入力屋さん?)が、「整える」作業をしないと、そのまんまではちょっとまずいんでないか、ということになるのよね。

結局、手間な仕事をだれがやるかって話になるのかなあ。

実は、私は、手間なこと、データの体裁直しをもくもくとやるのって、意外に好きなんですけどね。仕上がったら、達成感あるのよん。

ちょっととりとめないです。作業中の気分転換ですねん。

さて、では、仕事に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

いろいろネタはあるんだけど

体調はようやく復調基調、しかしちょっと仕事が詰まってるような、中途半端な状態で、ネタはあるんだけど、ブログにまとめきれないなあって感じ。

アクセス解析見てると、なんでこのキーワードで? と思うような検索ワードがあがってることがある。あれはなんでだろう? すくなくとも、私の書いた文章には、そういう言葉ははいってないと思うのだが。うーん。
でも、それで間違ってきてしまったかたには、ご期待と違っててごめんなさいするしかないのだけど、「チッ」と舌打して踵を返してしまわれたら、悲しいです。なにかちらっとでも、「ふーん」とか、思ってもらえたらいいなと願ってますし、そういう文章が書けるように心がけたいです。

昨日は、出版ネッツのDTPのセミナーに行ってきました。三人のベテランのみなさんが、レイアウトソフトの現状と今後、画像データの扱いについて、WindowsDTPについて、熱く語るのを聴きながら、早くOSXマシンを買って、InDesign CSを買いたいと思いました。といっても、DTPの仕事のあてが今すぐあるわけじゃないけどね。なんだかわくわくしたんです。

Adobe Creative Suite は、アドビの主要なプロフェッショナルツールであるAdobe Photoshop、Illustrator、InDesignおよびGoLiveの最新バージョンとAdobe Acrobat 7.0 Professionalを新たに加えたセット。これを買っておけば、クリエイター系はほぼ間に合う構成となっている。あとはフォントと、マシン環境?

いろいろ組み合わせがあるから、必要なのはどれか、慎重に選びましょう。→Adobe Creative Suite
icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

おすすめしたわけではなかったんですけど

ちょこっとアフィリエイトをやっております。みなさま、改めてよろしゅう。

さて、
最近は、おからクッキーのリストが検索されているので、どうやらそっちからの売り上げがあるらしい。
「らしい」というのは、そのアフィリエイト会社のレポートでは、商品明細がわからない仕様になっているからである。これは、どないかしてほしいなあと思うんだけどなあ。

アマゾンでは、商品ごとのクリック数や注文、売り上げがわかる。インプレッション(表示数)はわからないけど、これはまあ、他の会社のレポートやココログのアクセス解析を参照すれば、おおよその見当はつくわけで。

で、商品なんだけど、案外紹介していないものが売れているんだよね。
手帳の本のことを「ひまわり屋敷」に書いたとき、手帳の本『手帳200%活用ブック』が売れてて、その時点では私はその本のこと、知らなかったんだよね。で、結局その本、私も買いました(笑)。こういうのも、ミイラ取りがミイラになるっていうんだろうか(笑)。

ダイエットの本のことを書いたら、全然知らないエクササイズのDVDが売れたり。また、音楽CDが売れてたこともあった。アマゾンって、検索してる商品の関連商品と思われるものが同じ画面にバーッと出てくるから、そういうのに目がいって、衝動買いしちゃう、ということなのかもしれない。

もしかして、私が見当違いのモノをおすすめしちゃってるのかしらん、なんてうじうじ思うより、新たな商品との出会いをプロデュースしたのだ、と、思うことにしようっと。

※上記の文に「おからクッキー」と書いたので、それ目当てに来たみなさま。「おから」「おからクッキー」については、左サイドのカテゴリーの「オカラから」をクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

冷えました

背中に貼るカイロ、厚手のタイツとソックス、タートルネックのセーターにさらにカーディガン。寒さ対策は万全だったはずなのに、先日の寒波のときに、冷やしてしまって、体調を崩してしまいました。お腹がピーヒョロロ(涙)。下痢だけじゃなくて、発熱するわ、頭痛もしてくるわ、もう最悪。

