« 「ひぐらしの園」はじめます | トップページ | 使いこなすのはもちょっと先 »

2004/11/14

手帳がますます分厚くなる

11月になると、そろそろ、「1月の予定」など、翌年のスケジュールを手帳に控える必要が生じてくる。あとで翌年の手帳に転記しようと思って、手帳のメモページに書いておくと、転記漏れが怖い。
というわけで、現在私の手帳には、年のマンスリーの10月、11月、12月のところに、それぞれデイリーページが都合3か月分バインダーに綴じてあるのだが、この時期、今年のマンスリーレフィルの後に、翌年のマンスリーも綴じるのだ。
そうしておけば、翌年の1月や2月の予定(アポイント)がはいっても、それぞれのマンスリーレフィルの当該日に即記入してしまえる。もちろん、それについての詳細は予定の話があった日、または決まった日のデイリーのメモページに書いておいて、マンスリーのその日のところには、予定についてのメモが書いてあるデイリーの日付を[11/14]のように書いておくのはフランクリン・プランナー方式のセオリー通り。
フランクリンプランナーのノウハウでは、5年先までの予定を書き留める為のレフィルがあるのだけど、それからマンスリーに転記を忘れる恐れが、私にはある(爆)ので、最初からマンスリーに書いてしまえば、安心、これぞエラー回避ちゅうわけね。

それはいいんだけど、ますます手帳が分厚くなってしまうのが、悩みの種ではある。

※わたくし、フランクリン・プランナー方式のスケジュール管理部分を、アシュフォードのレフィルを使ってやっております。
下記をご参照ください。

フランクリン・プランナー

アシュフォードのレフィルは「ナガサワ文具センター」の

アシュフォード2005年ダイアリーバイブルサイズレフィル


※手帳のことは、《ひまわり屋敷http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/》の中の「書斎→手帳」にも、ちょこっと書いています。よろしかったらご参照ください。

|

« 「ひぐらしの園」はじめます | トップページ | 使いこなすのはもちょっと先 »

手帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/1961515

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳がますます分厚くなる:

« 「ひぐらしの園」はじめます | トップページ | 使いこなすのはもちょっと先 »