« 文字コードの謎? | トップページ | 朝にグレープフルーツ »

2004/11/25

手帳に新風

女子高生の間にプリクラ手帳が流行り、ミニ6穴手帳の売り場がが女の子好みのかわいいので埋め尽くされ、そのあおりというか、バイブルサイズのシステム手帳は、影が薄くなり、文房具売り場でも、品揃えが薄くなってきていたんですが。。。

最近話題のベストセラー『手帳200%活用ブック』にも紹介され、手帳本の「図解版」『図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう』や『夢手帳☆熊谷式(クマガイスタイル)スターターパック.』を出した熊谷氏が、「手帳はファイロファックスのバイブルサイズに限る」と断言してはるので、最近ファイロファックスのバイブルサイズのバインダーの売り上げが伸びているそうですね。リング径、ポケットの数や形状、ペン刺しの位置や有無、材質などのデザインがよければ、別にどこのメーカーのでもいいと思うんですけどねえ。ちなみに私の好みは、アシュフォードのバインダーでございます。

ところで、バイブルサイズがいいってのは、私も前から言ってるんですよね(笑)。

ある程度の内容のメモを書くのに、それくらいのスペースが必要、というのもさることながら、私の場合は、いろんなものを手帳に挟むので、このサイズになっちゃいます。行く予定にしているイベントの案内とか、試験の受験票とか、葉書で来たものをそのまま手帳のポケットに入れるんですよ。ミニ6穴だと、折らないと入らないんですもん。さらにいうと、ラウンドタイプ、ジップアップタイプとかいわれる、ファスナーでぐるりんと綴じるのがいいです。これだと、カバンの中でバインダーが全開しちゃわないですから。

今使っているアシュフォードのシステム手帳の代わり、というのではなくて、「ワークブック」として、これに書き込んでみるのもいいかなと思案中です。前から出ていた赤い表紙の日付書き込み式の手帳を見たときには、そういうことは思わなかったんですけど。ぜんたいに、さらに工夫が凝らされている感じなので、ちょっとよさそう。


以下は、書店で見かけて、ふううううんんん、と思った手帳たち。
キレイを磨きたいお姉さん必携かも『美人道 スペシャル美人手帳
スポーツ愛好者にはうれしいかも『二宮清純<勝者の実学>手帳2005
コーチングがこれでわかるかも『コーチングのプロが使っているサクセス手帳

ところで、かつて一世を風靡した『これだけ手帳 2005 (2005)』って、いまでもあるとは知りませんでした。どんな人が使っているんだろう。。。

※手帳のことは、《ひまわり屋敷 http://homepage2.nifty.com/himawariyasiki/》の「書斎」内「手帳」にも、書いています。

|

« 文字コードの謎? | トップページ | 朝にグレープフルーツ »

手帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64294/2063191

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳に新風:

« 文字コードの謎? | トップページ | 朝にグレープフルーツ »