咳やくしゃみはなかったんですけどね。まだお腹は復調してません。ゴロゴロ。

着膨れしてたのになんで冷えたか。屋内にいたんですよ。外の吹きっさらしなら、コート・ジャケットにマフラー、手袋とさらに重装備になるわけですが、屋内でした。でも、屋内の方が冷えることもあるんです。鉄筋の小・中学校の校舎って、寒いんです。

子どもたちで一杯の教室なら、そうでもないと思うんですよね。子どもって、体温が高いし。ジェネレータみたいなもんです。でもね、パソコン教室の準備室で、一人で作業してるときなんて、熱源は私とサーバーとクライアントマシンだけなんです。エアコンあるんですけど、故障中なんです。その環境にて、たまたま数時間連続で作業することがあって、ちょうど寒波が来て一番冷え込んでた、などいろいろ悪条件が揃ってたようです。

というわけで冷えちゃいました。うううう。

来週もその学校の仕事があるんだけど、今度は屋内でもジャケットを着て、毛糸のパンツを履こうと思います。貼るカイロも、数を増やそうかしら。

毛糸のパンツ など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

バレンタインは男性から女性へ

チョコレートを女性から男性にプレゼントする、というのは、製菓業者の陰謀(笑)で、発信源のチョコレートメーカーについては、諸説あるようですが、日本特有の風習なんですよね。諸外国では、男性が花束を女性に贈るんだそうです。いいですねえ。

たとえば、花束にiPod shuffleを添えて、いいなあ。大歓迎でございますよ。はい。

花束はこちら「日比谷花壇「スイーツ&フラワー」

iPod shuffleはこちら
shuffle04_468_60

iPod shuffleにはいろいろとカッコいいアクセサリが充実しています。
水やホコリからiPod shuffleを守る、スタイリッシュな専用ケース「iPod shuffle スポーツケース」
これ、チョコレートを添えて男性にプレゼントするのにいい感じですね。

※チョコレートを添えて男性にプレゼント女性のみなさん、チョコレートはたとえばこちらに
フランツの男心に魔法をかけるチョコ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/02

メモリアルな日というとやっぱり

記念日はやっぱりあの日、だなあ。
これ、書こうかちょっと迷ったのよね。だから少々出遅れましたのだ。でも書いちゃうもんね。

2000年だったのよね。手帳か過去メールを調べないと正確な日付は、わかんないんだけど(笑)。いいのかそれで?
いやまあ、何月何日だったかということ自体は、問題ではないのだ。とりあえず私の中ではメモリアルなことだったんだからして。

前置きが長い。

ここから単刀直入にいこう。

その日、私は本人様に直接会って、よっしゃ、と決心して、よろしくお願いしま〜す、と伝えたのだ。
で、まあ、とりあえず、とはいうものの、オッケーのお返事であった。

1/17の日記に書いたけど、私が阪神大震災から得た教訓は「明日はどうなるかわからない。だから、行動せすに(言わずに)後悔するより、行動して(言って)後悔しよう」だった。それを実践したのだ。

さて、

言ったこと、そのものは後悔してないのよ。でも、これでよかったのかしら。と思うことがあったりするんだよね。ふう。

うーん。

だって〜え。
こんなに煮え切らないヒトとは、思わなかったんだも〜ん。あぅ〜(苦笑)。
みなさん、気をつけましょう(って、何をだ?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

地味テンプレートに変更します

かっこいい「カンフーハッスル」のテンプレートでしたが、肝心の記事が狭くて読みにくくなっちゃうんですよね。
悩んだんですが、地味なのに戻します。

リッチテンプレートの新作に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おからを食べるのは誰?

最近、「市販のおからクッキーのリスト」を載せた日記へのアクセスいただいているようで、リストアップした甲斐がありました。
ショッピングモールなどで「おから」で検索すると、猫の砂、「おから ダイエット」で検索すると、お犬様のダイエット食品、「おからクッキー」で検索かけてみると、「ペット用おからクッキー」が出てくるんですよね。

わしゃ、人間だっちゅーの(笑)。

でも、「人間用」ってキーワードで、思った結果が得られるようには思えませんよね。除外ワードに「ペット」を指定しても、いろいろ違うのがひっかかってくるようで。

というわけで、お役に立ってるようで、うれしいです。

ときどき「おからクッキー」を自分で焼いてまして、新作レシピを「ひぐらしの園」に載せています。最近のトレンド(笑)は、黒砂糖入りで小麦粉なしのおからクッキー。つなぎがタマゴだけになるせいか、かなり柔らかく焼きあがります。バターや砂糖の分量や焼き温度と時間を試行錯誤中。

今後もいろいろ新作など、書いていこうと思ってます。「これだ」というレシピや、おからネタのいろんなことは、「ひまわり屋敷」の「台所」内に、おいおい整理して再録していく予定ですんで、よろしく。

※「市販のおからクッキーのリスト」はこちら

※左サイドのカテゴリーに「オカラから」がありますので、おから、おからクッキーについては、そちらもご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOTのEssentials試験暫定処置期限迫る

マイクロソフトのOfficeソフトのインストラクタ資格であるMOT取得の条件は、知識を問う MOT Essentials試験と、実技のOffice Specialistのそれぞれの合格、それからトレーナー養成講座であるTrain the Trainer for MOTを受講です。MOTはアプリごとの認定です。

さて、MOT Essentials 2003試験が始まった当初、Office Specialist2003の試験がまだ始まっていなかったこともあり、 未取得のアプリのMOT 2003の認定は、Office Specialist 2002とMOT Essentials 2003の合格でおっけー、という暫定処置になりました。

さて、私はMOT 2002のWordとExcelを取得していますので、2003については、MOT Essentials 2003のWordとExcel試験合格で、MOT2003への更新をしました。
しかし、PowerPointとAccessのMOTは未取得です。ただしPowerPointとAccessのOffice Specialist2002は、合格しています。

さて、私の当面の目標は、PowerPointとAccessのMOT取得なのですが、上記の暫定処置の期間を過ぎると、MOT Essentials 2003のみならず、Office Specialist2003の合格も必要になってしまいます。ええと、期限は、3月だったはず。3月の1日なのか、末日なのか、どうだったっけ。

というわけで、先ほど「MOTに関するFAQ」で確認しました。
まず、「認定は、2005 年 4 月 1 日認定分まで可能」とのことなんですが、ここでのんびりしてはいけません。

書類申請: 2005 年 3 月 15 日 (火)、オンライン申請:2005 年 3 月 18 日 (金) が締切となります。
※オンライン申請の場合、オンライン申請後の必要書類の到着が 2005 年 3 月 18 日 (金) までとなります。

ええと、ということは、いつまでに試験受けたら暫定処置に間に合うんだ???

受験日の締め切りは設けておりません。上記申請締め切りに間に合うよう、お手続きください。

ええと。。。。オンライン申請するとして、「オンライン申請後の必要書類の到着が 2005 年 3 月 18 日 (金) までとなります」って、オンライン申請したあと、24時間以内に確認メールが来て、それからスコアレポートのコピーを送るわけですな。

速達で送るにしても、確認メールに遅延があったら大変だし、3/15では遅いかも。
試験会場も、席に限りがあるから、手配が遅いと満席で受けられない、なんてこともありうるよね。

さて、どういう予定にしよう。
日程設定の私の中での期限を、忘れないように手帳に書いておこう。
まずはマンスリーのタスクのとこに、申請書類締め切り3/18必着と書いておかなくちゃね。
いちおう、いまのところ、2月中旬にPP、3月にAccess、と思っているんだけど。それもマンスリーのタスク欄に書いておかなくちゃ。


※MOTについては、いろいろややこしいので、詳しくは公式サイトの「http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/mot/」まで。

しかし、上記には、いーっぱい書いてあって、初めて読んだときは正直何がなにやら???でした。私なりに理解したことを簡単に「ひまわり屋敷」の電算室のIT資格の話のとこに書きましたので、ご参考まで。参考書もご紹介してます。
でもでも、MOT取得を考えている方は、必ずMOTの公式サイトを熟読してくださいね。変更もあるかもしれませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »